テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【いま海外は】
ロヒンギャ迫害・国際刑事裁判所が捜査へ] (3件/週)

11/15 17:56 BS1 【BSニュース】
ミャンマー西部では少数派のイスラム教徒「ロヒンギャ」の武装勢力と政府治安部隊の衝突でこれまでに推計で70万人以上のロヒンギャの人たちが隣国バングラデシュへの避難を余儀なくされている。
人道に対する罪などを裁く国際刑事裁判所(オランダ・ハーグ)は予備的な調査を進める一方、ミャンマーが国際刑事裁判所の設立を定めた国際条約に加盟していないため、この問題を取り扱う権限があるか慎重に検討してきた。
「ロヒンギャの人たちが逃れた先が条約加盟国であるバングラデシュである以上事案を取り扱う権限がある」とする声明を発表した。
その上で広く組織的に行われた暴力行為が人道に対する罪にあたると信じるに足る合理的な根拠があるとして、迫害に関わった人物の訴追に向けた正式な捜査を始めるとしている。
ミャンマー政府はいまのところ反応を示していないが「条約に加盟していない国に国際刑事裁判所の権限は及ばない」と国連などの場で主張し続けている。
資料:ロヒンギャ難民(バングラデシュ)。

11/15 11:51 BS1 【BSニュース】
ミャンマー西部では少数派のイスラム教徒「ロヒンギャ」の武装勢力と政府治安部隊の衝突でこれまでに推計で70万人以上のロヒンギャの人たちが隣国バングラデシュへの避難を余儀なくされている。
人道に対する罪などを裁く国際刑事裁判所(オランダ・ハーグ)は予備的な調査を進める一方、ミャンマーが国際刑事裁判所の設立を定めた国際条約に加盟していないため、この問題を取り扱う権限があるか慎重に検討してきた。
「ロヒンギャの人たちが逃れた先が条約加盟国であるバングラデシュである以上事案を取り扱う権限がある」とする声明を発表した。
その上で広く組織的に行われた暴力行為が人道に対する罪にあたると信じるに足る合理的な根拠があるとして、迫害に関わった人物の訴追に向けた正式な捜査を始めるとしている。
ミャンマー政府はいまのところ反応を示していないが「条約に加盟していない国に国際刑事裁判所の権限は及ばない」と国連などの場で主張し続けている。
資料:ロヒンギャ難民(バングラデシュ)。

11/15 09:02 NHK総合・東京 【あさイチ】
ミャンマー西部では少数派のイスラム教徒「ロヒンギャ」の武装勢力と政治治安部隊の衝突でこれまでに推計で70万人以上のロヒンギャの人たちが隣国バングラデシュへの避難を余儀なくされている。
人道に対する罪などを裁く国際刑事裁判所(オランダ・ハーグ)は予備的な調査を進める一方、ミャンマーが国際刑事裁判所の設立を定めた国際条約に加盟していないため、この問題を取り扱う権限があるか慎重に検討してきた。
「ロヒンギャの人たちが逃れた先が条約加盟国であるバングラデシュである以上事案を取り扱う権限がある」とする声明を発表した。
その上で広く組織的に行われた暴力行為が人道に対する罪にあたると信じるに足る合理的な根拠があるとして、迫害に関わった人物の訴追に向けた正式な捜査を始めるとしている。
ミャンマー政府はいまのところ反応を示していないが、「条約に加盟していない国に国際刑事裁判所の権限は及ばない」と国連などの場で主張し続けている。
資料:ロヒンギャ難民(バングラデシュ)。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.