テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【いま政治は】
自民党・下村選対委員長・憲法改正・臨時国会で議論進めるべき] (7件/週)

09/22 09:41 BSジャパン 【NIKKEI 日曜サロン】
日本経済新聞・論説フェロー・芹川洋一が国民民主党代表・玉木雄一郎に聞く。
憲法改正議論にどう臨むか。
自民党、通常国会、立憲民主党、参議院選挙、公明党、立憲民主党、自衛隊、同性婚に言及。
「国民的関心はそう高くないので優先順位としては女性の一人暮らしの国民年金が減っている問題にもっと向き合うべきだと思うが憲法の議論もきちんとやっていこうとの立場なので国会で議論していきたい。
議論するにあたっては国の最高法規なので数の力で押し切るのではなくある程度合意した場で審議していく。
与党も丁寧な議論を心掛け、野党もいたずらに審議拒否しないこと。
国民投票法案の見直しは必要。
CM広告規制は入れないとお金を持っている政党や団体がテレビ、ネット広告を打って誘導することも可能になる。
9条の自民党案は百害あって一利なし。
自衛権の範囲が明らかに広がる。
説明して国民的合意を取らなければ」とスタジオコメント。

09/22 09:18 NHK総合・東京 【日曜討論】
菅義偉内閣官房長官は、憲法改正について「自民党は自主憲法制定という党是の中でできた政党。
時代がこれだけ変わった。
変えなければならないことはたくさんあるから、そういう意味で自民党は4項目を議論したい。
それぞれの政党が国会の憲法審査会の中で議論を深めて頂きたい。
世論調査も審査会で議論はすべきというのが70%位ある。
そこから始まっていくと思っている」、今後の政治について「(ポスト安倍を期待する声もあるが)そのことについては全く考えていない。
私自身のやるべきことは経済再生、外交、安全保障再構築、社会保障。
その中で観光とか携帯電話とか、国民から見て当たり前でないものがたくさんあった。
そうした関係省庁縦割りのことをまとめて政治を推進していくのが私の役割だと思っている」とスタジオコメント。

09/21 21:53 BSフジ 【プライムニュースSUPER】
「プライムニュース」20日放送。
先週、第4次安倍再改造内閣が発足した。
安倍首相が目指す憲法改正や、対立が激化する日韓関係など内政や外交の様々な課題について。
先週末に行った世論調査で次の総理に最も相応しいと思う政治家を聞いたところ、1位・安倍晋三、2位・石破茂、3位・小泉進次郎、4位・菅義偉、5位・河野太郎、6位・岸田文雄、7位・枝野幸男。
自民党元幹事長・石破茂は「総理総裁というのは手段であって目的じゃない」とスタジオコメント。
政府は新たに設立した全世代型社会保障検討会議の初会合を行った。
憲法改正について、安倍首相は「党大会で承認された党としての意思になっている思う」と発言。
改憲4項目「自衛隊の明記」「緊急事態条項」「合区の解消」「教育無償化」。
時事通信解説委員・山田惠資は「次のポスト安倍が誰であろうが世論のほうが勢いがあるから、そちらのほうに流れていく可能性がある。
そこの議論を立ち上げていくということを石破に議論あり方として求めていきたい」とスタジオコメント。
次の総裁選挙の最大の焦点は安倍政治の継承をするかしないか。
消費税、法人税、所得税、資産課税、自民党に言及。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.