テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【気になる出来事】
医療提供体制「ひっ迫の状況にはない」] (55件/週)

安倍総理 東京の感染状況に「高い緊張感持ち注視」(20/07/10)(再生)

東京で“過去最多”224人感染 専門家に聞く(20/07/09)(再生)

小池知事と西村大臣が緊急会談 東京224人感染(20/07/09)(再生)

07/10 13:14 フジテレビ 【バイキング】
新規感染者が増加しているなか、きょうからプロスポーツ、コンサート、展示会などで5000人または50%まで緩和される。
状況をみつつ、来月1日をめどに全て50%まで緩和する。
菅官房長官は「感染防止策をしっかりと行ったうえで10日に予定通り行う考えに変わりはない」。
愛知医科大学病院感染症科医師・三鴨廣繁は「現時点ならば6~8席に1人の割合なのでソーシャルディスタンスをとれるので問題ない。
ただし8月1日からについては今月20日ごろの状況をみて考える可能性がある」「接触確認アプリ・COCOAを観客にダウンロードしてもらい普及を促進したい」。
とうきょうスカイツリー駅前内科・金子俊之、元厚労省官僚・元衆院議員・豊田真由子、フジテレビ・上席解説委員・平井文夫、東国原英夫のスタジオコメント。
緊急事態宣言、実効再生産数、プロ野球、Jリーグ、Go To キャンペーン、沖縄、北海道に言及。

07/10 12:38 フジテレビ 【バイキング】
きのう、東京都で新たに224人の新規感染者数が確認された。
1日の感染者として過去最多。
今月2日から100人以上の感染が続いていた東京都。
おとといは75人と1週間ぶりに2桁台に落ち着いたが、きのうはその3倍に急増。
都内で新規感染者が200人を超えたのは緊急事態宣言中の4月17日以来。
さらに、小池都知事は会見で「中には陽性が判明して、そのあと連絡が取れなくなる方がいるというのは大変懸念をする」と述べた。
小池都知事は無自覚な感染者を念頭に「自らの行動がどういうことをもたらすのか、よく考えてほしい」などと適切な対応を求めた。
知事は対策本部を開き対応を協議。
その中で専門家の分析として「先週に比べて40代、50代が増加している。
感染経路は接待をともなう飲食店などだけでなく、同居、職場、会食など多岐にわたっている」などの報告があり、改めて感染拡大に対し注意喚起を行った。
さらにこの夜、小池都知事は西村経済再生相と会談。
再び緊急事態宣言が発令される事態となるのか。
菅官房長官は会見で「医療提供体制が逼迫している状況にはない。
直ちに再び緊急事態宣言を発出する状況に該当するとは考えていない」と述べ、感染リスクをコントロールしながら経済活動を続ける従来通りの姿勢を示した。
大きな正念場を迎えた新型コロナ対策を徹底深掘りする。
一般の人のコメント。
西村経済再生相、小池都知事の会見。
東京都庁、JR新宿駅、NIAID-RMLの映像。
新宿区長に言及。

07/10 11:38 フジテレビ 【FNN Live News days】
政府関係者は東京都の新型コロナウイルス感染者増加を受けても、事態は急変していないと強調しているが、感染拡大に不安を募らせる国民との温度差を埋める情報発信は不足しているといえる。
西村経済再生担当大臣は「絶対に油断することなく、感染防止策を徹底をしていくということが、これしかない」と述べた。
政府関係者は東京都での感染者については、多くが若者で、重症者も少なく、医療提供体制がひっ迫していないことから、4月に緊急事態宣言を出したときと、状況が全く異なると説明。
ただ若者から高齢者への感染拡大を懸念していて、きょう国と東京都などで夜の繁華街への対策強化策をまとめる方針。
緊急事態宣言を再び出すことについて、政府関係者は、頭の体操はしていると述べているが、経済活動を止めたくないのが本音で、医療提供体制が維持できるかぎり行わない方針。
ただ野党からは状況は変わったと、政府の新たな対応を求める声があがっていて、国民への分かりやすい情報発信と説明が喫緊の課題といえる。
安倍総理の映像。
(中継)国会記者会館。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.