テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
トップへ
【気になる話題】
拉致問題] (106件/週)

安倍総理が文大統領と会談 日朝会談の実現が重要(18/09/26)(再生)

09/26 12:05 NHK総合・東京 【NHKニュース】
韓国大統領府は文在寅大統領が安倍総理大臣に対し、先週の南北首脳会談で北朝鮮・金正恩朝鮮労働党委員長が拉致問題などをめぐり、適切な時期に日本と対話をし関係改善を模索していく用意があると表明したと伝えたことを明らかにした。
これに対し菅官房長官は午前の記者会見で「日朝首脳会談について現時点で決まっていることは何もない」と述べた。
日韓首脳会談(ニューヨーク)の映像。

09/26 12:02 NHK総合・東京 【NHKニュース】
ニューヨークを訪れている安倍総理大臣は国連総会で一般討論演説を行い、自民党総裁選挙で3選を果たしたことを踏まえ、むこう3年の任期中自由貿易体制の強化に取り組む考えを示した。
また北朝鮮の拉致問題の解決に向け金正恩朝鮮労働党委員長と会談する用意があると表明。
自由貿易体制についてはRCEP(東アジア地域包括的経済連携)の交渉に全力を尽くす考えを示した。
さらにFFR(日米の新たな通商協議)を重視する考えを示した。
一方北朝鮮への対応については「拉致、核・ミサイル問題の解決の先に不幸な過去を清算し国交正常化を目指す日本の方針は変わらない」と述べた。
安倍総理大臣は去年の一般討論演説では割り当て時間の大半を割き、弾道ミサイルの発射や核実験を行った北朝鮮を厳しく批判し圧力強化を呼びかけたが、今回は北朝鮮との対話に前向きな姿勢を示す内容となった。

09/26 11:45 テレビ朝日 【ワイドスクランブル】
ニューヨークを訪れている安倍総理大臣は日韓首脳会談の場で「適切な時期に日本と対話する用意がある」という北朝鮮の金正恩委員長からのメッセージを受け取った。
日韓両首脳は拉致問題の解決に向けて日朝首脳会談の実現が重要との認識で一致。
続いて安倍総理大臣は国連総会で演説し、「拉致問題解決のために北朝鮮の金正恩委員長と直接向き合う用意がある」とアピール。
貿易問題にもふれ自由貿易の重要性を強調した。
韓国・ムンジェイン大統領は南北首脳会談で金正恩委員長から非核化への決意を直接聞いたと明かした。
北朝鮮・李容浩外相は29日に国連総会で演説する予定で、米国・ポンペオ国務長官と会談する可能性がある。
安倍総理大臣の国連総会での演説。
韓国・ムンジェイン大統領の会見。
英国、北朝鮮の非核化、朝鮮戦争の終結宣言に言及。
北朝鮮・平壌の映像。
(中継)米国・ニューヨーク。

09/26 11:31 フジテレビ 【FNNプライムニュース デイズ】
ニューヨーク訪問中の安倍総理は先ほど国連本部で一般討論演説を行った。
安倍総理は演説で「北朝鮮は歴史的好機をつかめるか否かの岐路にある」と非核化に向けた具体的行動を促した。
また、「拉致問題解決のため金正恩委員長と直接向き合う用意がある」と強調。
演説に先立ち行われた日韓首脳会談で韓国・文在寅大統領から「南北首脳会談で金正恩委員長が“適切な時期に日本と対話し、関係改善を模索する用意がある”と表明した」と伝えられる中、改めて日朝首脳会談に意欲を示した。
また安倍総理は「自由貿易体制の強化に向け努力を惜しまない」と述べ、米国とは「ウィンウィンの関係を続けていきたい」として閣僚級協議を重視する姿勢を強調。
こうした中、北朝鮮・李容浩外相が25日、ニューヨークに到着。
取材陣の問いかけには無言だった。
李外相の国連演説は29日に予定されている。
米国・ポンペオ国務長官は滞在中の会談を要請。
2回目の米朝首脳会談に向けた話し合いが行われるか注目される。
安倍総理の演説、日韓首脳会談、南北首脳会談、米国・ポンペオ国務長官、北朝鮮・李外相の映像。
(中継)ニューヨーク。

09/26 10:55 BS朝日 【News Access】
ニューヨークを訪れている安倍総理大臣が国連総会で演説し、自由貿易体制の強化を強調したうえで日本と米国がお互いの利益になる関係を続ける訴えた。
米国との貿易協定=FFRを重視する姿勢も示した。
北朝鮮については不幸な過去を清算し国交正常化を目指す方針は変わらないとしたうえで、拉致問題を解決するため「金正恩委員長と直接向き合う用意がある」とアピールした。
ニューヨークの演説。

09/26 10:31 テレビ朝日 【ワイドスクランブル】
米国・ニューヨークを訪れている安倍総理は国連総会で演説し、自由貿易体制の強化を強調した上で、日米がお互いの利益になる関係を続けるよう訴えた。
米国との貿易協議FFRを重視する姿勢も示した。
北朝鮮については不幸な過去を清算し国交正常化を目指す方針は変わらないとし、拉致問題を解決するため北朝鮮・金正恩委員長と直接向き合う用意があるとアピールした。

09/26 10:10 日本テレビ 【スッキリ】
安倍総理大臣はニューヨークで韓国の文在寅大統領と会談した。
文在寅大統領は、北朝鮮の金正恩委員長が日本と関係改善を模索する用意があるとの考えを示したと明らかにした。
会談で安倍総理は先週行われた南北首脳会談の結果について文在寅大統領から具体的な説明を受けた。
この中で文在寅大統領は、「拉致問題などについての安倍総理のメッセージを金正恩委員長に忠実に伝えた」と述べた上で、「金委員長は適切な時期に日本と対話をし、関係改善を模索する用意があることを明らかにした」と安倍総理に伝えた。
また「日朝首脳会談の実現に協力していく」と述べた。
安倍総理大臣は「拉致問題を含む日朝問題について言及されたことについて、御礼を申し上げたいと思います」と述べた。
安倍総理は拉致問題の早期解決に向けた韓国の協力を改めて求めた。
また両首脳は北朝鮮の非核化に向けて“制裁の維持が必要”との考えで一致した。
米国・ニューヨーク・安倍総理大臣と文在寅大統領の会談、シンガポール・米朝首脳会談の映像。

09/26 10:00 NHK総合・東京 【ニュース・気象情報】
安倍総理は国連総会で一般討論演説を行い、自民党の総裁選挙で3選を果たしたことを踏まえ、自由貿易体制の強化と北東アジアから戦後構造を取り除くことに重点的に取り組む決意を示した。
自由貿易体制の強化について“私は時に国内の激しい議論を乗り越え自由貿易の旗を振った。
とはいえ満足してなどいられない。
自らにドライブをかけさらに遠方を目指す。
”と述べ、RCEP(東アジア地域包括的経済連携)の交渉に全力を尽くす考えを示した。
さらに“日米両国は長年世界の中で自由貿易体制を引っ張ってきた。
ウィンウィン、そんな関係を私は日米の間で続けていきたい”と述べ、日米の新たな通商協議(FFR)を重視する考えを示した。
北朝鮮への対応については“拉致、核、ミサイル問題の解決の先に不幸な過去を清算し、国交正常化を目指す日本の方針は変わらない。
ただし幾度でも言わなくてはならない。
すべての拉致被害者の帰国を実現する。
私はそう決意している。
北朝鮮との相互不信の殻を破り、新たなスタートを切ってキム委員長と直接向き合う用意がある。
実施する以上拉致問題の解決に資する会談にしなければならないと決意している”と述べた。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.