テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【いま政治は】
政治家と秘書の関係を考える] (6件/週)

09/13 21:26 BS11 【報道ライブ INsideOUT】
政治家と秘書の関係を考える
内閣府副大臣・松本文明は「一緒に政治に立ち向かっていく。
秘書もつらいが政治家もつらい。
それを支援した後援者はもっとつらい。
事務的な関係で秘書をお願いするみたいなことでは、とても務まる仕事ではない」とスタジオコメント。
政治ジャーナリスト・角谷浩一は「派閥が明確にあるところは、派閥として新人に派閥の中の引退をした政治家の秘書をあてがう。
教育係として送り込んでくれる仕組みがある」とスタジオコメント。
資料・首相と秘書(池田勇人、伊藤昌哉、田中角栄、早坂茂三、小泉純一郎、飯島勲)。
枝野幸男について言及。

09/13 21:10 BS11 【報道ライブ INsideOUT】
政治家と秘書の関係を考える
政治ジャーナリスト・角谷浩一は「仕組みが分かるというのはとても大事。
先を読むのも秘書の仕事である。
自民党はインターン制度を導入している」とスタジオコメント。
内閣府副大臣・松本文明は「地域代表として出てくるので、地域が今どのような悩みを抱えて、どのような夢を持っているのか。
その夢を引き継いでやっていくという地域代表としての責任もある」とスタジオコメント。
高橋一郎、松本文明(秘書時代)の映像。
資料・秘書の種類(公設秘書、私設秘書)、秘書の仕事。
衆議院議員・秘書ノートを紹介。
ケネディ元大統領について言及。

09/13 21:00 BS11 【報道ライブ INsideOUT】
政治家と秘書の関係を考える
6月に報じられた豊田真由子衆議院議員の秘書への暴言、暴行。
きょう発売された週刊新潮では、これまで公開されていなかった部分の音声データが報じられた。
今年5月、豊田議員から暴言や暴行などを受けたとして、元秘書が被害届を提出。
元秘書が支援者へのバースデーカードの発送先を間違えたことがこの騒動の引き金になったと言われている。
政治ジャーナリスト・角谷浩一は「もちろん使うべき言葉ではないし、言うべき言葉ではないかもしれないが、秘書にしか言えないということが政治家の思いである。
秘書はその議員と二人三脚をすることが大前提」とスタジオコメント。
内閣府副大臣・松本文明は「論外である。
秘書として扱っておらず、単なる運転手。
上から目線で発言をしている。
人間関係の中で、信頼とか同士とか感じられない一方的暴言になっている。
自民党、政党への支持率下落に拍車をかけた発言だった。
秘書がこの人についていくという信頼が最初から全くなかった」とスタジオコメント。
週刊新潮の映像。
豊田真由子衆議院議員の音声。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.