テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
トップへ
【いま経済は】
G20・米中貿易摩擦が焦点・具体的な道筋見いだせず] (88件/週)

10/13 06:51 BS1 【BSニュース】
日銀の黒田総裁は、インドネシアのバリ島で開かれていたG20(主要国20ヶ国財務相中央銀行総裁会議)を終えて記者会見し、世界的に株安が進んだことに関して、日本や欧米の経済の基礎的条件に大きな変化は見られないとした上で、今後の市場の動向を注視する考えを示した。
更に黒田総裁は、米国と中国の貿易摩擦の問題が日本経済や外国為替市場に与える影響を注視する考えを示した。
一方、ともに記者会見に臨んだ麻生副総理兼財務大臣は、米国のトランプ政権が保護主義的な政策を進める中、G20は新たな危機に対応出来るかと問われたのに対し、「アジア通貨危機やリーマンショックなど過去の経験を活かせるとして、G20として結束して対応出来る」という認識を示した。

10/13 06:03 NHK総合・東京 【おはよう日本】
日銀の黒田総裁はインドネシア・バリ島で開かれていたG20主要20か国の財務相中央銀行総裁会議を終えて記者会見し「我が国及び米国、欧州とも経済の良好なファンダメンタルズに大きな変化はみられていない。
株価のベースになる企業収益の見通しも内外ともにしっかりとしている」と話した。
その上で「内外の金融市場の動向、わが国の経済・物価に与える影響については引き続き注意深く見ていきたい」と話し、米国や中国の貿易摩擦などの問題が日本経済や外国為替市場に与える影響を注視する考えを示した。
麻生副総理・財務相は米国のトランプ政権が保護主義的な政策を続ける中、G20は新たな危機に対応できるかと問われたのに対しアジア通貨危機やリーマンショックなど過去の経験を生かせるとしてG20として結束して対応できるという認識を示した。

10/13 05:50 テレビ朝日 【ANNニュース】
2日連続で大幅下落したニューヨーク株式市場のダウ平均株価は、300ドル近く上昇して取引を終えた。
乱高下するなど急落の余波は続いている。
12日のニューヨーク市場は、アジア市場、ヨーロッパ市場の値上がりなどを受け買い注文が殺到。
一時前日比400ドル以上の上昇。
その後値を戻した金融株などが売られ急落。
一時は値下がりに転じた。
午後に入り買いが強まり終値は、287ドル16セント高の2万5339ドル99セント。
米国の利上げの動きや米国と中国の貿易摩擦など投資家の懸念材料は払拭されていないため、今後も激しい値動きが続く恐れがある。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.