テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【いま経済は】
燃料価格・高値水準続く・暖房需要の高まる冬へ・暮らしや産業への影響は] (31件/週)

11/25 22:53 BS1 【BSニュース】
国の委託を受けてガソリン価格を調査している石油情報センターによると、今月22日時点のレギュラーガソリンの小売価格は全国平均で1リットルあたり168.7円と、先週より0.2円値下がりした。
レギュラーガソリンの小売価格が値下がりするのは2週連続。
ただ、依然として2014年以来の高値水準が続いている。
一方、灯油の店頭価格は全国平均で先週と同じ18リットルあたり1950円と、2008年以来の高値水準となっている。
今後の見通しについて石油情報センターは「米国や中国、インド、日本などが協調して石油の備蓄を放出することは一時的に需給緩和の要因になり得るが、産油国が反発し生産を絞るという見方も出ている。
今後の需給状況を注視する必要がある」と話している。

11/25 21:12 NHK総合・東京 【ニュースウォッチ9】
物価を押し上げる要因は原油価格以外にも。
東京・練馬区のスーパーマーケットで取り扱っている輸入の鶏肉も大きな影響を受けている。
要因は、鶏肉の主な産地・タイで新型コロナの感染が拡大していること。
輸入鶏肉全体の仕入れ価格が上昇傾向にある。
その影響で輸入鶏肉全体の仕入れ価格が上昇傾向にあり、店でも2キロの冷凍鶏肉の価格を2か月前より400円近く値上げ。
スーパーマーケット・秋葉弘道社長は「クリスマス前に輸入ものの鶏肉は需要が高まる。
それが入ってこないのは本当に厳しい状況」、今後の影響を気にしているのが続く円安傾向。
きのう東京外国為替市場で約4年8か月ぶりの水準となるなど円安が続き、今後さらに輸入品の価格が上がるのではと心配している。

11/25 21:10 NHK総合・東京 【ニュースウォッチ9】
原油高騰の影響は、クリスマスに人気の花・ポインセチアにも。
燃料費を少しでも抑えるため、まきを使ったボイラーも活用。
ポインセチアはすでに予約が終わっているため、ことしの分は値上げができないが、今後は値上げも検討せざるをえないとしている。
園芸会社・山口展正専務取締役は「燃料というか温度を上げる方法がなければ植物の生産ができないので、最終的には値上げという形ぐらいしかないのかな」と語った。
きょう発表されたレギュラーガソリンの小売り価格も、依然として2014年以来の高値水準が続いている。
石油元売り会社で作る石油連盟・杉森務会長は「原油価格の受け止めだが、安定価格を望んでいる。
急激な価格上昇は憂慮している」と述べた。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.