テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
トップへ
【いま経済は】
被災地続く“酷暑”「飲める氷」で熱中症を防げ] (4件/週)

07/13 06:35 BSジャパン 【Newsモーニング・サテライト】
広島・坂町のある小屋浦小学校、豪雨災害が発生してから避難所となっている。
避難所には扇風機しかなく蒸し暑い避難所での厳しい生活が続く。
こうした状況を受け政府は避難所にクーラーを設置する方針を決定、この避難所にも昨夕、クーラーが設置された。
広島市消防局、次々と運び込まれるダンボール、中にはいっているのは大塚製薬の新製品ポカリスエットアイススラリー。
特徴は飲める氷、熱中症予防が期待できるという。
大塚製薬は救助隊員の熱中症対策のために約8600個を無償提供する。
シャーベット状の氷の飲み物、通常の氷は分子が規則正しく並んでいる。
アイススラリーは糖などが分子同士が緩やかに結びついている。
大塚製薬は体内を急速に冷やす商品を開発、熱中症対策に貢献できると考える。
大塚製薬・浅見慎一、鎌倉竜太のコメント。
感染症、食中毒に言及。

07/13 06:35 テレビ東京 【Newsモーニング・サテライト】
広島・坂町のある小屋浦小学校、豪雨災害が発生してから避難所となっている。
避難所には扇風機しかなく蒸し暑い避難所での厳しい生活が続く。
こうした状況を受け政府は避難所にクーラーを設置する方針を決定、この避難所にも昨夕、クーラーが設置された。
広島市消防局、次々と運び込まれるダンボール、中にはいっているのは大塚製薬の新製品ポカリスエットアイススラリー。
特徴は飲める氷、熱中症予防が期待できるという。
大塚製薬は救助隊員の熱中症対策のために約8600個を無償提供する。
シャーベット状の氷の飲み物、通常の氷は分子が規則正しく並んでいる。
アイススラリーは糖などが分子同士が緩やかに結びついている。
大塚製薬は体内を急速に冷やす商品を開発、熱中症対策に貢献できると考える。
大塚製薬・浅見慎一、鎌倉竜太のコメント。
感染症、食中毒に言及。

07/12 23:03 BSジャパン 【ワールドビジネスサテライト】
西日本豪雨災害。
被災者たちは蒸し暑い避難所での厳しい生活が続いている。
こうした状況を受けて政府は10日、国主導で避難所にクーラーを設置する方針を決定。
避難所となっている小屋浦小学校の様子を紹介。
救護所では現時点では熱中症の患者は一日に2人程との事だが、今後増える恐れがあるとのこと。
また被災者だけでなく炎天下で作業する救助隊も熱中症の危険にさらされている。
そんななか大塚製薬は救助隊員の熱中症対策の為に「ポカリスエットアイススラリー」約8600個を無償提供する。
大塚製薬はこれまで熱中症対策商品として従来のポカリスエットを提案してきたが、体内を急速に冷やす事ができる商品を開発する事で更なる貢献ができると考えた。
「ポカリスエットアイススラリー」は独自技術により冷凍庫に入れるだけで簡単にできるのが売り。
避難住民、日本赤十字社島根県支部・山口祐貴、大塚製薬・浅見慎一、大塚製薬・鎌倉竜太のコメント。
広島県坂町、広島消防局、東京・千代田区の映像。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.