テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【いま海外は】
バイデン大統領] (269件/週)

【12月8日】今朝の注目ニュースまとめ(2021年12月8日)(再生)

緊迫のウクライナ巡り米ロ首脳が協議「動けば強力な措置」とクギ(再生)

米ロ首脳会談 ウクライナ情勢巡り協議(2021年12月8日)(再生)

12/08 22:28 テレビ東京 【ワールドビジネスサテライト】
米国・バイデン大統領は7日、ロシア・プーチン大統領とテレビ電話で会談した。
会談でバイデンは、ロシアがウクライナに侵攻すれば「米国と同盟国が強力な経済措置で対抗する」と警告した。
これに対しプーチンは「国境近くで軍事力を増強しているのは、NATO(北大西洋条約機構)だ」と述べ米国やヨーロッパを批判した。
会談で相当の主張は平行線をたどったとみられるが、両首脳はこの問題について対話を継続することでは一致した。

12/08 22:27 BS1 【国際報道2021】
太平洋戦争の発端となった真珠湾攻撃から、きょうで80年となる。
真珠湾があるハワイのオアフ島では、犠牲者を追悼する式典が開かれた。
旧日本軍による攻撃から80年、真珠湾では米国軍主催の追悼式典が行われ、式典には、当時戦った米国軍の元兵士や犠牲者の家族、それに軍の関係者らおよそ800人が出席した。
攻撃が始まった現地時間の7日午前7時55分、黙祷が捧げられ、およそ2400人の犠牲者を追悼した。
米国海軍・カルロスデルトロ長官は「犠牲によって築かれた平和と安全を決して揺るがすことなく、永遠に引き継いでいく」と述べた。
真珠湾攻撃を経験した米国の退役軍人・ハーブエルフリング(99歳)は、当時の衝撃について、「米国の飛行機でなく日本の飛行機が見えて、それから爆音が聞こえました。
(米国軍の)訓練だろうと思っていたら、ゼロ戦が迫ってきました」と振り返った。
一方で「その後、真珠湾には何度も来ています。
米国は友好的な国であり、日本に対して、いつまでも恨みを抱くようなことはありません」とも語っていた。
首都・ワシントンでは、バイデン大統領が第2次世界大戦で命を落とした兵士を追悼する記念碑をジル夫人と訪れ、犠牲者を悼んだ。
そして、ツイッターに「命を落とした愛国者たちに敬意を表し、国を守った全ての人々の勇気をたたえる。
そして世界に、よりよい未来をもたらした平和と和解を進めていくことを改めて誓う」と投稿した。
ハワイ・ホノルル、米国・ワシントン、バイデン大統領のツイッターの映像。

12/08 22:27 テレビ東京 【ワールドビジネスサテライト】
太平洋戦争の発端となった旧日本軍による真珠湾攻撃から80年。
米国・ハワイでは現地の1941年12月7日、旧日本軍が真珠湾にある軍や艦隊を奇襲攻撃し、米国側の死者は2400人にのぼったとされている。
ハワイで開かれた式典では退役軍人や軍の関係者らが参列し花を手向けた。
バイデン大統領も7日、ジル夫人とともに首都ワシントンにある第2次世界大戦の記念碑を訪れ犠牲者を悼んだ。
またバイデン大統領は「日米両国は第二次大戦の恩讐を乗り越えて親しい同盟国に変わった」とのメッセージを寄せている。

12/08 22:10 テレビ朝日 【報道ステーション】
ロシアとウクライナの国境付近に世界が注目している。
原因はロシアが国境付近に10万人近い軍隊を集結させている為。
緊張状態が続く中今日未明に米国とロシアが首脳会談を行った。
2時間行われた会談は冒頭のみ公開された。
整然と並ぶ無数の車両が配備されている。
この場所には去年建物はあったが野原が広がっているだけだった。
米国・ワシントンポストによると年明けに最大17万5000人規模の侵攻作戦を計画していると分析している。
ロシア・エリニャで確認され戦車や短距離弾道ミサイル・、地対空ミサイルが配備されている。
このタイミングで国軍記念日を迎えたウクライナはロシア国境近くで式典を行った。
一方ロシア側はウクライナ親交の意図はなく米国などによる悪質なデマとしている。
ロシア軍は2014年ウクライナ侵攻を行いクリミア半島を一方的に併合した。
この時も国境付近にロシアは兵力を展開していた。
国際社会は認めていないがクリミア半島を実効支配しているロシア。
クリミア併合のあとウクライナ東部・ドンバス地方ではロシアへの編入を求める勢力がウクライナ軍と宇繰り返し衝突。
ロシアは親ロ勢力を支援してきた。
ロシアが警戒するのはNATOのウクライナへの接近。
バイデン大統領との会談でもロシアはNATOを批判し話し合いは平行線をたどったようだ。
米国・バイデン大統領、米国・サリバン大統領補佐官、ウクライナ・ゼレンスキー大統領、米国・ブリンケン国務長官、ロシア・プーチン大統領のコメント。
米ロ首脳会談(ロシア・ソチ)、ワシントン、ロシア軍の演習、ウクライナ・ハリコフ、ロシア・エリニャ、モスクワ、モスクワの映像。

