テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【気になる出来事】
全国の新型コロナウイルス感染状況] (310件/週)

「ものすごく強い」感染者が語る“変異型”の感染力(2021年4月8日)(再生)

小池知事「まん延防止準備」 全国3000人超 1月30日以来(再生)

04/08 21:14 NHK総合・東京 【ニュースウォッチ9】
不十分な換気を巡っては、海外の飲食店でエアコンの風に乗って飛まつが飛び、新型コロナウイルスの感染が広がったと見られる事例が報告されている。
米国・CDC(疾病対策センター)などは、換気を十分に行うよう呼びかけている。
北海道大学・林基哉教授は「従来の感染対策に加えて、空調換気設備の点検をしっかりして、換気が確保されていることを確認することがすぐに必要」と述べた。
今回の調査結果を受けて、厚生労働省は全国の医療機関に換気設備の点検を呼びかけた。
米国CDCのHPよりの映像。
北海道大学・林基哉教授、医療現場、大阪、重症化率、保健所について言及。

04/08 21:12 NHK総合・東京 【ニュースウォッチ9】
不十分な換気が感染拡大の一因になった可能性があるという最新の調査結果も公表された。
調査したのは、北海道大学・林基哉教授の研究グループ。
去年3月~ことし2月までにクラスターが起きた、全国8つの病院を調べたところ、4つの病院で換気が不十分だったことが分かったとしている。
これらの病院は、換気を担う設備が老朽化などで性能が低下していたほか、夜間は止まっていたり、節電のため定期的に停止したりしていた。
林教授は「病院はより一層の換気や空調の配慮が必要」と述べた。
研究グループでは、病室で感染者の飛まつに見立てた微細な粒子や二酸化炭素の動きを調べる実験などを実施。
空調が作る空気の流れで飛まつが病室から廊下に飛散して広がり、ナースステーションや別の病室まで届くケースもあった。
こうした実験などから研究グループは「不十分な換気が感染拡大の一因になった可能性が否定できない」としている。
映像提供:北海道大学・林基哉教授。

04/08 21:11 NHK総合・東京 【ニュースウォッチ9】
きょう全国では、これまでに3447人の感染が発表されている。
3000人を超えるのは2日連続。
大阪府のほか奈良県や福島県も過去最多となり、奈良県の最多更新は4日連続。
きょう時点の全国の重症者は、きのうを8人上回る464人。
7日連続で増加。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.