テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【気になる出来事】
新型出生前検査・無認可施設が急増] (5件/週)

10/23 23:24 NHK総合・東京 【ニュースきょう一日】
新型出生前検査は無認可施設では十分なサポートがないまま出産に関わる重要な判断を迫られる懸念が高まっている。
日本産科婦人科学会は新型出生前検査の実施にあたって妊婦に十分なカウンセリングを行うことなどを条件にしている。
背景には中絶の問題がある。
検査が始まった平成25年以降、染色体の異常があることを示す陽性と判定された妊婦のうち、7割近くが人工妊娠中絶をしたことが分かっている。
専門家による事前のカウンセリングで検査を本当に受ける必要があるのか妊婦自身に判断してもらうこと、陽性と判定された場合の継続的なサポートが必要だと指摘されている。
このところ適切なカウンセリングを行っていない可能性のある無認可の施設が急増。
低価格や短時間で検査ができることなど手軽さを売りにしているケースも多い。
中には陽性という結果が出たのにもかかわらず、確定診断のための羊水検査を必要ないと言われたケースや検査結果について詳細はインターネットで調べてと言われたケースも報告されている。
検査の体制について国立成育医療研究センター・左合治彦医師は「妊婦本人たちが悩むことに寄り添っていく、その中で自分たちで決めていくプロセスが重要」とコメント。
国は無認可施設について実態を調査することにしている。
無認可施設で検査を受けた人のコメント。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.