テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【気になる話題】
憲法改正議論] (74件/週)

06/27 18:21 NHK総合・東京 【首都圏ネットワーク】
<2017都議選>府中市・現職2人・新人2人の争い
先週告示された東京都議会議員選挙は来月2日の投票日に向けて連日激しい選挙戦が繰り広げられている。
府中市(定員2人):鈴木錦治(自民党・現)、柄沢地平(共産党・新)、藤井晃(都民ファーストの会・新)、小山有彦(都民ファーストの会・現)。
鈴木は都政を着実に進められるのは自民党だと訴える。
柄沢は小池都政に是々非々の立場。
藤井は経済専門誌からの転身を目指す。
小山は民進党を離党して立候補した。
鈴木「豊洲問題は立ち止まっている場合ではない」、自民党・丸川五輪相、柄沢は「築地市場で再整備を行うしかない」、共産党・山下副委員長、小池知事は「古い議会を新しくする」とコメント。
東京五輪パラリンピック、憲法改正、安倍政権、公用車、デイサービスに言及。

06/27 17:57 TBSテレビ 【Nスタ】
中継・憲法改正は急ぐ首相・なぜ
(中継)国会記者会館。
政治部官邸キャップ・岩田夏弥による解説。
安倍首相は憲法改正についてこれまでは年内に自民党の案をまとめるという考えを示していたが、土曜日の講演では更に踏み込み、年内に自民党案を国会に提出したいという考えを示した。
この発言についてある官邸幹部は「逆算するとそうしないと間に合わない」と話していた。
臨時国会に改正案を提出して、来年の通常国会で発議するというスケジュールで進めるつもりなんだという事を認めていた。
これには野党側だけでなく、自民党内からも異論が出ている。
自民党の憲法改正推進本部の幹部でもある船田元議員がブログの中で「とにかく改憲勢力が国会の3分の2を占めている時に早く発議してしまおうという考えは国民投票でしっぺ返しを食らうかもしれない。
むしろその可能性が大きい」と指摘している。
民進党・野田幹事長は首相の発言について「全て加計隠しに見える」と非難をしている。
本来落ち着いた環境の中でゆっくり話し合う事が期待される憲法改正論議だが、早くもその先行きは荒れ模様といった状況。

06/27 05:55 BS1 【BSニュース】
自民党・憲法改正推進本部・今後の進め方を協議へ
憲法改正をめぐって安倍首相は先に秋の臨時国会で自民党としての改正案を衆参両院の憲法審査会に提出したいという考えを示した。
これを受けて自民党憲法改正推進本部は近く今後の議論の進め方について改めて協議することにしている。

06/27 05:30 NHK総合・東京 【おはよう日本】
自民憲法改正推進本部・議論の進め方改めて協議へ
憲法改正をめぐり安倍首相は、2020年の施行を目指し秋の臨時国会で自民党としての改正案を衆参両院の憲法審査会に提出したいとの考えを示した。
これを受け、自民党・下村幹事長代行が「遅くとも11月上旬くらいまでにはまとめる必要がある」と指摘するなど、党の憲法改正推進本部で議論を加速させるべきだという意見が出ている。
船田元経済企画庁長官(推進本部・本部長代行)は「慎重に議論を進めるべき」との考えを示した。
党内には「公明党との協議に一定の時間が必要」との指摘などもあり、憲法改正推進本部の幹部が議論の進め方を改めて協議する。

06/27 04:33 NHK総合・東京 【おはよう日本】
自民党・憲法改正推進本部・議論の進め方・改めて協議へ
憲法改正をめぐり安倍首相は、2020年の施行を目指し秋の臨時国会で自民党としての改正案を衆参両院の憲法審査会に提出したいとの考えを示した。
これを受け、自民党・下村幹事長代行が「遅くとも11月上旬くらいまでにはまとめる必要がある」と指摘するなど、党の憲法改正推進本部で議論を加速させるべきだという意見が出ている。
船田元経済企画庁長官(推進本部・本部長代行)は「慎重に議論を進めるべき」との考えを示した。
党内には「公明党との協議に一定の時間が必要」との指摘などもあり、憲法改正推進本部の幹部が議論の進め方を改めて協議する。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.