12/08 22:07 BS1 【国際報道2021】
日本時間のきょう未明に行われた米国とロシアの首脳会談。
バイデン大統領はウクライナの国境付近で緊張が高まっていることについて、ロシアが軍事的な攻勢に出れば経済制裁で応じると警告し緊張緩和を求めた。
これに対しプーチン大統領は「ウクライナ領土で危険な試みを行い国境付近で軍事力を増強しているのは、むしろ米国などNATOだ」と強調した。
米国・サリバン大統領補佐官のコメント。

12/08 21:44 NHK総合・東京 【ニュースウォッチ9】
米国・バイデン大統領とロシア・プーチン大統領は7日、オンラインで首脳会談を行い、ウクライナ情勢について議論した。
会談後、ホワイトハウスが発表した声明によると「バイデン大統領は、ロシアが軍事的な攻勢に出れば、経済制裁で応じる」と警告し、緊張の緩和を求めた。
一方、ロシア大統領府によると「プーチン大統領は、ウクライナの領土で危険な試みを行い、ロシアの国境付近で軍事力を増強しているのは、むしろ米国などNATO(北大西洋条約機構)だ」と強調した。
両首脳はそれぞれの担当に協議を継続するよう指示した。

12/08 20:17 BS-TBS 【報道1930】
新型コロナウイルス。
各国の人口に対するワクチン確保量(カナダ、英国、米国、日本/米国・デューク大学)を紹介。
東京都立大学教授・詫摩佳代、堤伸輔が「先進国の中での知恵が必要。
期限切れだから送らないみたいなことでブレーキをかけてしまうとアフリカにいく絶対量が減る問題も出てくる。
あまりブレーキを踏みすぎずに工夫を追いつかせるような努力が必要」、自民党ワクチンPT座長・古川俊治のスタジオコメント。
毎日新聞ヨハネスブルク支局長・平野光芳が「余ったものを押しつけられるのは心情的にも受け入れられないのではないか」、長崎大学大学院教授・森内浩幸のコメント。
COVAX、WHO、道路、インフラについて言及あり。
英国・コーンウォール・G7首脳会合、ジョンソン首相、菅前総理大臣、米国・バイデン大統領、アフリカ・マラウイの映像。
(中継)南アフリカ・ヨハネスブルク。

12/08 20:14 BS-TBS 【報道1930】
新型コロナウイルス。
アフリカが確保しているワクチンは2億2000万回分(米国・デューク大学)。
アフリカ連合に参加する55か国の人口は約12億人。
毎日新聞ヨハネスブルク支局長・平野光芳は「ワクチン接種会場へ行くためのバス代が出せない人もいる」としている。
アフリカではワクチンの有効期限切れで大量廃棄。
先月ナイジェリアでは最大100万回分が期限切れになり廃棄された(ロイター通信)。
5月、マラウイでは約2万回分を焼却処分。
到着した18日後に期限切れに。
WHOによると寄付されるワクチンは有効期限が短いものが多く、廃棄せざるを得ない。
東京都立大学教授・詫摩佳代が「6月のG7サミット、10月のG20と先進国がワクチンの寄付を約束してきたが、具体的にいつどれだけ提供するか約束されていない」などスタジオコメント。
インフラ、製薬会社、COVAXについて言及あり。
英国・コーンウォール・G7首脳会合、ジョンソン首相、菅前総理大臣、米国・バイデン大統領の映像。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.