テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【気になる出来事】
九州・豪雨の被災地にまた大雨か] (83件/週)

九州で再び大雨・・・被災地の復旧にも“コロナの影”(20/07/09)(再生)

土砂崩れで電柱倒され・・・道路寸断で一時4000人孤立(20/07/09)(再生)

九州 大雨救出続く 老舗温泉街にも土砂が 引き続き警戒を(再生)

07/10 11:13 テレビ東京 【昼サテ】
記録的な豪雨で九州地方では依然として16人の行方が分からなくなっている。
現地では自衛隊による捜索が続いている。
これまでに九州では、死者62人、行方不明16人。
福岡県・大牟田市では、住民たちによる復旧作業が続く中、市役所には家屋などが被害を受け罹災証明書を求める人が訪れた。
この後も西日本から東日本の広い範囲で雨が降る見通し。
予想降水量に言及。
熊本県・球磨村の自衛隊の救出活動の映像。
映像提供:陸上自衛隊・西部方面隊、TXN・テレQ。
熊本・球磨村の映像。
道路に言及。

07/10 11:03 NHK総合・東京 【ニュース・気象情報「大雨」関連】
日本海に延びる前線と前線上の低気圧の影響で、西日本と東日本の広い範囲で大気の状態が不安定になっている。
長崎県対馬市厳原では午前10時までの1時間に58.5ミリの非常に激しい雨を観測するなど、この12時間の雨量が235ミリに上り、平年の7月1か月分の雨量の6割に達している。
また、対馬市では氾濫危険水位を超えている川がある。
これまでの雨で九州を中心に土砂災害の危険性が非常に高い状態が続いていて、土砂災害警戒情報が発表されている地域がある。
明日にかけて前線上の低気圧が日本海を北東へ進むため、西日本から東北の広い範囲で雷を伴って激しい雨が降る見込み。
記録的な豪雨に襲われた九州北部や東海でも、局地的に1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るおそれがある。
明日朝までに予想される各地の24時間雨量を紹介。
豪雨に襲われた九州などでは地盤が緩み、川の堤防が傷んだ場所があるなど、災害の危険性が非常に高い状態が続いている。
さらに、各地の大雨は明後日日曜日以降も続くおそれがある。
気象庁は土砂災害や川の氾濫、低い土地の浸水に厳重な警戒を続けるよう呼びかけている。
長崎・対馬、松山、高知・安田町、熊本・八代の映像。

07/10 11:00 NHK総合・東京 【ニュース・気象情報「大雨」関連】
九州や岐阜、長野などで大きな被害を出した一連の豪雨では、これまでに65人が死亡し、16人が行方不明になっている。
九州北部や東海では災害の危険性が非常に高い状態が続いている。
さらに、前線と低気圧の影響で西日本から東北の広い範囲で明日にかけて激しい雨が降り、明後日、日曜日以降も大雨が続くおそれがある。
厳重な警戒が必要。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.