テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【いま経済は】
米国政策期待で株価6週ぶり上昇] (48件/週)

04/21(金) BSジャパン 【日経プラス10】
米国政策期待で株価6週ぶり上昇
きょう株価が大きく反発。
日本経済新聞編集委員・鈴木亮は「きっかけは米国の政策への期待。
日経平均株価は週間ベースで6週ぶりに上昇。
外国人投資家の売りが4月に入って止まっている。
日本の金融法人の売りも止まり日本企業への業績の期待が根強い」とスタジオコメント。
今後の主な予定:23日・フランス大統領選の第1回投開票。
25日・北朝鮮の朝鮮人民軍創建85年。
26日・日銀金融政策決定会合(~27日)。
27日・ECB理事会。
28日・決算・信越化学、新日鉄住金、三菱電機、シャープ、村田製作所、マツダ、ホンダ、リコー、JAL。
米国1-3月期の実質GDP。
マクロン、ルペン、フィヨン、メランションに言及。

04/21(金) BSフジ 【プライムニュース】
<Bloomberg Market News>マーケット情報
(中継)東京・丸の内。
東京株式市場。
米国の税制改革への期待、円安を背景に幅広い銘柄が買われた。
米国ムニューシン財務長官が近く大規模な税制改革を打ち出すことを明らかにし、トランプ政権の政策に再び期待が高まった。
北朝鮮を巡る不透明な情勢は心理的な重し。
ドル円相場。
フランス大統領選も予断を許さない状況。
フランス株価指数。
ヨーロッパ株。
マクロン候補について言及。
米国株先物。
住宅関連の指標や企業決算も注目。

04/21(金) NHK総合・東京 【ニュースウォッチ9】
<ニュースこの1本>海外企業買収でまた…日本郵政巨額損失か
日本郵政はおととしオーストラリアの物流最大手・トールホールディングスを約6200億円で買収。
ところがオーストラリア国内の景気が低迷し、トールホールディングスの業績が悪化。
日本郵政は資産価値を見直し、来月発表予定の昨年度の決算で数千億円規模の損失の計上を検討している。
ポイント「買収リスク次々と浮き彫りに」。
海外企業の買収をめぐっては、東芝が米国の原子力事業会社をめぐり巨額の損失を計上。
直後に再び判明した日本企業のつまづき。
企業の価値をどう判断するか経営者は厳しく問われている。
「海外企業の買収で…」日本郵政・数千億円損失?、東芝・7166億円損失、キリンHD・1140億円損失、楽天・243億円損失。
ブランド力、将来性、ノウハウを見定めるのが大変。
オーストラリア・メルボルン郊外・トールホールディングスの集配センターの映像。
売り上げ、株価、少子高齢化、内需、マーケットについて言及あり。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.