テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【気になる出来事】
福岡局発・福岡・大牟田・被災した住民が片づけ急ぐ] (11件/週)

九州で再び大雨・・・被災地の復旧にも“コロナの影”(20/07/09)(再生)

07/10 12:20 NHK総合・東京 【ニュース「大雨」関連】
広い範囲で浸水被害が出ている福岡県大牟田市では再び大雨となるおそれがある為、被災した住民が自宅の片づけを急いでいる。
大牟田市では少なくともおよそ2800棟の建物が浸水被害を受けた。
大牟田市では水に浸かった災害廃棄物などをボランティアが回収する取り組みを始めた。
回収を依頼した人、ボランティアのコメント。

07/10 07:11 日本テレビ 【ZIP!】
今も断続的に激しい雨が降っている九州では、土砂災害や河川の氾濫に厳重な警戒が必要。
被災地に派遣されている自衛隊のカメラには救助の様子がとらえられていた。
1時間雨量:熊本・宇城市三角38.5ミリ。
大分・日田市ではスーパーボランティア・尾畠春夫が泥をかき出していた。
地元・大分のため被災地に駆けつけた。
尾畠は「自分みたいな年寄りでもお手伝いできることがあったらいい」と話した。
大規模な冠水に見舞われた福岡・大牟田市のコインランドリーの防犯カメラが、水害の一部始終を捉えていた。
翌日、大牟田市に入った陸上自衛隊久留米駐屯地の隊員31人。
自衛隊のカメラが救助の一部始終を収めていた。
陸上自衛隊久留米駐屯地広報班・蒲池道久陸曹長は「予想はしていたが、かなり広範囲の浸水。
すこしぼう然」と述べた。
避難所の小学校も冠水。
体育館にいた小学生や住民らを救出。
福岡・北九州市、熊本・人吉市の映像。
乾燥機について言及。
映像提供:西部方面隊。
撮影:西部方面混成団。

07/09 23:18 BSジャパン 【ワールドビジネスサテライト】
九州を襲った記録的な豪雨で新たに2人の死亡が確認され、犠牲者は62人となった。
被災地はボランティアの受け入れを始め、復旧作業を加速したいが、ここでも新型コロナが大きな壁となっている。
きょうも広い範囲で激しい雨に襲われた九州地方。
1階部分が浸水した福岡県大牟田市の住宅。
畳や冷蔵庫、人形も全て水に浸かった。
終わりの見えない災害からの復旧作業。
甚大な被害に見舞われた九州地方などでは活発な梅雨前線の影響であすも非常に激しい雨や雷雨となる所がある他、日曜日ごろまでは大雨が続くおそれがある。
熊本県芦北町はボランティアの受付を開始。
この日集まったのは17人。
新型コロナの感染防止対策としてボランティアの受け入れは県内に住む人のみに限定。
被災した守口屋呉服店へ。
雨も降り、湿気が多い中、マスクを着けての重労働。
4年前の熊本地震では7割が県外からのボランティアだった(全国災害ボランティア支援団体ネットワーク資料より)。
芦北町社会福祉協議会・太田勝幸は「ニーズに対して今後不足すると感じている」と話す。
守口屋呉服店・嶋田寛、一般人のコメント。
熊本市について言及あり。
雨の予想の映像。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.