テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【いま海外は】
トランプ前大統領] (32件/週)

トランプ前大統領はニンマリ? 黒人差別 と批判の「投票制限法」が物議(2021年4月16日)(再生)

04/16 19:00 NHK総合・東京 【ニュース7】
菅総理大臣とバイデン大統領の日米首脳会談が、日本時間のあす未明、行われる。
会談を前に、バイデン政権の高官は、台湾海峡の平和と安定に関して、共同声明に明記したいという考えを示した。
日米首脳による共同声明に台湾に関する記述が明記されれば、1969年の佐藤総理大臣とニクソン大統領の会談以来となる。
菅総理大臣は、日本時間の午前9時ごろ、米国に到着した。
宿泊するのは迎賓館ブレアハウス。
ホワイトハウスの目の前にある。
英国のエリザベス女王をはじめ、各国の要人がもてなされてきた施設。
今回の首脳会談について、ホワイトハウス・サキ報道官は「大統領は菅首相を歓迎できることを楽しみにしている。
バイデン政権初の2国間の対面会談の相手が日本であることは意義がある」とコメント。
菅総理大臣としては、個人的な信頼関係を深め、強固な日米関係を対外的に発信したい考え。
これまでの日米首脳も、個人的な信頼関係を築いてきた。
昨夜、菅首相は「それぞれの国の関心事項について、幅広く議論をしていきたい。
自由で開かれたインド太平洋の実現に向けて、日米のリーダーシップを世界に示したい」とコメントしていた。
ワシントン郊外・米国軍基地、中曽根元首相、レーガン元大統領、小泉元首相、ブッシュ元大統領、安倍前首相、トランプ前大統領、松山英樹の映像。
画像提供・内閣広報室。

04/16 16:13 BS1 【ワールドニュース アメリカ】
バイデン大統領の米軍撤退の決断。
9月になれば弱体化したアフガニスタン政府は国際社会の支援をほとんど受けることなくタリバンに立ち向かうことになる。
バイデン大統領が「9月初めに米軍をアフガニスタンから撤退する」と発表。
国務長官は首都・カブールを訪れた。
ブリンケン国務長官はアフガニスタンの指導者と会い、決断を説明。
ガニ大統領は「決定を尊重し、優先課題を調整していく」と述べた。
ブリンケン国務長官はアブドラと会い、アブドラは「米国国民と米国の政権に感謝している」と述べた。
ブリンケン国務長官は米国大使館で「米国はアフガニスタンの確固たるパートナーであり続ける」とスピーチ。
バイデン大統領の発表は去年のトランプ前大統領とタリバンの合意に根ざしている。
米国政府はNATO・北大西洋条約機構の同盟国との間でも連携。
NATOの部隊も撤退する。
オーストラリアは「残る80人を引きあげる」とした。
タリバンは「5月1日という元々の期日までにNATOと米国部隊が撤退しない場合は攻撃を再開する」としている。
オーストラリア・モリソン首相の会見。
一般人のコメント。
同時多発テロについて言及あり。

04/16 14:40 BS1 【ワールドニュース アジア】
ウィーンで開かれている核合意をめぐる交渉のイラン代表団長のアラグチ外務次官は、「15日の協議は非常に困難だった。
先週、起きた事件の影響があった」と述べた。
一方、ザリフ外相は、「バイデン政権はトランプ前大統領が始めた最大限の圧力をかける政策を踏襲しているようだ」と述べた。
また、ロシアのウィーン常駐代表大使は、この日の各国の交渉姿勢は前向きだったと述べたが、中国の代表は、「交渉の進捗を早める必要がある。
特に米国の制裁解除を急がねばならない」と述べた。
オーストリアの外相によると、協議は難しい局面を迎えており、あらゆる外交努力を結集する必要があるという。
米国雑誌は、交渉に詳しい米国、ヨーロッパ側の情報源の話として、バイデン大統領はイランとの核合意に復帰する決意であると報じた。

04/16 12:30 テレビ朝日 【大下容子ワイド!スクランブル】
対中政策について、茂木敏充外務大臣(自民党衆院議員)は「気候変動問題を考えたときに、CO2を一番出しているのは中国。
中国にしっかりこういった取り組みをしてもらわなければならない。
こういう働きかけは必要だと思っている。
ただ中国が気候変動などで少し協力したから、我々も基本的な価値観で譲りましょうという話にはならない。
この部分は絶対にぶれずにやっていく」と話した。
脳科学者・中野信子、ジャーナリスト・柳澤秀夫のスタジオコメント。
バイデン大統領、ブリンケン国務長官、米国・ワシントンの映像。
ケリー大統領特使、2プラス2、人権問題、トランプ前大統領、オバマ元大統領、民主党、共和党、外務省に言及。

04/16 12:00 テレビ朝日 【大下容子ワイド!スクランブル】
昨日の夜、菅総理大臣が米国に向けて出発した。
日本時間の明日未明、バイデン大統領と対面では初となる日米首脳会談が行われる。
話し合われるのは安全保障、気候変動問題、経済協力、人権問題。
沖縄県の尖閣諸島、台湾に対して高まる中国の圧力。
茂木敏充外務大臣は65歳。
東京大学経済学部を卒業した後、米国・ハーバード大学大学院を修了。
2012年12月から2014年9月まで経済産業大臣、2017年8月から2019年9月まで経済再生担当大臣(日米貿易交渉を担当)を歴任。
2019年9月から外務大臣を務めている。
茂木敏充外務大臣のスタジオコメント。
トランプ前大統領、ワシントン、ホワイトハウスに言及。

04/16 11:34 TBSテレビ 【ひるおび!】
菅総理大臣は、日米首脳会談に向けて、日本時間午前9時過ぎに米国・ワシントンに到着した。
明日未明にバイデン大統領と、外国の首脳として初めて対面で会談する。
ホワイトハウス・サキ報道官は、菅総理を迎える意義について、「我々の最初の対面での二国間会談の相手が日本であることは重要。
我々の重要な関係と、一緒に協力してやらなければいけない全ての仕事を強調している」と述べた。
「中国に対し、日本とタッグを組んで向かっていく」という方針を示す狙いがあるとみられる。
米国政府高官は、台湾をめぐる問題について、日米首脳の共同文書に明記することに期待感を示している。
ホワイトハウス付近からリポート。
トランプ前大統領に言及。
台湾海峡付近の軍事演習の資料映像。
(中継)米国・ワシントン。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.