テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
トップへ
【注目パーソン】
金正恩]まとめ (886件/週)

異例の早さ? 金委員長が3度目の訪中 協力要請か(18/06/19)(再生)

正恩氏、3度目の訪中へ 米への対応にらみ関係強化(18/06/19)(再生)

“非核化と拉致”日朝首脳会談で解決への道筋は?日朝国交で金正恩は何を要求するのか|AbemaPrime6/14放送|平日よる9時~【AbemaTV】(再生)

06/19 22:35 テレビ朝日 【報道ステーション】
北朝鮮・金正恩委員長が3か月の間に3度目の中国訪問。
ジャーナリスト・後藤謙次が「外交専門家の間では色々な見方がある。
北朝鮮は米朝会談で非核化の動きが詰めの段階に入りつつある。
不安に駆られて中国に駆け込んだのではないか、中国が呼びつけたのではないか。
中国はこの状況を利用しながら制裁緩和の流れを引き寄せ、中国の立場を強化しようとしていることだけは間違いないだろうと言われている。
米国にとっては面白い状況ではない。
過去2回の金委員長訪中後、金委員長が強気になってきた。
米国は経済貿易戦争を仕掛けている。
そういう中国に北朝鮮が歩み寄ることは米国にとってプラスではないから、金委員長が外交ゲームに酔いしれているとトランプ大統領の虎の尾を踏む可能性がある。
そこを日本の外交トップも懸念を持ってい見ている」とスタジオコメント。
拉致問題について言及あり。
北京、習近平国家主席、シンガポール・米朝首脳会談の映像。

06/19 22:33 テレビ朝日 【報道ステーション】
北朝鮮・金正恩委員長が3か月の間に3度目の中国訪問。
北京空港で輸送機から降ろされたリムジン。
ジェット機が横付けされ、車列が動いた。
白バイ隊の先導を受けて北京市内を走る金委員長を乗せた車。
米朝会談時に借りたジェット機のお礼や、米国・トランプ大統領との話し合いの結果を報告したと思われる。
訪問の様子をCCTVが放送。
金委員長が平壌に戻る前に映像が公開されるのは異例。
中国外務省・耿爽副報道局長は「中国は適切なタイミングで情報を発表する。
そのときすべてが明らかになる」と述べた。
シンガポール、非核化、習近平国家主席について言及あり。
大連、中国中央テレビの映像。

06/19 22:30 テレビ朝日 【報道ステーション】
中国外務省・耿爽副報道局長が「きょうから朝鮮民主主義人民共和国・金正恩委員長が中国を訪問する」と発表。
中国・習近平国家主席の映像。

06/19 22:06 BS1 【国際報道2018】
北朝鮮・金正恩朝鮮労働党委員長が求めていた『米韓合同軍事演習』の中止。
米国と韓国の両政府は今年8月に予定していた定例の合同軍事演習について中止することで米韓が合意したと発表した。
トランプ政権としては米朝首脳会談を受けて今後更に北朝鮮と交渉を続けるため配慮したものとみられる。
今回の中止について韓国国防省のチェヒョンス報道官は中止がもたらす影響について報道陣から聞かれ、「米国と韓国は緊密に連携している。
国民が不安を感じないようにするために防衛態勢に隙間ができないよう協力していく」と述べた。
今週後半にはマティス国防長官、ポンペイオ国務長官らがこの問題について協議する。
トランプ政権の思惑通り北朝鮮が非核化に向けて行動するのか不透明な中で、各国の立場の違いが浮き彫りになっている。
韓国・カンギョンファ外相のコメント。
韓国KBSTVの映像。

06/19 22:01 BS1 【国際報道2018】
(中継)北京。
習近平国家主席と会談を行った北朝鮮・金正恩朝鮮労働党委員長。
先の米朝首脳会談の内容を直接伝えると共に中国と北朝鮮の関係の一層の強化を確認したものとみられる。
会談には金委員長の最側近の崔竜海副委員長や米朝首脳会談に同席したキムヨンチョル朝鮮労働党副委員長などが出席。
今回の中朝首脳会談について中国外務省・耿爽報道官は、「訪問が中朝関係を更に深め重大な問題における戦略的な意思疎通を強化し、地域の平和と安定の促進に役立つものになることを望む」と述べ期待を示した。
金委員長は米国との交渉が本格化する前に後ろ盾を更に確かなものにしたいという狙いがあるとみられる。
中国CCTV、シンガポール(米国・トランプ大統領)の映像。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.