テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【いま経済は】
QUICKによる日経平均株価の予想] (33件/週)

12/11 08:20 BS1 【キャッチ!世界のトップニュース】
米国・ニューヨークのマーケット、10日の動きについて。
東海東京証券アメリカ・手塚理恵が解説。
ダウ平均株価の2日続けて値下がりについて。
「米中貿易協議の先行き不透明感が根強いのに加え、FOMC(連邦公開市場委員会)、英国の総選挙などの動向を見極めたい、との動きが強まっている。
けさは米中が15日発動予定の追加関税を見送ると計画しているとの報道があったが、そのあと、クドローNEC(国家経済会議)委員長がそれを打ち消す発言をするなど、情報が交錯しており積極的な売買は手控えられている。
一方、北米自由貿易協定(NAFTA)に変わる新協定に代わる修正案でトランプ大統領と合意したと民主党が発表したことは、株価の下支えとなった」。
外国為替市場の動きについて、「全体的には108円台後半での小幅の値動きとなっている。
米国による対中国制裁追加関税の発動が延期される、との報道で一時ドル買いが優勢となる場面もあったが、注目イベントを多く控え様子見姿勢となった」。
マーケットを見る上での注目点について、「12月15日に対中国関税第4弾が発動されるかどうかに注目している。
きょうも米中両国に要人が様々な発言を行っているが、今後もしばらくは関連ニュースで相場が動く可能性が高いと考える。
通商問題以外では、あす以降、消費者物価指数や小売売上高などの主要な経済指標が発表される。
特に米国経済を支える小売り売上高は、前月比0.5%増と比較的強いものが予想されているため、結果に注目している」。
パウエル議長に言及。
NYダウ平均株価(10日)のグラフ、為替(ドル/円、ユーロ/円、ユーロ/ドル)の情報。

12/11 06:57 テレビ東京 【Newsモーニング・サテライト】
岡三証券・小川佳紀の日経平均予想レンジは23300円~23500円。
対中関税発動延期をめぐる一部報道を受けて日本株は小幅に上昇。
FOMCの結果発表などを控えることもあり様子見ムード。

12/11 06:23 テレビ東京 【Newsモーニング・サテライト】
岡三証券・小川佳紀の予想レンジは2万3300~2万3500円。
注目ポイント「最高益企業の底力」。
個別株の選別は最高益に注目。
最高益企業は中小型株に多い。
FOMCに言及。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.