テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
トップへ
【いま経済は】
下期の純利益↓16%の恐れ・企業業績・本当の実力は?] (34件/週)

11/09 23:36 テレビ東京 【ワールドビジネスサテライト】
東京証券取引所に上場する368社が、きょう、中間決算を発表。
SMBC日興証券がきのうまでに決算を発表した東証1部上場1069社の業績をまとめたところ、純利益は過去最高だった1年前の決算と比べ9.2%上昇。
米国を中心とした世界経済の堅調な成長が業績改善に繋がった。
中間決算の業績(業種別):電気機器27.2%上昇(海外の需要好調)、食料品1.4%減少(原材料費のコスト増)。
一方、米中貿易摩擦による中国経済の減速懸念から、通期業績予想を下方修正する企業も相次いだ。
SMBC日興証券チーフ株式ストラレジスト・圷正嗣は「(米中の)貿易先導は、そこまで実体経済を傷つけていない。
厄介なのは不透明感、不透明感によって設備投資をしづらい。
どこに工場を建てればいいか分からない」と話す。
米国・トランプ大統領、中国・習近平国家主席の映像。

11/09 22:00 BSジャパン 【日経プラス10】
上場企業の決算発表がピークを迎えた。
市場関係者の目は終わった上期ではなく下期の見通しに注がれているが楽観できない状況。
上場企業の下期の純利益が1年前と比べ16%減少する恐れがあることがわかった。
日本経済新聞が昨日までに決算を発表した1108社についてまとめたところ4月から9月期の純利益の合計は約15兆1000億円だった。
1年前に比べ21%増え過去最高を更新した。
ソフトバンクの純利益が8倍以上になり総合商社も最高益が相次いだ。
ただ10月から来年3月期は中国景気の減速や新興国の通貨安そして国内の人手不足などが重荷となり上場企業の純利益見通しの合計は1年前より16%減少し約12兆2000億円に留まる。
日本企業は業績予想を堅めに見積もる傾向があり上振れの可能性もある。
今日の決算発表:TORAY・三井不動産・東急電鉄の内容を紹介。
ソフトバンクG・孫正義会長兼社長、東京・中央区、東京証券取引所の映像。
日本経済新聞編集委員・鈴木亮のスタジオコメント。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.