テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【気になる話題】
憲法改正議論] (127件/週)

【選託2017衆院選 第48回衆議院議員総選挙】憲法改正と安保法制 北海道1区と5区(再生)

10/19 09:29 テレビ朝日 【羽鳥慎一モーニングショー】
今日のテーマ「そもそも各党は9条改憲をどうのように考えているのだろうか?」。
衆院選での争点の一つ「憲法9条をの改正」。
憲法9条第1項、2項を紹介。
「戦争と、武力による威嚇または武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する」。
「陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない国の交戦権は、これを認めない」。
各党のインタビュー紹介。
公明党・西田実仁広報委員長は自民党の考えに対して「一概に否定しない」。
自民党の中でもまとまっていない。
多くの国民は現状では自衛隊を憲法の違反であるとは考えていない。
憲法審査会もあるので議論を加速するということが優先すべきこと。
高木美保のスタジオコメント。
公明党がポイントとなる。
きょうのむすび「選挙後に改憲の発議の可能性はかなり高いのでは」。
来年は有権者が自分の意見をもって態度を決めないといけない年になる。

10/19 09:21 テレビ朝日 【羽鳥慎一モーニングショー】
今日のテーマ「そもそも各党は9条改憲をどうのように考えているのだろうか?」。
衆院選での争点の一つ「憲法9条をの改正」。
憲法9条第1項、2項を紹介。
「戦争と、武力による威嚇または武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する」。
「陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない国の交戦権は、これを認めない」。
各党のインタビュー紹介。
立憲民主党・枝野幸男代表は自民党の考えに対して「ノー」とした。
現在の安保法制が集団的自衛権という意見の部分を含んでいる。
自衛隊を明記したら意見の物を追認することになる。
専守防衛の範囲に戻せということを先行しないと議論が進まない。
憲法9条を自己目的化するような議論には乗るつもりはない。
会見自体に反対な指定を摂っているのは社民党、共産党。
日本共産党・山下芳生副委員長は憲法改正について「反対」とした。
軍事的な対応で日本の平和が守られるのではない。
日本が戦争の当事者になる危険性がある。
社民党・福島みずほ副党首は「憲法9条改悪断固反対」とした。
安倍総理は「9条3項に自衛隊を明記する」と言っている。
災害救助の自衛隊ではない。
意見の安保関連法の合憲化なので集団的自衛権の行使。
世界で戦争する自衛隊を明記するということになる。
日本維新の会・松井一郎代表は安倍総理の自衛隊位置づけについて自民党の中でも3項についてはまだ決まっていない。
議論をしたいと思っている。
国際情勢で自衛隊の位置づけは考えていくべき。
公明党・西田実仁広報委員長は自民党の考えに対して「一概に否定しない」。
航空自衛隊提供。
合同軍事演習の映像。

10/19 09:12 テレビ朝日 【羽鳥慎一モーニングショー】
今日のテーマ「そもそも各党は9条改憲をどうのように考えているのだろうか?」。
衆院選での争点の一つ「憲法9条をの改正」。
憲法9条第1項、2項を紹介。
「戦争と、武力による威嚇または武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する」。
「陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない国の交戦権は、これを認めない」。
各党のインタビュー紹介。
自民党・片山さつき政調会長代理は「自衛隊を違憲とする学者がいる以上はきっちりと憲法に位置づけるということが分かりやすくなる」。
野党時代に自民党が作った草案では1項はそのまま、2項は削除して国防軍とする。
しかし自民党は今回は違う案に変わった。
希望の党・松沢成文参院議員は1項、2項はそのままに自衛隊を書き込む案には賛成なのか?情報公開をしっかりするという提案。
どのように変えるかは決めていないとする。
日本のこころ・中野正志代表は「たちあがれ日本」の時代から自主憲法制定できた。
しっかりと「自衛軍を明記すべき」とした。
立憲民主党・枝野幸男代表は自民党に対して「ノー」とした。
映像提供・民間憲法臨調。

10/19 08:54 テレビ朝日 【羽鳥慎一モーニングショー】
香川1区の希望の党候補者・小川淳也は、ホームページで憲法9条について「憲法9条の改悪については明確に反対する」としている。
一方、希望の党の政策協定書には「憲法改正を指示し憲法改正論議を幅広く進める」としている。
自民党候補・平井卓也は「1対1の選挙戦は初めてで足場を固めるのが大変。
小川候補が希望の党に入った時踏み絵にサインしたならその責任を感じるべき」と話している。
希望の党候補者・小川淳也は「希望の党の憲法改正議論の範囲内で造反はない」としている。
政治部デスク・細川隆三、玉川徹は「憲法と変えることではなく“改悪”に反対している。
改憲を議論するという党と、変えるという党がある」、政治部野党キャップ・白川昌見は「小川候補者のように公約と異なることをいっている人は競っている選挙区の候補者であることが多いため、小池代表も穏やかに対応している」、高木美保は「知れば知るほど選ぶのが難しくなる」とスタジオコメント。

10/19 08:52 テレビ朝日 【羽鳥慎一モーニングショー】
希望では党の公約と異なる主張をする候補者も出始めた。
さらに“希望の党”という名前を出さずに戦う戦略の候補も出てきているという。
香川1区の希望の党候補者・小川淳也は同地区候補者の自民・平井卓也と一騎打ち。
小川淳也は街頭演説で「希望の党に入り複雑な思いもある。
民心分裂はしたが元は同じ仲間。
選挙後再合流もある」と発言した。
政治部野党キャップ・白川昌見は「特に民進党から希望の党に移った候補者は信念を変えたと思われるケースがあるため、地域の事情で“希望の党”の名を出さずに戦う人もいる」、政治部デスク・細川隆三、高木美保のスタジオコメント。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.