テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【気になる出来事】
初公判で「結婚したい」] (15件/週)

【報ステ】大麻所持で初公判 田口被告と小嶺被告(19/07/11)(再生)

07/12 05:51 日本テレビ 【ZIP!】
大麻を所持した罪に問われたKAT-TUNの元メンバー・田口淳之介被告の初公判がきのう東京地裁で開かれた。
大麻を所持した罪に問われている田口淳之介被告と元女優・小嶺麗奈被告の初公判。
東京地裁にほど近い日比谷公園には、わずか24席の傍聴席をめぐり、1265人もの傍聴希望者が集まった。
開廷する1時間ほど前には、車で東京地裁に入る田口被告の姿も。
そして午後2時、白のブラウスに緑のパンツ姿で入廷した小嶺被告。
一方、田口被告は黒のスーツ姿で一礼して入廷し、小嶺被告の隣に座った。
裁判官から起訴内容について問われると「間違いありません」と、共に起訴内容を認めた。
交際関係にあった2人が逮捕されたのは今年5月。
先月保釈された際、田口被告は土下座をして謝罪していた。
大麻を使用した理由について、田口被告は「仕事、人間関係のストレス。
心が落ち着いたり気持ちがまろやかになるのを感じた」と述べ、10年ほど前から大麻を使用していたという。
田口被告が薬物に手を染めたきっかけは小嶺被告との交際で、3日に1回ほどの頻度で大麻を使っていたという。
一方、小嶺被告は「不安が解消されたり、食事を普段より食べられたり、睡眠発作が来た時は苦しまずに眠りにつくことができた」と話した。
また、「今は彼と交際を続けようと思っていますか」「結婚も考えていますか」との被告人質問では、小嶺被告は「続けていきたいと思っています」「今後交際を続けるのなら、結婚したいと思っています」と述べた。
一方、田口被告は「真摯に彼女に向き合っていなかった。
彼女が大麻を使い続けたのは僕自身の責任。
自分も大麻を使っているので、お互いに違法薬物という認識を持って注意し合いながら2人で生きていきます」と話すと、小嶺被告は涙を流した。
警察側は2人に懲役6か月を求刑、弁護側はそれぞれ執行猶予付きの判決を求めた。
そして、最終意見陳述で2人は、(田口被告)「しっかり更生して、まっとうな人生を歩みたいと思います」、(小嶺被告)「今後は私自身が精神的にも肉体的にも強くなって生きて行こうと思います。
本当に申し訳ありませんでした」と誓った。
判決は今月30日に言い渡される予定。
田口淳之介被告、小嶺麗奈被告、東京・日比谷公園、東京地裁、、きのうの廷内(イラスト:宮脇周作)、取材に基づくCGの映像。

07/12 05:46 TBSテレビ 【あさチャン!】
大麻取締法違反の疑いで起訴された元KAT-TUNメンバー・田口淳之介被告と小嶺麗奈被告の初公判がきのう行われた。
交際中の2009年から共謀して大麻に手を染めた。
小嶺被告は3年前に被告からプロポーズをいただいたと証言。
今後について、交際を続けるなら結婚したいと公開でプロポーズした。
田口被告も「交際を続けていきたい」と証言。
田口は「二人で助け合いながら生きていけたら」と二人三脚での更生を約束。
検察側は懲役6か月を求刑し、即日結審。
今月30日に判決公判が開かれる。

07/12 05:33 テレビ朝日 【グッド!モーニング】
元KAT-TUN・田口淳之介、小嶺麗奈の初公判。
2人が将来を約束するような異例発言。
初公判で2人は起訴内容を認めた。
大麻取締法違反(所持)で起訴されていた。
田口はKAT-TUNとして活動中だった約10年前から大麻を使用。
仕事、人間関係のストレスが一番の原因と述べた。
小嶺は田口のファンから嫌がらせがあり大麻使用につながったとした。
2人は「結婚したい」と発言。
検察側は懲役6カ月を求刑。
弁護側は執行猶予付きの判決を求めている。
東京地裁、東京湾岸署の映像。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.