テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【気になる出来事】
前線停滞・西~東日本・土日・週明け・大雨・土砂災害に警戒] (13件/週)

07/03 19:09 NHK総合・東京 【ニュース7】
西日本と東日本の広い範囲で、あすにかけて非常に激しい雨が降り、その後もさらに雨量が増えるおそれがある。
断続的に激しい雨が降り続く九州南部。
これまでの雨で、鹿児島県では土砂災害警戒情報が発表されている地域がある。
この雨、西日本から東日本付近に停滞する前線に、暖かく湿った空気が流れ込んでいるためで、前線はあす以降も停滞する見込み。
前線はあさって以降も停滞し、西日本を中心に総雨量が多くなるおそれがある。
九州や東海、関東甲信では、おとといまでの大雨で、すでに地盤が緩んでいる所があり、気象庁は土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に警戒するよう呼びかけている。
予想24時間雨量(四国、九州南部、近畿、東海、九州北部。
関東甲信、北陸)。
宮崎、鹿児島・霧島、静岡・沼津の映像。

07/03 18:02 TBSテレビ 【Nスタ】
発達した梅雨前線の影響で西日本を中心に今日未明から雨が続いている。
この1週間の雨量が多かったこともあり、今後の警戒が必要。
梅雨前線は明日にかけて九州付近に停滞する見込み。
前線に向かって、暖かく湿った空気が流れ込み、鹿児島では大気の状態が非常に不安定になっている。
鹿屋市で43ミリ、いちき串木野市で36ミリなど激しい雨を観測した所もある。
鹿児島県内では広い範囲に大雨警報が発表されていて、曽於市では、市内全域およそ1万7000世帯に避難準備高齢者等避難開始の情報を出している。
今日夕方からあさって夕方までの総雨量は多いところで400ミリを超える予想で、7月の1カ月分の雨量が2日ほどで降るおそれがあり土砂災害に警戒が必要。
高知県内ではけさから雨が降り始め、県東部と西部で局地的にやや強い雨が降っている。
降り始めからの雨量は四万十市中村で58.5ミリ、土佐清水市三崎で54ミリ、室戸岬で50.5ミリなどとなっている。
明日昼前にかけて局地的に雷を伴った非常に激しい雨が降るおそれがあり、明日夕方まての24時間に多いところで300ミリの雨が予想されている。
発達した雨雲が停滞した場合は警報級の大雨となる可能性がある。
高知県内では先日の大雨で地盤が緩くなっているところがあり、気象台は土砂災害への警戒を呼びかけている。
鹿児島・鹿屋市、鹿児島・薩摩川内市、鹿児島・南さつま市、高知・四万十市中村の映像。

07/03 18:00 NHK総合・東京 【ニュース シブ5時】
前線と低気圧の影響で、西日本と東日本の広い範囲で、あすにかけて、局地的に非常に激しい雨が降るおそれがある。
前線はあさって以降も停滞し、各地で総雨量が多くなる見込みで、土砂災害に警戒が必要。
西日本を中心に、断続的に降り続く激しい雨。
あすにかけても、停滞する前線や低気圧に向かって、暖かく湿った空気が流れ込み、広い範囲で激しい雨が降る見込みで、特にあすの昼ごろにかけては、局地的に雷を伴って、1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るおそれがある。
あす夕方までの24時間に降る雨の量は、いずれも多い所で、四国で300ミリ、九州南部と近畿、東海で250ミリ、九州北部で200ミリなどと予想されている。
さらに、あさって夕方までの24時間には、九州南部で100ミリから200ミリ、東海で100ミリから150ミリの雨が降る見込み。
前線はあさって以降も停滞し、西日本を中心に総雨量が多くなるおそれがある。
九州や東海、それに関東甲信では、おとといまでの大雨ですでに地盤が緩んでいる所があり、気象庁は、土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に警戒するよう呼びかけている。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.