テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【いま海外は】
北朝鮮・石油供給ルートは今] (411件/週)

09/13 23:43 日本テレビ 【NEWSZERO】
北朝鮮が安保理制裁決議に強く反発「全面的に排撃する」
北朝鮮の外務省は国営メディアを通じ、国連安全保障理事会が採択した新たな制裁決議に対し「国家と人民を窒息させることを狙った極悪非道な挑発行為の産物」と批判し「全面的に排撃する」と強く反発した。
決議には原油や石油精製品の輸出制限が盛り込まれたが、北朝鮮の発展を防ぎ武装を解除させ「核兵器で占領しようとする米国の意図が明らかになった」と主張。
「米国と均衡をなして自主権と生存権を守り、安全を保障する力の強化にさらなる拍車をかける」と核・ミサイル開発を続けることを示唆した。
金正恩委員長の映像。

09/13 23:05 TBSテレビ 【NEWS23】
北朝鮮・石油供給ルートは今
写真から北朝鮮への石油供給ルートを追跡する。
JNNが入手した中国・大連にある貿易港周辺の写真。
煙が立ち上る煙突やタンク群。
パイプラインも見える。
中国から各地へ石油製品を輸出するための港だという。
この写真の奥、山の向こう側には特別な岸壁があるという。
それは「大連特別岸壁」。
中国から北朝鮮に向け主に航空燃料を輸出していた岸壁。
この燃料はミサイル燃料にも転用できると言われている。
岸壁に入るためのゲートの写真。
法案警察の車両が見える。
立ち入りは厳しく制限されているという。
撮影されたのは2014年。
この岸壁はどのような場所なのか。
今年の7月までは北朝鮮の船員を乗せた小型のタンカーが時々やってきていたという。
一方、中国国境の街・丹東には石油備蓄施設があり、パイプラインで石油製品が北朝鮮に供給されていた。
中国から北朝鮮へ行われていた石油製品の供給。
しかし全会一致で決まった国連の制裁決議の最大の焦点は、「原油・石油製品の制限」だった。
原油は現状レベルでの供給制限にとどまったものの、ガソリンなどの石油製品は上限を年間半分の輸入量に減らされた。
制裁によって中国からの供給はどうなるのか。
正規ルートはもちろん、密輸も中国からは難しくなっているという。
しかし供給ルートがなくても北朝鮮は石油製品の確保が可能だという。
今日北朝鮮は声明を発表。
国連の新制裁決議を非難した。
そんな中米国の北朝鮮分析サイト38ノースは6回目の核実験後の衛星写真を公開した。
約2万8000平方メートルで地盤の陥没が起きた可能性がある。
そして別の坑道では運搬車が確認されていて、将来の核実験にむけて準備を行っている可能性があるという。
トランプ大統領は今回は小さな一歩だったと言っている。
米国は独自の金融制裁も考えているという。
アジアプレス・石丸次郎のコメント。
Google earth、ニューヨーク・国連安保理、朝鮮中央テレビの映像。
資料:中国・大連。

09/13 22:03 BS日テレ 【深層NEWS】
金正恩委員長・制裁反発「全面的に排撃する」
北朝鮮外務省は国営メディアを通じ、国連安全保障理事会が採択した新たな制裁決議を批判した。
「経済封鎖で北朝鮮を窒息させる事を狙ったもので、全面的に排撃する」と強く反発している。
決議には原油や石油精製品の輸出制限が盛り込まれたが、「北朝鮮の発展を防ぎ武装解除させ、核兵器で占領しようとする米国の意図が明らかになった」と主張し、「米国と均衡をなして自主権と生存権を守り、安全を保証する力の強化に拍車をかける」と核・ミサイル開発を続ける事を示唆した。
北朝鮮の軍事パレード、国連安保理・北朝鮮への制裁決議採択、「火星14号」の発射実験、北朝鮮・金正恩党委員長の映像。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.