テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【いま経済は】
東電・家庭向け電力“全国”で販売へ] (5件/週)

11/12 10:55 BS1 【BSニュース】
関係者によると、東京電力は今月から北海道、北陸、中国、四国で新たに家庭向け電力の販売を始める。
関西や中部、東北などには既に進出していることから、大手電力会社としては初めて、沖縄を除く全国に販売地域を広げることになる。
電気料金は地元の電力会社に比べ、標準的なプランで3%程度安く設定するという。
3年前に家庭向けの電力の販売が自由化されて以降、東電は地盤の首都圏で新参入の事業者(いわゆる新電力)に販売シェアの20%余を奪われている。
このため、販売地域を全国に広げることで、首都圏の顧客が地方へ転居する場合にもそのまま契約を継続できるようにして囲い込みを図るほか、新たな顧客の獲得にもつなげたい考え。
ほかの大手電力会社も地域の垣根を超えた販売に乗り出しており、新電力を含めた競争が一層激しくなりそう。

11/12 07:54 BS1 【BSニュース】
関係者によると東京電力は、今月から北海道、北陸、中国、四国で新たに家庭向け電力の販売を始める。
関西や中部、東北などには既に進出していることから、大手電力会社としては初めて沖縄を除く全国に販売地域を広げることになる。
電気料金は地元の電力会社に比べ標準的なプランで3%程度安く設定するとのこと。
3年前に家庭向けの電力の販売が自由化されて以降、東京電力は地盤の首都圏で新たに参入した事業者、いわゆる「新電力」に販売シェアの20%余りを奪われている。
このため販売地域を全国に広げることで首都圏の顧客が地方へ転居する場合にも、そのまま契約を継続できるようにして囲い込みを図る他、新たな顧客の獲得にもつなげたい考え。
他の大手電力会社も地域の垣根を越えた販売に乗り出していて「新電力」を含めた競争が一層激しくなりそう。

11/12 06:36 NHK総合・東京 【おはよう日本】
東京電力は家庭向け電力の小売りで今月から沖縄を除く全国に販売地域を広げることが分かった。
販売を始めるのは北海道、北陸、中国、四国。
関西や中部、東北などにはすでに進出している。
電気料金は地元の電力会社に比べ標準的プランで3%程度安く設定するという。
東京電力は首都圏の顧客が地方に転居した場合でも契約を継続できるようにして囲い込みを図るほか新たな顧客獲得にもつなげたい考え。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.