テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【気になる出来事】
工事中のビルから鉄パイプ落下・26歳男性の頭に直撃し死亡] (36件/週)

【報ステ】足場解体中に鉄パイプが落下 男性死亡(19/11/19)(再生)

ビル屋上から鉄パイプ落下 男性(26)を直撃 4日前にも…(再生)

鉄パイプが頭に直撃し男性死亡 ビル屋上から落下(19/11/19)(再生)

11/20 08:07 日本テレビ 【スッキリ】
きのう12階建てのビルの屋上から鉄パイプが落下し、通行人が亡くなる事故があった。
鉄パイプの長さは1.2m、重さが5kg。
先週にも同じビルで鉄パイプが落下していたことが明らかになっている。
消防に通報があったのがきのう午前8時20分。
「鉄パイプが落ちてきて男性がけがをしている」と通報。
下を歩いていた銀行員の26歳の男性の頭部に直撃。
心肺停止状態で病院に搬送されその後死亡が確認された。
警察の調べに対し、現場の作業員は「鉄パイプを誤って落としてしまった」。
当時、このビルでは看板の取り付け工事が終わり、足場の解体作業を行っていた。
先週金曜日にも鉄パイプが落下、この時はケガ人はなし。
元請業者は総点検のため工事を休止していた。
その後、安全対策として落下防止ネットとロープの対策ができたとしておとといから工事を再開。
しかし、落下事故が再び起きてしまう。
別の建設会社・社長は「基本は落ちないと思う。
安全確認していなかった」。
鉄パイプが落下した現場(和歌山市)の映像。
映像提供:読売テレビ。

11/20 07:23 TBSテレビ 【あさチャン!】
きのう和歌山市のビルの屋上付近から鉄パイプが落下、下を歩いていた男性の頭に直撃し死亡した事故、鉄パイプはビルの12階付近に設けられた工事用の足場から落下、重さ4.5キロ、直径4.5センチ、長さ1.5mほどだった。
当時、このビルでは新しい看板の設置工事が終わり、足場の解体作業中で作業員7人ほどいたという。
このビルでの鉄パイプの落下事故は初めてではなかった。
事故4日前、鉄パイプの落下事故が起きたため週末は作業停止、おととい作業が再開されたばかりでの事故だった。
工事現場付近を歩く人が事故に巻き込まれるケースは後をたたない。
2010年に岐阜市で工事現場のコンクリートの壁が崩れ落ち、17歳の女子高生が下敷きになり死亡した。
2016年には東京・六本木のマンションの工事現場から鉄パイプが落下、77歳男性の頭部に刺さり死亡した。
東京消防庁によると都内でこのような事故で救急搬送された人は過去5年で30人となっている。
背景について建築エコノミスト・森山高至によると高度経済成長期に建てた建物の改修工事が増加、東京五輪の大型工事で作業員が慢性的な人手不足に陥っているという。
レタスクラブ元編集長・松田紀子のスタジオコメント。

11/20 07:18 TBSテレビ 【あさチャン!】
和歌山市のビルの屋上付近から鉄パイプが落下、下を歩いていた26歳の銀行員の男性の頭に直撃、男性は病院に搬送後、死亡した。
通勤途中だったという。
このビルでの鉄パイプの落下事故は昨日が初めてではなかった。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.