テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【いま経済は】
「MP1・MP2・MP3」「「煮詰まる」株式市場」] (13件/週)

米の利下げ観測で幅広く買い 日経平均株価値上がり(19/06/20)(再生)

06/21 00:55 TBSテレビ 【ビジネス・クリック】
(中継)REUTERS NY。
ダウ平均184ドル高、ナスダック53ポイント高。
FOMCで、年内利下げの可能性が示されたことから株式市場に資金流入が続くとの見方が広がっている。
米国と中国の貿易摩擦の景気への影響が不透明な中、市場では「FRBが利下げによって明確に景気を支える姿勢を示したことも心強い」との声が聞かれた。
金利先物では来月のFOMCでの利下げをほぼ100%予測している。
また、米国の長期金利が利下げ観測から2016年11月以来の2%割れ。
1ドル107円53銭(ドル安円高)。
日経平均先物2万1405円。

06/20 21:45 BSフジ 【プライムニュース】
(中継)東京・丸の内。
東京株式市場。
日経平均株価。
トピックス。
ドル円相場。
FX Markets。
米国株先物。
今日の日本株は続伸。
為替の影響を受けにくい内需関連が堅調に推移した。
米国が7月に利下げをするならフェデラルファンド金利と10年債利回りが逆転してから2ヶ月後という素早い対応となり景気後退を予防する役目になると評価の声。
ドル円相場は一時1月以来の水準をつけた。
来週のG20をまず確認したいとして107円台は維持される見通し。
S&P500。
トランプ大統領が正式に出馬表明したこともあり、今後は景気や株価に配慮するとして来週の米中首脳会談で強硬姿勢を取らない可能性も指摘されている。

06/20 09:23 テレビ東京 【Mナビ】
日経平均、日経平均きょう前場の動き。
円相場(ドル円・ユーロ円)。
前日の米国株は注目されたFOMC連邦公開市場委員会を通過して上昇。
日本株にも買いが先行し、日経平均株価は現在79円値を上げて2万1413円となっている。
為替は円高ドル安に振れている。
現在1ドル107円90銭台。
きょうは堅調スタート。
寄り付き直後、日経平均の上げ幅は100円を超える場面もあった。
この時間帯は伸び悩んでいる。
今回のFOMCは政策金利の変更はなかったが、だいぶ全体としてメンバーの意見がハト派的に傾いてきた。
7月以降の金融緩和期待を継続させるような内容だったとパウエル長官の会見も含めて受け止められている。
そういったことから米国の株式相場がしっかり推移した。
ただ、一方で金融緩和期待ということで金利低下を通じて為替への円高プレッシャーがかかっている感じ。
日本時間もいま107円台推移ということで、少しこれが気になるため株式市場もなかなか上げ一辺倒ではない。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.