テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
トップへ
【いま経済は】
日経平均反落した236円・今後の値動きは?] (71件/週)

11/09 22:07 BSジャパン 【日経プラス10】
今日の日経平均株価は昨日と比べ236円マイナスの2万2250円で取引を終えた。
上海株式相場が下落し中国の景気減速懸念が改めて意識された。
米国・トランプ大統領が中間選挙を終えた後も中国への強硬姿勢を維持との見方を示したことからファナックなど中国関連銘柄に売りが目立った。
FRBは8日会合を開き金融政策を現状維持を決めた。
12月の会合で追加利上げに踏み切る可能性を示唆している。
名目実効レートによると10月末時点でドル指数が128.51と33年ぶりの高値水準となった。
世界のマネーがドルに向かう状況を示しており急なドル高は米国景気のブレーキになる可能性もある。
スタジオで「日経平均株価の見通し」について解説。
日本経済新聞編集委員・鈴木亮のスタジオ解説。

11/09 21:45 BSフジ 【プライムニュース】
(中継)東京・丸の内。
東京株式市場。
日経平均株価。
トピックス。
ドル円相場。
FX Markets。
米国10年債利回り。
米国株先物。
東京株式相場は下落して終えた。
米国の長期金利が高い水準にあることに加えて中国経済に対する懸念もあり海外の景気に影響を受けやすい業種の下げが目立った。
中間選挙を無事通過したものの米国では長期金利上昇や中国との摩擦の影響など世界経済にとって不安材料が残っているとの懸念が重しとなった。
上海総合指数は5日続けての下落。
中国政府が大手民間企業向けの融資に目標を定める計画だという報道を受けて金融株が下げの中心となった。
為替はドル円が1ヶ月ぶりの高値。
FOMCで来月の利上げに向けた姿勢が改めて示され金利の上昇を背景に一時114円台となった。

11/09 11:31 テレビ東京 【Mプラス11】
NIKKEI CNBC・平野憲一がスタジオ解説。
きのう7-9月期決算で最終赤字となる一方大幅増資を発表したメルカリは大幅反発。
東証1部決算まとめ(岡三証券調べ)をみると売上高と営業利益・当面利益ともに回復。
日経平均EPSは1780円台。
来週中国では独身の日(アリババ大キャンペーン)や10月工業生産など景気指標発表を控える。
また三菱UFJFGや三井住友FG、みずほFGが決算を発表。
きょうのメガバンクの株価は小幅高。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.