テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【いま海外は】
核ミサイル開発依然活発] (64件/週)

01/13 07:09 BS1 【キャッチ!世界のトップニュース】
平昌五輪に選手団を派遣することで合意し、韓国との関係改善に乗り出す姿勢を見せる北朝鮮。
核やミサイル開発を加速させる強行な姿勢に変化はない。
韓国KBSは金正恩労働党委員長が今年初めて視察したのが核やミサイルを開発する研究施設・国家科学院だったことや、米国の研究グループが核実験場や発射場で活発な動きがあると確認したことを伝えている。
韓国政府は平昌五輪とパラリンピックの期間中、米国との合同軍事演習の実施を見送ることで米国と同意した。
北朝鮮は韓国との窓口機関である祖国平和統一委員会が運営する国営ウェブサイトに論評を掲載。
“演習を延期するのではなく完全に中止すべきだ”として南北の対話と軍事演習は両立しないと指摘した。
米国国務省高官は16日、カナダで開催される北朝鮮の核ミサイル開発を協議する外相会合で圧力強化の方策を協議する考えを示した。
米国国務省・フック局長は圧力強化が北朝鮮に方針転換させる最適の手段だと改めて強調した。
韓国政府は実務協議を今月15日に開くことを北朝鮮に提案。
金正恩委員長、パンムンジョムの映像。
建設、38ノース、トランプ政権、国連安保理に言及。

01/13 05:56 TBSテレビ 【上田晋也のサタデージャーナル】
先月末、米国財務省が発表した衛星写真、船が2隻並び一隻には北朝鮮の船。
香港籍の貨物船が積んできた石油を洋上で北朝鮮の船に積み替えている。
いわゆる密輸の場面を捉えた写真。
中朝国境の川でも中国から北朝鮮へ石油の密輸が横行しているという。
石油の密輸が横行する背景には国際的な圧力による北朝鮮の石油不足がある。
核ミサイル開発を進める北朝鮮に対し、国連安保理は10回目の制裁決議を採択。
北朝鮮は輸出量の9割が禁止された。
北朝鮮からとみられる木造船の漂着、海上保安庁によると今年も8日まで5件確認されている。
これも制裁決議の影響と見られる。
外貨獲得のため沿岸の漁業権を中国に売却し、遠洋に出なければならないのが理由。
金正恩委員長は新年の辞で経済発展を進めることを今年の目標に掲げた。
国連専門家・パネル元委員・古川勝久によると制裁決議で北朝鮮に石油や物資が入らず、経済が立ち行かなくなったことが今回の会談を受けいれた理由だという。

01/12 23:51 BS1 【BSニュース】
核兵器禁止条約の採択に貢献し、去年ノーベル平和賞を受賞した国際NGO・ICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)のベアトリスフィン事務局長が被爆地・長崎を初めて訪れ、「さらなる被爆者を生まないようともに取り組もう」と呼び掛けた。
さらに北朝鮮の核ミサイル開発を巡り「北朝鮮と米国の情勢が核兵器の使用につながるリスクがある」とコメント。
このあと長崎市・田上市長と会談。
ICANと被爆地が連携し核兵器禁止条約の署名・批准を求めていくことや、被爆者の体験を世界中の若者に伝えていく必要性などを確認。
長崎市・長崎原爆資料館の映像。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.