テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【いま海外は】
誘致競争・ライバル和歌山は…] (1件/週)

08/24 18:02 TBSテレビ 【報道特集】
横浜市の誘致表明を受け先行する自治体を取材。
和歌山県IR推進室・大石崇課長補佐は「関東圏の大都市が手を挙げられたということ、非常に有力な候補地であることは間違いない」と述べた。
和歌山県は、既に観光施設として利用されている和歌山マリーナシティへの誘致を目指している。
その一角の駐車場を中心とした広大な土地が候補地。
関西国際空港から近く、大阪、京都、神戸などへの観光拠点としても便利。
和歌山県が力を入れているのがギャンブル依存症対策。
法律では、マイナンバーカードを活用した入場回数の制限やクレジットカードの利用の規制などを定めている。
和歌山県は、より厳しい独自の規制を検討。
大石課長補佐は「“IRカード”を作って、上限金額なども設定できるようにすれば、一発で破産、持ってきたお金を全部使ってしまうこともなく、一定程度歯どめの効果も非常に大きいと考えている」と述べた。
担当者は住民の不安を解消し、理解を得ることが誘致成功のカギだと話す。
大石課長補佐は「シンポジウム開催、説明会を50回、60回と積み重ねている。
取り組みの深さは一歩も二歩も先を行っている」と述べた。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.