テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【注目パーソン】
安倍晋三]まとめ (695件/週)

「即位礼正殿の儀」で使う舞台や装束などを公開へ(19/06/20)(再生)

党首討論で及び腰 野党を批判(再生)

【報ステ】党首討論“老後2000万円問題”追及(19/06/19)(再生)

06/20 22:52 BS1 【BSニュース】
即位礼正殿の儀は10月22日午後1時から30分程度、皇居・宮殿「松の間」で行われる。
儀式では天皇陛下が歴代の天皇の即位の儀式などで使われてきた高御座に上りお言葉を述べられる。
前回、平成への代替わりでは「松の間」の前庭で首相が万歳の発声を予定されていたが、当時の海部首相が憲法の国民主権の原則を踏まえて「松の間」で万歳を行う形をとっていて、今回も同様の形式となった。
同日に実施される祝賀パレード「祝賀御列の儀」については、午後3時半に皇居を出発し約30分で赤坂御所に戻る。
10月下旬に計4回行わる祝宴「饗宴の儀」のうち初回の22日は午後7時20分~11時前までの予定で、着席形式で行われる。
平成への代替わりの際は4日続けて7回開かれたが、今回は天皇皇后両陛下のご負担も考慮して連日の開催は取りやめ、2回目以降は25日、29日、31日に開催。
儀式で使われた「高御座」などは年末~来年にかけての一定期間、東京と京都で無料公開。
安倍首相は祝賀パレードについて「当日が台風など悪天候の場合を想定し予備日を設けることについて、10月26日土曜日を軸に今後具体的に検討していく。
各式典がつつがなく整然と行われるよう精力的に検討を進めていく」と述べた。
政府の式典委員会の映像。

06/20 21:49 BSフジ 【プライムニュース】
視聴者からの質問、メッセージ。
『台湾の独立とは具体的にどのような状況を意味しているか』。
駒澤大学法学部教授・三船恵美「中国が固持している1つの中国原則を離れること」。
『日米はインド太平洋戦略に韓国を今後組み入れる努力をするか、除外したままで行くか』。
日本戦略研究フォーラムシニアフェロー・元陸将・渡部悦和「本音と米国の原則は違うと思う」。
文政権について言及。
『安倍首相のイラン外交について米国議会の評価は』。
産経新聞ワシントン駐在客員特派員・古森義久「米国議会そのものから明確に肯定や否定の声は知る限り出てきていないが1つの手がかりとしてウォールストリートジャーナルの記事が割合批判的な論調の記述をした。
かけ橋外交の限界を感じた」。
タンカー攻撃、ポンペオ国務長官について言及。

06/20 21:33 NHK総合・東京 【ニュースウォッチ9】
3年前に脱北し韓国に亡命した北朝鮮元高官・テヨンホにインタビュー。
テヨンホは、拉致の問題について「日本側の大胆な決断が必要だ」と指摘し「日本政府が先に何かを与えなければ、キムジョンウン委員長は申し出にも応じない」「北朝鮮は普通の国ではない。
米国は元大統領が積極的に仲介役を務めてきた。
安倍首相も非公式なチャンネルをつくるべき」「日本はこの地域の将来の安全保障に関して、重要な役割を果たす国のひとつ。
キム委員長に対し“核兵器を放棄しない限り将来はない”と明確に伝えるべき」と述べた。
民主国家、中国・習主席、G20、米中について言及。
米国・カーター元大統領、クリントン元大統領の映像。

06/20 20:59 BS11 【報道ライブ インサイドOUT】
やはり野党党首が安倍首相を追及したのは、老後資金2000万円問題であった。
安倍首相の姿勢を問題にした、枝野幸男立憲民主党代表。
終盤国会での内閣不信任案の扱いは。
参院選の戦い方を聞く。
「枝野幸男立憲民民主党代表に聞く!」。
ゲストは、立憲民主党・代表・枝野幸男、一橋大学・教授・中北浩爾。
党首討論の映像。
国民民主党・玉木代表、安倍首相、立憲民主党・枝野代表のコメント。

06/20 20:27 BSフジ 【プライムニュース】
今月1日、米国国防総省が「インド太平洋戦略報告」を発表。
この中で中国を「修正主義国家」、ロシアを「復活した悪意ある勢力」、北朝鮮を「ならず者国家」とした上で、「自由で開かれたインド太平洋の秩序維持」「米国軍の統合運用を含む態勢強化」「米国製兵器の売却を通じた同盟、友好国の防衛力整備。
多国間協力を進める」としている。
ご意見・質問募集:「米国『インド太平洋戦略』と日本の安全保障について言いたい事、聞きたい事」。
産経新聞ワシントン駐在客員特派員・古森義久は「トランプ政権になり対中政策を根幹から変えるという基調が決まった。
背景にはすでに出ている国家安全保障戦略、国家防衛戦略がある。
よく読むとロシアと中国が非常に危険な勢力で、戦後長い間米国が先導して築いてきた国際秩序を根底から武力行使も辞さずに崩そうとしている」とスタジオコメント。
オバマ政権、戦争、東アジア、国務省、議会、ベトナム・ダナン、APEC、インド、オーストラリア、安倍首相、外務省、朝鮮半島、モンゴルに言及。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.