テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【いま政治は】
新型コロナウイルス感染拡大・第5便チャーター機の派遣を調整] (19件/週)

チャーター機第5便は16日発 残る希望者帰国へ(20/02/14)(再生)

02/14 12:08 NHK総合・東京 【NHKニュース】
政府はきょうの閣議で検査や治療の体制の強化など緊急の対応策を実施する費用として今年度予算の予備費から103億円を支出することを決めた。
チャーター機で中国・武漢から帰国した人や集団感染が確認されたクルーズ船の乗客乗員を支援するため検査や健康管理などに必要な費用として23億3000万円余りが計上されている。
入国審査や検疫など水際対策の強化に34億円、品薄となっているマスクの増産に向けて設備投資を行うメーカーに対する補助金として4億5000万円が充てられる。
国内の感染対策を強化するため国立感染症研究所に一度に判定できる検体の活動を大幅に増やすシステムを整備する費用のほか、各都道府県に感染の疑いがある人を診察する外来を設置するよう要請しそれを後押しする費用、検査キットや抗ウイルス薬、ワクチンなどの開発に向けた費用も盛り込まれた。
政府は今年度予算の執行に加え、予備費から103億円を支出することを決め対策にかかる費用の総額は153億円。
茂木外務大臣は中国の湖北省から希望者を帰国させるためのチャーター機の第5便をあさって派遣する方向で調整していることを明らかにした。
安倍総理大臣のコメント。

02/14 11:36 TBSテレビ 【ひるおび!】
政府は昨日まとめた新型コロナウイルス感染の緊急対策として、本年度予算の予備費から103億円を支出することを閣議決定した。
国内で初めて感染による死者が出たことを受け、安倍総理は自治体と協力し検査体制を強化していくことを訴えた。
今日、閣議決定された第1弾となる緊急対策では、新型コロナウイルスの簡易診断キットやワクチンの開発などが含まれているが、いずれも実用化には時間がかかるとされている。
政府はこれまで、海外からの感染を食い止めるための水際対策を優先してきたが、国内初の死者が出た今、課題も見えてきた。
国内で感染者が相次いでいることについて、ある閣僚は「こんな身近に広がっているとは驚き」と危機感をあらわにするなど、政権内にも動揺が広がっている。
「こうした状況下では国民への正確な情報発信が大事だ」として、公明党・斉藤幹事長は、安倍総理が記者会見を行い国民に対してメッセージを発信するよう求めた。
また、政府に研究者や専門家を集めた会議を設置し、現状分析や今後の対応について話し合うことも要請するとしている。
こうした中、茂木外務大臣は先ほど、中国・武漢へのチャーター機の第5便を16日に派遣する方向で調整していることを明らかにしている。
(中継)国会記者会館。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.