テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【気になる出来事】
医師が実践するインフレンザ予防法] (3件/週)

11/13 08:41 TBSテレビ 【グッとラック!】
新たなハラスメント・インフルエンザハラスメントが生まれている。
医師が実践する今すぐできる予防法に迫る。
池袋大谷クリニック・大谷義夫院長の予防法は、エレベーターのボタンは端を押す、ガムを噛む。
関西福祉大学・勝田吉昭彰の予防法は、通勤は各駅停車。
東京ビジネスクリニック・内藤祥院長の予防法は、ごみ箱はフタ付き、くしゃみをする時は上着の袖で口を塞ぐ。
パワハラの相談窓口・みんなの人権110番(法務省)・労働相談ホットライン(全国労働組合連合会)の電話番号を紹介。
2ちゃんねる開設者・西村博之(現在は実業家、フランス・パリ在住)は「フランスでは、診断書を送る義務がある」、ライター・ウェブマガジン編集長・望月優大(移民問題を中心に社会問題を取材し発信)は「上司が部下に染すケースもある」、元プロテニスプレーヤー・沢松奈生子(1995全豪ベスト8、自己最高世界ランキング14位)は「夫がインフルの妻に食事作りを求めるのもハラスメント」とスタジオコメント。
LINEに言及。

11/13 08:29 TBSテレビ 【グッとラック!】
新たなハラスメント・インフルエンザハラスメントが生まれている。
けさのQuestionは、強制出社もあるインフルエンザハラスメントの実態とは?、休み中の行為・これはハラスメント?、医師が実践する今すぐできる予防法は?。
インフルエンザハラスメントの実態は、マスク2枚重ねで出社強要、「休みたい」と連絡すると「辞めろ」、会社には行かず外回り営業を強要。
厚生労働省によると、学校保健安全法で学校の出席停止の規定はあるが、企業等では休業等の規定はない。
池袋大谷クリニック・大谷義夫院長によると、強制出社はあり得ない。
集団感染・症状の重篤化の恐れがある。
2ちゃんねる開設者・西村博之(現在は実業家、フランス・パリ在住)は「会社にとってもマイナス。
何のための出社強要か分からない」、元プロテニスプレーヤー・沢松奈生子(1995全豪ベスト8、自己最高世界ランキング14位)は「今どきの会社と思えない」、弁護士・高橋知典(いじめ・体罰・不登校など学校や教育の問題を数多く担当)は「パワハラにあたる可能性もある」とスタジオコメント。

11/13 08:24 TBSテレビ 【グッとラック!】
セクハラ・パワハラ・モラハラなどが問題となる中、新たなハラスメント・インフルエンザハラスメントが生まれている。
インフルエンザの感染が拡大する中、インフルエンザハラスメントの実態を追った。
池袋大谷クリニックでは、インフルエンザ予防接種に多くの人が訪れている。
都内の飲食店は、スタッフ7人で受診。
池袋大谷クリニック・大谷義夫院長は「インフルエンザの流行入りは、例年より2か月早い」と話した。
上司に出社を強制されるインフルエンザ患者数は、昨年同時期の4倍。
そんな中、インフルエンザハラスメントの話題がSNSで物議を醸している。
投稿内容は、「『インフルエンザで休みたい』と連絡したら上司から『評価を下げる』と言われた」「『インフルでも出社しろ!』と怒鳴られ出社した」など。
インフルエンザが治る前に出社する人は、22.1%。
街で、インフルエンザハラスメントの事例を紹介。
労務問題に取り組むNPOにも、インフルエンザハラスメントの相談が寄せられている。
NPO法人「労働者を守る会」・須田美貴代表は「立場を利用して休ませないのはハラスメント」と話した。
東京・銀座の映像。
アルバイトに言及。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.