テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【いま政治は】
後援会関係者850人参加・首相・招待者推薦に関与は?] (5件/週)

11/14 13:15 TBSテレビ 【ひるおび!】
平成29年の「桜を見る会」の参加申込みを紹介。
今年の申し込みにはコピーして使用してくださいと書かれている。
政治アナリスト・伊藤惇夫、元東京地検特捜部副部長・若狭勝が解説。
国会答弁、自民党、民主党政権、安倍総理、名簿に言及。

11/14 12:47 TBSテレビ 【ひるおび!】
「桜を見る会」をめぐる変化。
これまでの政府の説明では、先週金曜日参院予算委員会で、安倍首相は、「招待者の取りまとめ等には関与していない」とコメント。
きのう野党主催のヒアリングで、内閣府担当者は、「総理室というか事務所に最終的に確認して、推薦をいただいている」とコメント。
これまでの政府の説明では、おとといの野党主催のヒアリングで、内閣府の参加者名簿は、保存期間1年未満の文書で「桜を見る会」終了後速やかに廃棄。
きのう野党主催のヒアリングで、総務省や文科省は、推薦者名簿を10年間保存。
政治アナリスト・伊藤惇夫は、「廃棄しましたという発言は、不自然な気がする」とスタジオコメント。
これまでの政府の説明では、おとといの野党主催のヒアリングで、テロ対策強化や参加者に応じた飲食提供など、予算額を上回る経費がかかる。
しかし招待状を持つ人は、(会場で)本人確認することはない。
元東京地検特捜部副部長・若狭勝、柔道家・野村忠宏のスタジオコメント。

11/14 12:41 TBSテレビ 【ひるおび!】
政治アナリスト・伊藤惇夫、元東京地検特捜部副部長・若狭勝の紹介。
「桜を見る会」は、1952年から始まる。
当時の首相は、吉田茂首相。
主催は、首相。
首相が各界で功績、功労のあった方々を招き、日頃のご苦労を慰労し、親しく懇談する内閣の公的行事。
招待範囲:皇族、各国大使、国会議員、「その他各界の代表者等」。
参加者は誰が決めるのか:各省庁の意見をふまえ、内閣官房、内閣府が最終的にとりまとめ。
参加費:無料(食事やお酒など)。
費用:国の予算(税金)。
今年の参加者は、約1万8200人、うち安倍首相の後援会関係者は850人。
政治アナリスト・伊藤惇夫は、「これ850人だけじゃ収まらない、昭恵夫人枠というのがある、実際ツイッター、ブログなどを見ていて昭恵夫人の会合に出たからその縁でよばれたと書いている」とスタジオコメント。
新宿御苑の映像。
政治アナリスト・伊藤惇夫、「宣伝会議」取締役メディア情報統括・田中里沙、柔道家・野村忠宏、元東京地検特捜部副部長・若狭勝のスタジオコメント。
米、農林水産大臣賞、小泉純一郎、後藤田官房長官、政治ジャーナリスト・田崎史郎に言及。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.