テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【注目パーソン】
蓮舫]まとめ (15件/週)

10/17 12:58 フジテレビ 【バイキング】
台風被害をめぐり物議を醸している自民党・二階幹事長の発言について。
二階幹事長は13日の自民党の緊急役員会にて「予測されているいろいろ言われていたことから比べるとまずまずに収まったという感じ。
それでも相当な被害が広範囲に及んでいるわけでありますから、そうしたことに対する対策を早急に打っていかなくてはならない」。
この発言を受けて菅官房長官は「与党幹部の発言一つ一つに政府の立場でコメントは控えたい」。
参議院・予算委員会で安倍首相は「発言の中身について詳細に承知をしていないのでコメントは控えたい」。
立憲民主党・杉尾秀哉は「信じられない発言だと思うし私には憤りしかない」。
安倍首相は二階の発言を承知していないという言葉に審議は紛糾。
蓮舫は「知らないっておかしいでしょ、総理だけが」。
自民党・金子原二郎は「そういうふうに捉えていないと答弁すればいいのではないか」。
その後、安倍首相は「承知をしていないからコメントはできないが、私たちはとにかくこの程度でよかったということは全くない」。
おととい午前10時半ごろ、二階幹事長は「発言は撤回するもしないもない」。
しかしその日の夕方、二階は「被災をされた皆さまに誤解を与えたとすれば表現が不適切であったと考えている」と述べ、事実上の発言撤回。
政治評論家・有馬晴海、薬丸裕英、横澤夏子、岩尾望(フットボールアワー)のスタジオコメント。

10/16 07:15 TBSテレビ 【あさチャン!】
自民党の二階幹事長は台風19号の被害について「まずまずには収まった」と発言したことについて発言を事実上撤回した。
被災者から怒りの声。
被災者は「そういう問題ではない」「またか。
少し考えてから発言した方がいい」。
立憲民主党・杉尾秀哉参院議長は「(二階の)この発言を聞いて総理はどう思った?」、安倍首相は「発言の詳細について承知していないのでコメントは控えたい」「一人でも多くの人たちに一日も早く不安のない生活を取り戻すことができるように全力を尽くす」「私たちはとにかくこの程度でよかったということは全くない」。
答弁の約1時間後、二階幹事長は「今後、災害復旧に全力を注いで参る決意」。
きのうの午前の会見では発言を撤回せず。
しかしこの会見から約7時間後、二階幹事長は「表現が不適切であった」と述べ、発言を事実上撤回した。
自民・緊急役員会、参議院・予算委員会の映像。
蓮舫、自民党・金子原二郎参院議員のコメント。

10/15 22:53 BS1 【BSニュース】
国会ではきょうから参議院予算委員会で質疑が始まった。
立憲民主党・福山幹事長は文化庁が愛知県で開催された国際芸術祭に補助金を交付しない決定をしたことについて、「すでに採択された補助事業が不交付になるなら、事業の開催を守るため政府の方針に少しでも反するような表現は自己検閲する力が働く。
日本の文化行政として不適切」と指摘。
文化庁・宮田長官は「今回の補助金の不交付の理由は展示会場の安全や事業の円滑な運営を驚かす重大な事実について、文化庁にまったく申請しなかった。
不交付決定を見直す必要はない」と答弁。
安倍首相は「公金の支出について、それが正しいかどうか、税金を使うわけだから、その観点から文化庁において答弁した」と述べた。
また、立憲民主党は経済産業省所管の「クールジャパン機構」など官民ファンドが巨額の累積赤字を抱えているとして対応をただした。
立憲民主党・蓮舫参議院幹事長は「誰も責任をとらず、国民の財産が毀損された時、誰もいないとなったら国民に説明がつかない。
壮大な実験はやめてそろそろ出口に向かうべき」と指摘。
安倍首相は「原資は国の予算である以上、無駄に使われることが決してあってはならない。
特に累積損失の大きなものについて本年4月、損失解消のための新たな計画を策定。
今後は進ちょくを厳しく検証し、仮に改善が見られない場合、事業や組織の抜本的見直しも含めた業務運営の徹底した見直しを行う方針」と答弁。
一方で、「官民ファンド全体でみれば損失を大幅に上回る5800億円の利益を上げている」と述べた。

10/15 19:48 NHK総合・東京 【ニュース7】
国会では、きょうから参議院の予算委員会で質疑が始まった。
文化庁が愛知県で開催された国際芸術祭に補助金を交付しない決定をしたことについて立憲民主党・福山幹事長は「すでに採択された補助事業が不交付になるなら、事業の開催を守るため政府の方針に少しでも反する表現は自己検閲する力が働く。
文化行政としては不適切」、文化庁・宮田長官は「今回の補助金の不交付の理由は、展示会場の安全や事業の円滑な運営を驚かすような重大な事実について、文化庁に全く申請しなかった。
不交付決定を見直す必要はない」、安倍首相は「公金の支出が正しいかどうか税金を使うわけだから、文化庁において先ほど答弁したということだ」。
経済産業省が所管する、クールジャパン機構などの官民ファンドが巨額の累積赤字を抱えていることについて立憲民主党・蓮舫参院幹事長は「誰も責任を取らないのでは国民の財産が毀損されたとき、誰もいないとなったら説明がつかない」、安倍首相は「損失解消の新たな計画の進捗を厳しく検証し、仮に改善が見られない場合には事業や組織の抜本的見直しも含めた業務運営の徹底した見直しを行う方針」。
一方で、「官民ファンド全体でみれば損失を大幅に上回る5800億円の利益を上げている」と述べた。

10/15 16:10 NHK総合・東京 【国会中継】
参議院予算委員会質疑のもようを伝える。
予算委員長は金子原二郎。
質問者:立憲国民新緑風会社民・蓮舫。
答弁者は副総理・財務大臣・麻生太郎、内閣総理大臣・安倍晋三、経済再生担当大臣・西村康稔、行政改革担当大臣・武田良太、内閣官房副長官・岡田直樹、経済産業大臣・菅原一秀、クールジャパン戦略担当大臣・竹本直一、農林水産大臣・江藤拓、復興担当大臣・田中和徳、沖縄北方対策担当大臣・衛藤晟一。
消費税増税、行政改革、官民ファンド、クールジャパン機構、ライブハウスへの投資、CJ機構株主(バンダイナムコHD、電通、パソナ、三越伊勢丹HD、H2Oリテイリング、フジメディアHD)、利益相反(ソニーミュージックエンタテインメント、ZEPPホールネットワーク)、A-FIVE、農林漁業成長産業化支援機構、原子力被害の風評被害対策、沖縄ラフ&ピースマザー、吉本興業、普天間返還跡地、大阪G20、ジャパンディスプレー(日立、ソニー、東芝)、産業革新投資機構について質問。
(中継)参議院第1委員会室。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.