テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【注目パーソン】
文在寅]まとめ (267件/週)

「GSOMIA」破棄 冷え込む日韓...“韓国人観光客が6割”福岡も影響深刻 (19/08/23 21:10)(再生)

韓国GSOMIA破棄でポンペオ米国務長官「韓国には失望した」(再生)

「よくやった!」「連携を揺るがす」韓国では賛否(19/08/23)(再生)

08/25 10:00 TBSテレビ 【サンデージャポン】
韓国・文在寅大統領が軍事機密を共有するための協定「GSOMIA」を破棄すると発表。
これに対し日本、米国は批判。
「GSOMIA」の解説。
破棄発表から2日後、北朝鮮は短距離弾道ミサイルとみられる飛翔体2発を発射。
文大統領の最側近に疑惑。
カナダ・オタワの映像。
デイリーNKジャパン編集長の高英起のコメント。

08/25 09:22 NHK総合・東京 【日曜討論】
きのうも弾道ミサイルを発射した北朝鮮。
今月行われた米国韓国合同軍事演習への牽制や、日米韓3か国の連携に揺さぶりをかける狙いがあるとみられ、この1か月で飛翔体の発射を7回繰り返している。
北朝鮮は16日に発表した談話の中で、韓国・文在寅大統領が米朝の非核化協議の再開と南北の経済協力を呼びかけたことに対し、「まれに見えるずうずうしい人物。
再び対話に向き合う考えもない」と、呼びかけに応じない姿勢を示している。
金正恩朝鮮労働党委員長の映像。

08/25 09:12 NHK総合・東京 【日曜討論】
GSOMIA破棄、悪化する日韓関係は。
中部大学特任教授・元経済産業省貿易管理部長・細川昌彦は「いくつか文在寅政権の意図があると思う。
国内の対立も大事な要素。
元々、文在寅大統領自身が日米韓の連携よりも南北融和を優先するという基本思想の人だから、それが露呈したということ。
もう1つ大事なのは、日本側の輸出管理の措置に対して撤回を求めると。
そのために米国を動かすカードとしてこれを使おうと。
こういうところがもう1つの要素だと思う。
私が申し上げたいのは大変な思い違いを韓国側はしている。
ホワイト国からの除外に対して、あたかも安全保障の友好国でないかのように扱われたように受け止めている。
これは全くの誤解。
安全保障の観点の友好国でない国でもホワイト国に入っている。
逆に安全保障の友好国としてGSOMIAを締結しているような国に対してでも、ランクで言えば韓国よりも下のランクで輸出管理を扱っている。
輸出管理の信頼度に応じてホワイト国かどうかを見定めているにも関わらず、あたかも安全保障の友好国かどうかというメルクマールだと彼らは思い込んでいる。
これは非常に大きな思い違いだと思う」とスタジオコメント。

08/25 08:27 テレビ朝日 【サンデーLIVE!!】
安倍首相、文在寅大統領、金正恩朝鮮労働党委員長、トランプ大統領の写真。

08/25 08:07 TBSテレビ 【サンデーモーニング】
米国・ポンペオ国務長官が韓国側のGSOMIA破棄を異例との強い言葉で批判。
北朝鮮のミサイル発射情報などを日米韓が共有することを目的として制定された軍事情報包括保護協定(GSOMIA)。
米国・国務省は22日、同盟国の安全保障上の利益に悪影響を及ぼすことなどを繰り返し文在寅政権に伝えてきたと韓国側を厳しく批判。
これに対し金国家安保室第2次長は米国と緊密に連携を取っていると説明。
こうした中、日米韓の連携を揺さぶる動きがあった。
24日、北朝鮮が短距離弾道ミサイル2発を発射。
岩屋毅防衛相「情報の共有に問題はない」としているが、GSOMIAの連携が大きく揺らいでいる。
防衛省の映像。
軍事ジャーナリスト・黒井文太郎のコメント紹介。
寺島実郎「どちら側にしても自殺行為。
政治リーダーが主導する形で対立しているのも問題」、法政大学総長・田中優子、元外務事務次官・薮中三十二(立命館大客員教授「グローバル寺子屋薮中塾」で若者を指導)、コリアレポート編集長・辺真一「文大統領への評価も韓国内は真っ二つ。
まったくホワイト国除外の対抗措置」、松原耕ニのスタジオコメント。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.