テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【いま経済は】
東芝・半導体売却“日米韓連合と協議”] (19件/週)

09/13 22:52 BS1 【BSニュース】
東芝・半導体売却“日米韓連合と協議”
東芝は半導体子会社を売却して来年3月末までに債務超過の解消を目指しているが、米国・ウエスタンデジタル(東芝と半導体事業で提携)はほかのグループへの売却を阻止しようと裁判所への申し立てを行っている。
これを踏まえて東芝は、ウエスタンデジタルのグループと集中的に売却交渉を進めたが、将来の経営主導権などをめぐり両社の主張が隔たったまま。
東芝が今年6月、一旦は優先交渉先に決めた日米韓連合の中核である米国の投資ファンド・ベインキャピタルは、ウエスタンデジタルの申し立てに対する裁判所の判断が出なくても買収資金を払い込むなど、東芝の意向に沿う追加提案を行った。
東芝はきょう開いた取締役会で、ベインキャピタルのグループと今月下旬の契約を目指して協議を加速することを決めた。
東芝はベインキャピタルとの間で契約締結を目指して協議していくという覚書を交わした。
東芝は今後、ウエスタンデジタルが歩み寄る可能性も踏まえ、売却先の候補として排除しない方針。
ベインキャピタルのグループには韓国・SKハイニックスが買収資金を融資する形で加わっているため、各国の競争法の審査を早期クリアできるかという課題もあり売却交渉の行方はなお曲折も予想される。
ベインキャピタル本社が入る建物(米国・ボストン)の映像。

09/13 22:08 BSジャパン 【日経プラス10】
東芝・半導体売却・日米韓連合と「覚書」
日本経済新聞編集委員・山田剛の解説。
日米韓連合とどう評価しているか。
グローバルに見ると「覚書」は契約でも約束でもなく、こういう交渉をしましょうという方向性を示すだけのもの。
東芝はベインキャピタル、SKハイニックスの日米韓連合と協議するとしているが、米国のウエスタンデジタルとも交渉を続ける見通し。
東芝は上場廃止を回避するには来年3月までに半導体メモリー事業の売却の必要がある。
売却交渉が長引けば技術者がどんどん流出、債権は一層困難になる。
米国で手掛ける、液化天然ガス事業で最大1兆円損失の可能性が指摘されている。
東芝の前途は非常に多難を言わざるを得ない。
(中継)日経スタジオ。

09/13 22:05 BSジャパン 【日経プラス10】
東芝・「日米韓連連合と各書」
東芝は、半導体メモリー事業の売却を巡り、米国の投資ファンド・ベインキャピタルが率いる「日米韓連合」と集中協議を進める覚書を結んだと発表。
東芝は発表の中で9月中の契約締結を目指す考えを示した。
これまで最有力とされた米国ウエスタンデジタル陣営との交渉も継続する方針。
東芝の発表を受けウエスタンデジタルは「極めて遺憾」などと声明を出した。
映像・東芝。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.