テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【気になる出来事】
元助役に多額の報酬・原発関連3社から] (10件/週)

10/24 05:11 NHK総合・東京 【おはよう日本】
関西電力の経営幹部らに多額の金品を渡していた福井県高浜町の元助役。
懐には多額の原発マネーが入っていた。
元助役は原発関連の工事や警備を請け負う少なくとも3つの会社から多額の報酬を受け取っていたことが新たに分かった。
この3社は関西電力から震災後の原発の再稼働に伴う安全対策工事などを受注して、売り上げを大きく伸ばしていた。

10/23 23:22 NHK総合・東京 【ニュースきょう一日】
関西電力の経営幹部らに多額の金品を渡していた福井県高浜町の元助役は原発関連の工事や警備を請け負う少なくとも3つの会社から多額の報酬を受け取っていたことが新たに分かった。
この3社は関西電力から震災後の原発の再稼働に伴う安全対策工事などを受注して売り上げを大きく伸ばしていた。
地元の業者のコメント。

10/23 22:06 NHK総合・東京 【クローズアップ現代+】
関西電力の思惑。
関西電力には元助役を頼り、原発の増設を一刻も早く進めたい切実な事情があった。
1970年代の2度のオイルショックで原油価格が高騰。
火力発電のコストが上がり、関西電力は経営危機に陥った。
毎年のように電気料金を値上げする事態となり、原子力発電への移行を急いでいた。
こうした中、関西電力は高浜町に不透明なカネを注ぎ込んでいった。
高浜町議会議員・渡邊孝は関西電力からの多額の寄付金が役場関係者の個人口座に振り込まれていたことが発覚、議会で追及した。
町側の説明ではカネは個人口座に入ったものの、漁協に3億7000万円渡したほか、道路や港の整備に5億4000万円使ったということだった。
元助役も不正な支出はなかったと主張し、疑惑は晴れなかったという。
関西電力は問題となった9億円のほかにも元助役の助役在任中に28億円もの寄付金を町に投じていた。
古くから元助役を知る福井県議会議員・石川与三吉は原発推進を強める関西電力にとって地元を取りまとめる森山氏は頭が上がらない存在になっていったという。
第1次オイルショックのとき関西電力の発電量の5%ほどだった原発は高浜原発3、4号機が運転を始めた1985年にはおよそ5割に上り、関西電力は原発依存を強めていった。
関西電力元会長・秋山喜久は原発立地地域に一定の金が流れることはやむをえないことだという。
原発発電量の割合。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.