テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【気になる話題】
混迷続く中東情勢] (104件/週)

モスル奪還作戦大詰め、旧市街の大部分を解放 Iraq forces push deep into devastated Old Mosul(再生)

06/27 23:43 フジテレビ 【ユアタイム】
「モスル奪還作戦」最終局面に「イスラム国」は象徴を爆破
イラク・モスルで、イラク軍幹部は「戦闘はあと数日で終わるだろう」と話し、モスル奪還作戦は最終局面に入った。
「イスラム国」指導者・バクダディ容疑者が国家樹立を宣言した、「イスラム国」の象徴は「イスラム国」側が自ら爆破したという。
「イスラム国」は多数の市民を「人間の盾」としており、一般住民の家に戦闘員が入り、子供や女性を抱えながら攻撃を加えるという。
そのため「イスラム国」の戦闘員は、約300と見られているが、まだ時間がかかると見られている。
放送大学・高橋和夫教授は「モスルの主力はシリアに移動し、今後はシリアが主戦場になる、ISで戦った世界各地からの出身者が出身国に戻り、そこでのテロを心配しなくてはならない」と話した。
フィリピンや、ミンダナオ島のマラウイでは、「イスラム国」に忠誠を誓う、イスラム武装勢力が街を占拠、フィリピン軍は苦戦しているという。
逃げてきた人、人間の盾になっていた人のコメント。
難民キャンプ、「イスラム国」側の映像。
グーグルアース。

06/27 23:12 日本テレビ 【NEWSZERO】
「イスラム国」奪還最終局面・市民語る“人間の盾”の恐怖
過激派組織「イスラム国」のイラクでの最大拠点モスルの奪還作戦が最終局面を迎えている。
市民を“人間の盾”として最後の抵抗を続ける「イスラム国」。
これまでの戦闘で過激派組織「イスラム国」の支配地域は旧市街の中の2平方キロメートル以下にまで縮小。
イラク軍関係者によるとそこに立てこもる「イスラム国」戦闘員は約350人だという。
しかし制圧を阻むものが。
1つは迷路のように入り組んだ路地。
もう1つは戦闘地域に取り残された多くの民間人。
イラク・アルビル郊外にある難民キャンプにはモスルから来た難民が約3万5000人が暮らしている。
モスルから逃げ延びた市民がその恐怖を語った。
自宅を追い出され“人間の盾”として使われたという。
モスルの「イスラム国」支配地域では現在も市民約3万人が“人間の盾”とされていて、空爆など大規模な攻撃ができない状態。
“人間の盾”にされた市民は食料を「イスラム国」戦闘員が独占しているため、猫や草などを食べて飢えをしのいでいる。
さらに「イスラム国」は住宅の床に大きな穴をあけ、その奥に長さ700mのトンネルを掘っていた。
イラク軍はモスル全域の制圧は間近との見方を示しているが、市民を巻き込んでの激しい抵抗は今も続いている。
Google地図。
「イスラム国」の支配地域(ISWより)について言及。

06/27 22:32 テレビ朝日 【報道ステーション】
イスラム国・東南アジアへ・「戦闘員はフィリピンへ行け」
中東から東南アジアへ飛び火したイスラム国の脅威。
去年イスラム国は「シリアまで来られない者たちはフィリピンの組織に加われ」と呼びかけていた。
フィリピン軍によるとシリアなどからイスラム国の戦闘員が入り込んでいる可能性がある。
マレーシアの過激派組織を経由してイスラム国から資金も流れている。
敬愛大学国際学部・水口章教授は「イスラム国が縮小する中で各地に忠誠を誓った人々がいる。
地域地域でイスラム国と同じようなシャリーアに基づく国づくり、領域支配を考え始める。
代表的なものとしてミンダナオ島が挙がってきたのではないか。
ISに忠誠を誓う人々はこれからもテロ行為を行う。
壊滅はできない」と話した。
英国のNGOシリア人権監視団によるとイスラム国がシリア東部で運営する刑務所に米軍が主導する有志連合が空爆を行い、57人が死亡した。
アサド政権も化学兵器による新たな攻撃を準備しているという情報もある。
フィリピン・マラウィの映像。

06/27 22:28 テレビ朝日 【報道ステーション】
イスラム国・東南アジアへ・「戦闘員はフィリピンへ行け」
シリア内戦の激戦地、アレッポの惨状をツイッターで伝え続けた少女、バナアルアベドについて、米国・タイム誌が「インターネット上で最も影響力がある25人」に選出。
シリアやイラクではイスラム国掃討作戦が最終局面。
イラク最大の拠点・モスルでは戦闘員が旧市街に数百人残るのみ。
シリアではイスラム国が首都と位置づけるラッカに米軍から支援を受ける部隊が突入し、市内4分の1を奪還。
かつてトルコ国境付近にまで勢力を広げていたが、シリアとイラクでは支配地域が小さくなり弱体化が進んでいるが、脅威は東南アジアで拡大。
イスラム国に忠誠を誓う武装勢力が先月、フィリピン・ミンダナオ島マラウィを占拠。
政府は戒厳令を発令し、軍を投入。
ドゥテルテ大統領は「全員捕まえて刑務所にぶちこんでやる」と述べた。
武装勢力は人質の市民数百人を人間の盾にして抵抗している。
イラク国防省報道官、一般人のコメント。
英語について言及あり。
Google earth、イスラム国勢力範囲(出典:IHS Conflict Monitor)の映像。
映像:バナアルアベドのツイッターから。

06/27 22:15 BSジャパン 【日経プラス10】
「イスラム国」アジアでの活動を活発に
イラク・モスルはイラクで2番目に大きい都市。
ISはモスルを拠点にしてシリアまで及ぶ広大な勢力圏を築いてきた。
イラク軍は米国軍などの支援を受け、昨年10月ごろからモスル奪還を本格化し、今月半ばにISが潜伏する旧市街に突入した。
しかしイスラム国が一般市民を盾にするなどの暴挙も出る中、イラク軍は慎重な作戦の遂行を迫られている。
ISの苦戦がテロ拡大の懸念につながっている。
インドネシア・スマトラ島、フィリピン・ミンダナオ島でもISに忠誠を誓う武装勢力によるテロが起きている。
日米韓日本経済新聞シニアエディター・村松雅章による解説。
(中継)日経スタジオ。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.