テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【いま政治は】
共謀罪・一般人は関係なし?「捜査対象になる」と明言] (21件/週)

04/21(金) テレビ朝日 【報道ステーション】
共謀罪・一般人は関係なし?「捜査対象になる」と明言
共謀罪法案の審議。
衆議院法務委員会で、民進党は求めていないが与党と日本維新の会の賛成多数で法務官僚の出席を決定。
質疑で焦点となったのは、共謀罪法案は一般の人は対象にならないのか。
例えば自然環境や景観の保護などを訴えるため座り込みを計画した団体について、金田勝年法務大臣は衆議院本会議で「共同の目的が正当な目的にあると考えられ、処罰の対象となることはない」と述べていた。
民進党・山尾志桜里衆議院議員が「目的の正当性を判断するのは誰か」と質問し、金田大臣は「組織的犯罪集団に該当するか否かの認定および判断は捜査機関が行う」と述べた。
逢坂誠二衆議院議員は「捜査対象になるかならないかは非常に大きな不安」、盛山正仁法務副大臣は「一般人が対象にならないということにはならない」と述べた。
生物学者・青山学院大学教授・福岡伸一が「人だけでなくサル、ゾウ、昆虫、アリ、ハチも社会、ルールを持っている。
先回りしてルールが個体の自由や心の変動を規制するものは生物学的にあり得ない」とスタジオコメント。

04/21(金) NHK総合・東京 【ニュースウォッチ9】
「テロ等準備罪」新設法案・“一般人への調査は限定的に”
国会で審議が進められている共謀罪の構成要件を改めてテロ等準備罪を新設する法案。
衆議院法務委員会で、盛山法務副大臣は「捜査を進める中で、一般人を対象に情報収集などの調査を行うことはありえる」としたうえで、「調査は限定的に行われる」との認識を示した。
そのうえで金田法相は「組織的犯罪集団の疑いがある団体と関わりのない人は捜査対象にならない」と述べ、「一般の人が逮捕などの強制捜査の対象になることはない」と改めて強調した。

04/21(金) フジテレビ 【みんなのニュース】
テロ等準備罪・一般団体も対象?答弁に食い違いが
衆議院法務委員会で、共謀罪の構成要件を改めたテロ等準備罪を巡る国会審議。
議論がかみ合わない中、民進党・枝野議員はテロ等準備罪の対象に著作権法違反が含まれていることを質した。
あくまでも一般団体は対象でないと強調する法務省官僚。
しかし、盛山正仁法務副大臣からは「対象にならないということいはならない」と逸脱した発言も。
一般団体とテロ集団の境界線について、明確な答弁が求められる中、今後の議論が注目される。
金田勝年法務大臣、民進党・階猛議員、枝野幸男議員、逢坂誠二議員、法務省・林真琴刑事局長のコメント。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.