テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【いま海外は】
トランプ大統領] (486件/週)

米中貿易協議 第1段階で合意 米農業団体から懐疑的な声(再生)

トランプ大統領を弾劾訴追へ(再生)

米中協議「第1段階」合意(再生)

12/14 17:01 日本テレビ 【news every.サタデー】
米国と中国の両政府は13日、貿易協議について「第一段階の合意に達した」と発表。
米国は15日に予定していたスマートフォンなどを含む中国からの輸入品に対する制裁関税第4弾の発動を見送る。
既に発動した追加関税のうち27兆円相当の中国製品に課している25%の税率は維持するが、13兆円相当の中国製品に課している税率を7.5%に引き下げる。
中国は米国の農産品などの輸入を大幅に拡大し、米国が求めてきた知的財産の保護や為替政策の透明化にも取り組むとしている。
来年の大統領選挙に向け、具体的な成果を挙げたいトランプ政権と、中国経済へのいっそうのダメージを避けたい中国側の思惑が一致した形。
トランプ大統領はワシントンで「驚異的な合意だ。
関税は大部分が維持された。
25%の関税は第2段階の交渉で使う」と述べた。
中国側は新たな交渉を急がない意向を示している。
中国・習近平国家主席、北京、米中首脳会談の映像。

12/14 15:50 BS1 【BSニュース】
米中貿易交渉は、中国による農産品の購入や知的財産権のホームなどの分野で第1段階の合意に達し、トランプ政権は去年3月に中国に対する関税措置を発動して以来初めて、関税の一部を引き下げると発表した。
これについて米国最大の経済団体「全米商工会議所」は声明を発表し「非常に前向きな進展だ。
企業や消費者の大きな贈り物だと」述べ、支持を表明した。
一方、野党・民主党の上院・シューマー院内総務は声明で「中国との貿易には巨大な不均衡があるのに、大豆の購入という一時的であてにならない約束をしてしまった」と述べ、「トランプ大統領は中国に対して弱腰」として厳しく批判した。
トランプ大統領は今回の合意について「中国の巨大な市場開放に繋がる、これまでにない最大の取引だ」と述べ、「農家にとって大きな利益になる」と成果を強調しているが、来年の大統領選挙に向けて思惑通りに支持の広がりにつながるか、見通しにくい状況。
米国・トランプ大統領、中国・習近平国家主席、ホワイトハウスの映像。

12/14 13:53 BS1 【BSニュース】
米国のウクライナ疑惑で、議会下院の司法委員会はトランプ大統領がみずからの政治的利益のためにウクライナに圧力をかけた「権力乱用」などを根拠に、大統領の罷免を求める弾劾訴追の決議案を採決し賛成多数で可決した。
決議案は18日にも下院本会議で可決される見通しで、これによりトランプ大統領は1860年代のジョンソン大統領、1990年代のクリントン大統領に次ぎ、弾劾訴追をされる米国史上3人目の大統領となる見通し。
トランプ大統領は「これは魔女狩りだ。
でっちあげだ。
やりたいようにやる。
何も悪くない」と述べた。
本会議で可決されれば、議会上院で年明けにも弾劾裁判が始まる。
上院は与党共和党が主導権を握り、トランプ大統領は徹底抗戦したい構えだが、共和党上院の幹部からは、手続きを簡略化し大統領の無罪の評決を早期に決議すべきだという声も出ている。
弾劾裁判の行方は来年の大統領選挙にも影響する可能性があるため、その日程や進め方に早くも注目が集まっている。
ワシントンの映像。

12/14 12:51 BS1 【BSニュース】
米国の“ウクライナ疑惑”について。
議会下院の司法委員会は13日、トランプ大統領が水科rあの政治的利益のためにウクライナに圧力をかけた権力濫用などを根拠に、大統領の罷免を求める弾劾訴追の決議案を採決し、賛成多数で可決した。
決議案は来週18日にも下院本会議で可決される見通し。
これにより、トランプ大統領は1860年代のジョンソン大統領、1990年代のクリントン大統領に次いで、弾劾訴追をされる米国史上3人目の大統領となる見通し。
本会議で可決されれば、議会上院で年明けにも弾劾裁判が始まる。
上院は与党・共和党が主導権を握り、トランプ大統領は徹底抗戦したい構えだが、共和党上院の幹部からは「手続きを簡略化し、大統領の無罪の評決を早期に決議すべき」という声も出ている。
弾劾裁判の行方は来年の大統領選挙にも影響する可能性があるため、その日程や進め方に早くも注目が集まっている。
米国・トランプ大統領は「これは魔女狩りだ。
でっちあげだ。
やりたいようにやり。
何も悪くない」と述べた。

12/14 12:50 BS1 【BSニュース】
米中貿易交渉は、中国による農産品の購入や知的財産権のホームなどの分野で第1段階の合意に達し、トランプ政権は去年3月に中国に対する関税措置を発動して以来初めて、関税の一部を引き下げると発表した。
これについて米国最大の経済団体「全米商工会議所」は声明を発表し「非常に前向きな進展だ。
企業や消費者の大きな贈り物だと」述べ、支持を表明した。
一方、野党・民主党の上院・シューマー院内総務は声明で「中国との貿易には巨大な不均衡があるのに、大豆の購入という一時的であてにならない約束をしてしまった」と述べ、「トランプ大統領は中国に対して弱腰」として厳しく批判した。
トランプ大統領は今回の合意について「中国の巨大な市場開放に繋がる、これまでにない最大の取引だ」と述べ、「農家にとって大きな利益になる」と成果を強調しているが、来年の大統領選挙に向けて思惑通りに支持の広がりにつながるか、見通しにくい状況。
米国・トランプ大統領、中国・習近平国家主席、ホワイトハウスの映像。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.