テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【いま海外は】
バイデン大統領] (192件/週)

「スパイ活動を1週間も許した」撃墜した中国の気球の回収が進む中…米・バイデン大統領へ野党からの批判高まる|TBS NEWS DIG(再生)

米軍戦闘機が撃墜“謎の気球” 中国が猛反発も…バイデン大統領「見事にやりとげた」【羽鳥慎一 モーニングショー】(2023年2月6日)(再生)

02/06 23:24 日本テレビ 【news zero】
米国南部サウスカロライナ州で撮影された中国の偵察気球撃墜の瞬間とみられる映像。
気球とみられる白い物体に航空機が接近したあと形を崩しながらゆっくりと落下していく様子が。

02/06 23:15 TBSテレビ 【news23】
この気球について、中国政府は「気象などの研究用」としている。
日本の気象観測気球との違いを説明(約1時間半で高度30kmに」)。
撃墜が遅れた事に米国の野党・共和党は米国・ノースカロライナ州の映像・出典:高層気象台。

02/06 22:41 BS日テレ 【深層NEWS】
今回の件を受けて米中間だけでなく米国の中でも国論が二分されるところを見てしまったが?読売新聞解説委員・飯塚恵子は「共和党のマルコルビオ上院議員は非常に厳しくバイデン大統領を批判している1人。

02/06 22:40 BS日テレ 【深層NEWS】
今回トランプ前大統領や共和党議員が、もっと早く撃墜すべきだとの声をあげていた。
バイデン大統領としては本当に言っていた通り、1日に撃墜を命令したのか、それとも本当は迷っていたが共和党議員から言われるし、だから撃墜しろと1日に命令したという形をとっているのか?明海大学教授・小谷哲男は「これは実際にはバイデン大統領は1日の時点で撃墜を命令したのは間違いない。

02/06 22:23 テレビ東京 【ワールドビジネスサテライト】
米国が中国の偵察気球を撃墜。
バイデン政権としても来年に迫った大統領選挙を前に、今年は対立が続く中国との関係を安定させる年と位置づけていたが今回の偵察気球の騒動で、その目論見が崩れた形。

02/06 22:17 テレビ東京 【ワールドビジネスサテライト】
米国の本土上空に現れた中国の偵察気球について米軍は4日、当初見送っていた気球の撃墜に踏み切った。
これに対し、民間の気球が不可抗力で迷い込んだと釈明していた中国政府は、強烈な不満と抗議を表明し、緊張が高まっている。

02/06 22:13 BS1 【国際報道2023】
(中継)ワシントン。
来年の米国の大統領選挙に向けていち早く立候補を表明したトランプ前大統領が本格的な活動をスタートさせた。
党の候補者選びを見据え共和党が動き始めている。

02/06 22:11 BS1 【国際報道2023】
欧米から追加の軍事支援が発表されている。
米国のバイデン大統領は3日ウクライナに対し約22億ドル(2850億円)の追加の軍事支援を発表。
これにはGLSDBとよばれるロケット弾が含まれ、射程が約150キロ(これまでの供与ロケット弾に比べ2倍近く)になるとされている。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.