テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
トップへ
【いま海外は】
トランプ大統領] (452件/週)

「EU車に20%関税課す」 貿易摩擦深刻化の恐れ(18/06/23)(再生)

“歴史的会談”以降の米朝 予定も進展も何もなし(18/06/22)(再生)

06/24 06:32 TBSテレビ 【時事放談】
北朝鮮・金正男委員長は中国を訪問し、習近平国家主席と会談。
習首席は「中朝のハイレベルな往来に新たな歴史を築いた」とし、金委員長は「朝中関係は家族のようだ」とコメント。
韓国は8月に予定されていた米韓合同軍事演習の中止を発表。
トランプ大統領は在韓米軍削減についても「韓米間で交渉が行われればかなりのお金が節約できる議論が進展する」と発言。
米朝共同声明のポイントについて(非核化、弾道ミサイル廃棄など)。
元外務審議官・田中均(日本総合研究所国際戦略研究所理事長。
普天間基地移転、朝鮮半島有事を想定した97年「日米新ガイドライン改定」を主導)のスタジオコメント「ひとつ注意しなければならないのは、北朝鮮は相当長く核開発をして大規模な施設を持っている。
これ相当(期間が)長くかかる」。
元内閣官房長官・武村正義(後藤田正晴局長の目にとまり、自治省入り。
元滋賀県知事。
新党さきがけを旗揚げ)のスタジオコメント「北朝鮮の非核化の経費を日本と韓国だけで持て、というのはどう考えても全く賛成できない」。
ポンぺオ国務長官に言及。

06/24 06:27 TBSテレビ 【時事放談】
元外務審議官・田中均のスタジオコメント「日本国の主権の問題。
日本が直接交渉する前に米国や韓国に頼むということについて、僕はちょっと恥ずかしいなって思う」「米国に対して信頼関係はほとんどない。
どの国についてもね。
彼らが間違っていることは正していかないといけない」。
米国・トランプ大統領、韓国・文在寅大統領に言及。

06/24 06:19 TBSテレビ 【時事放談】
安倍首相は国会で拉致問題について「北朝鮮との間で互いに信頼を醸成し、解決に向けて尽力したい。
最後は私自身が金正恩委員長と向き合い、日朝首脳会談を行わなければならない」と表明。
一方、北朝鮮は国営メディアで「日本は既に解決された拉致問題を引き続き持ち出し、自らの利益を得ようと画策している」などと激しく非難。
韓国の情報筋は米朝首脳会談で米国・トランプ大統領が「日本とも対話すべきだ」し、金正恩委員長が「日本とも対話を進めたい。
安倍晋三首相と会ってもよい」と話したとしている。
日米電話会談の様子。
元外務審議官・田中均のスタジオコメント「拉致問題というのは北朝鮮の政権の問題。
非核化の問題が動き出さないと拉致の問題が単発で動き出すことはない」。
元内閣官房長官・武村正義のスタジオコメント「もう少しまっすぐにあの国を丸めることから始める必要がある」

06/24 06:04 フジテレビ 【FNNニュース】
米朝首脳会談を受け米国国防総省は、8月の米韓合同軍事演習「ウルチフリーダムガーディアン」に加え、新たに2つの合同演習も中止すると発表。
北朝鮮との非核化交渉を優先するトランプ大統領の方針によるもの。
マティス国防長官、ポンペオ国務長官、ボルトン補佐官が国防総省で協議し中止を決定。

06/24 06:03 テレビ朝日 【サンデーLIVE!!】
読売新聞の記事を紹介。
OPECはきのうロシアなど非加盟国と閣僚級会合を開き、7月から現状の水準よりも増産することで合意した。
協調減産を続けてきた産油国が増産に動いた陰の主役は会合に参加していないトランプ大統領だった。
OPEC総会後の22日トランプ大統領はTwitterに「OPECが生産量を実質的に増やすことを期待する。
原油価格を下げる必要がある」と投稿し更に圧力をかけている。
朝日新聞GLOBE記者の藤えりかのスタジオコメント。
ポンペイオ長官、OPEC総会(ウィーン)の映像。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.