テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
トップへ
【注目パーソン】
安倍晋三]まとめ (602件/週)

日・スペイン首脳会談 北朝鮮問題で連携強化を確認(18/10/17)(再生)

安倍首相、防衛力「未来の礎」 自衛隊明記の憲法改正に意欲(再生)

消費税10%まで1年 何が何でも税率上乗せしない 戦う札幌の定食屋とイートイン問題 (18/10/16 20:17)(再生)

10/17 07:56 テレビ朝日 【グッド!モーニング】
安倍総理が来週中国訪問。
きょうのキーワード「天皇訪中秘密工作」。
トウ小平は1978年の日本訪問で福田総理ら政府要人や企業経営者と面会。
皇居・宮殿「竹の間」で天皇陛下と会見。
戦後、中国指導者との会見は初めて。
天皇陛下は「我が国はお国に対して数々の不都合なことをして迷惑をおかけし心から遺憾に思います」と述べられた(田中清玄自伝)。
昭和天皇訪中の検討を始めたトウ小平は大物フィクサー・田中清玄を頼った(城山英巳)。
1980年、トウ小平は人民大会堂で田中清玄と会談。
外務省には伝えず、随行は秘書だけの極秘会談。
田中が当時の皇太子さまの訪中を持ちかけると、トウ小平は即座に「ぜひやりましょう」と答え、「昭和天皇のご訪中も歓迎します」と語った。
新聞社の北京特派員が驚愕。
中国国営中央テレビが右翼の大物の訪中を伝え、特派員は初めて事態を認識した。
田中はその後、6回訪中。
結果的に昭和天皇の訪中は実現しなかったが、1992年に今の天皇陛下の訪中が実現。

10/17 07:50 フジテレビ 【めざましテレビ】
ヨーロッパ3カ国を歴訪中の安倍首相は、日本時間のきょうスペインを出発しフランスへ向かう。
フランスではマクロン大統領と首脳会談を行い、関係強化を図る考え。

10/17 07:14 TBSテレビ 【あさチャン!】
国や大阪府などから補助金を騙し取ったとして逮捕起訴された森友学園・籠池夫妻。
妻・諄子被告がきょう発売される手記「許せないをゆるしてみる籠池のおかん「300日」本音獄中記」(双葉社)でも明らかにした拘置所生活を激白した。
夫妻が再会できたのは逮捕から3か月後だった。
豊中市の自宅は今年7月に競売で落札され、いつ追い出されてもおかしくない状況だという。
先月総裁選挙を前に安倍首相の演説を聞きに東京を訪れていた。
森友学園前理事長・籠池泰典被告は「僕はあの中で耐えればいいと。
国が思惑があってその人間を捕まえる国策。
(補助金詐欺は今後)果たして誰が主導権を握って対応してきたのかということがはっきりしてくると思う。
資産は全部押さえられた。
(第4次安倍内閣について)あれは失敗」とコメント。
諄子被告のコメント。
大阪市内、籠池被告の家宅捜索、諄子被告が描いた独居房の間取り図、東京・秋葉原の映像。
資料・大阪拘置所内。
♪「君恋し」。
消費税、国会、モリカケ問題について言及。

10/17 07:09 テレビ朝日 【グッド!モーニング】
サウジアラビアの記者が行方不明になっている事件。
総領事館の捜査で、記者が殺害されたことを示す確かな証拠を発見したと、AP通信が報じた。
サウジアラビア総領事館ではトルコとサウジの合同捜査。
目的はサウジアラビア人記者・カショギの行方不明をめぐる真相究明。
CNNは「サウジ側はカショギ記者が尋問中に誤って死亡したと認める準備を進めていると情報筋が語った」と報道。
SABAH紙のサイトより、殺害の日に空港で撮影された15人を紹介。
トルコ地元紙・SABAH「皇太子が編成したチームで軍所属が7人いる」。
サウジアラビア・ムハンマド皇太子が実行犯を編成か、皇太子は改革派として知られる。
国際開発センター研究顧問・畑中美樹によると、意に沿わない人物を大量に拘束。
畑中美樹は「政治的解決策ですよね」と電話コメント。
米国・ポンペオ国務長官がサウジ入り。
トルコメディア・TRTは「陰で糸を引くのは誰か?」。
キヤノングローバル戦略研究所研究主幹・元外交官・宮家邦彦は「トルコからやたら情報が出ている」とスタジオコメント。
ポンペオ国務長官、ムハンマド皇太子のコメント。
トルコ・イスタンブール、総理官邸、安倍晋三総理大臣、サウジアラビア・リヤドの映像。

10/17 07:03 NHK総合・東京 【おはよう日本】
ベルギーで開かれるASEMに合わせてヨーロッパ3か国を訪問する安倍首相がスペイン・マドリードに到着した。
ことし6月に就任したスペイン・サンチェス首相と初めての首脳会談に望んだ。
会談で両首脳は、両国の関係を“戦略的パートナーシップ”に格上げすることで合意した。
またすべての不公正な貿易慣行を含む保護主義と闘うとして、ルールに基づく多国間の自由貿易体制を推進し、WTO(世界貿易機関)の監視、紛争解決機能の強化に向けた改革に取り組むことで一致した。
さらに両首脳は北朝鮮の非核化や拉致問題の解決へ国連安保理決議に基づく制裁措置の完全に履行することや、国際法に基づく自由で開かれた海洋秩序の強化の重要性を確認。
安倍総理としてはG7以外の国々とも連携。
自由貿易体制の強化へ国際世論形成したい考え。
明後日開幕するASEMアジア・ヨーロッパ首脳会合でも世界貿易機関の具体的な改革を掲げ、各国の賛同を得たい考えでその発信力が問われる形となる。
マドリード、北朝鮮・金正恩委員長、米国・トランプ大統領の映像。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.