テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【気になる話題】
拉致問題] (10件/週)

11/15 10:54 BS1 【BSニュース】
国連では日本の拉致被害者の即時解放を北朝鮮に求める決議が14日採択され、北朝鮮の人権侵害に対する国際社会の懸念と不満が改めて示された。
決議は“北朝鮮の1090万人の市民が栄養不良の状態におかれ、拷問や収監など人権侵害が行われている”と指摘しているほか、すべての拉致被害者の正確な情報の提供と速やかな解放を求めている。
川村泰久国連次席大使は拉致被害者の即時解放を訴えた。
北朝鮮・キムソン国連大使は拉致問題にはふれず“決議はでっちあげだ”などと主張して採決の直前に退席した。
日本はことし、EU(ヨーロッパ連合)が作成した草案支持をするにとどまり、国連外交筋からは“北朝鮮を過度に刺激するのを避けたのではないか”という見方も出ている。
これについて日本の国連代表部は“日朝関係をとりまく状況を勘案した総合的な判断”だと説明している。
国連本部の映像。

11/15 09:45 TBSテレビ 【グッとラック!】
拉致問題など北朝鮮による人権侵害を非難する決議案が国連で採択された。
例年決議案をEUと共同で提出してきた日本だが、今年は共同提案という消極的な形にとどまった。
理由について政府関係者は日朝関係を取り巻く情勢などを鑑みて判断したと説明しているが日朝首脳会談の実現を目指し北朝鮮に配慮して非難のレベルを下げたものとみられる。
今年の決議案では「拉致被害者の安否と所在に関する情報を提供するよう要求」と新たに盛り込まれた。
ニューヨークの映像。

11/15 09:00 NHK総合・東京 【あさイチ】
国連で日本の拉致被害者の即時解放を北朝鮮に求める決議が採択された。
決議は北朝鮮1090万人の市民が栄養不足の状態に置かれ、拷問や収容所への収監など人権侵害が行われていると指摘しているほか、すべての拉致被害者の正確な情報の提供とすみやかな解放を求めている。
採択に先立って日本の川村泰久国連次席大使は拉致被害者の即時解放を訴え、「拉致被害者が祖国から遠く離れた地で40年以上も救出を待ち続け、家族たちがその帰りを待ちながら苦しみ続けていることを強調したい」と述べた。
これに対し、北朝鮮・キムソン国連大使は拉致問題には一切触れずに「決議はでっちあげだ」などと主張し採決の直前に退席した。
一方、日本はこれまで草案の作成段階から深く関わっていたがことしはEU(ヨーロッパ連合)が作成した草案を支持するのにとどまり、国連外交筋からは「北朝鮮を過度に刺激するのを避けたのではないか」という見方も出ている。
これについて日本の国連代表部は「日朝関係をとりまく状況を勘案した総合的な判断」と説明している。

11/15 04:16 日本テレビ 【Oha!4】
安倍首相が拉致問題などの解決のため前提条件なく向き合うとしている北朝鮮・金正恩委員長との会談。
14日BS日テレ「深層NEWS」では日朝関係の専門家が日朝交渉の進展に必要なことは何かを議論した。
朝鮮大学校・李柄輝准教授、元外務審議官・田中均のコメント。

11/14 22:55 BS日テレ 【深層NEWS】
日朝交渉、今後はどうあるべきか。
日本総研国際戦略研究所・田中均「地道な協議をしていくべきで、結果を作るための交渉をしてもらいたい。
動かなければいけない」。
政治の責任。
表面に出ていることとは別に、水面下で確実に着実な交渉が続いていると信じている。
そうでなくてはいけない。
読売新聞・編集委員・飯塚恵子のスタジオコメント。
米国・トランプ大統領、安倍総理大臣の映像。

11/14 22:43 BS日テレ 【深層NEWS】
10月の米朝実務者協議で北朝鮮側の主席代表を務めた大使は米国側のビーガン大使から再協議の提案があったという事を明らかにした。
田中均は「北朝鮮が再協議しないのはリスクが大きい」、松川るいは「北朝鮮と向き合っているのはトランプ政権だけ。
北はいずれ交渉する気はもともとある」、李柄輝は「年末までに実務交渉の契機になる」と述べた。
ミサイル、核実験、日朝平壌宣言(2002年)、拉致問題について言及。
元外務審議官・小泉訪朝交渉など担当・田中均、本外交官・駐韓日本大使官参事官など歴任・松川るい、朝鮮大学校准教授・李柄輝、読売新聞編集委員・飯塚恵子のコメント。

11/14 22:32 BS日テレ 【深層NEWS】
米国・北朝鮮関係では米国が軍事路線に戻る可能性もある。
日朝会談「前提条件なし」なるのか?安倍首相「前提条件をつけずに日朝首脳会談を目指す方針」、北朝鮮・宋日昊日朝国交正常化担当大使「核・ミサイル・拉致問題が議論されなければならない事自体が前提条件だと思う」とのコメントを紹介。
米国の核の脅威、在韓米国軍、ロシア、中国、ビーガン、トランプ米国大統領、北朝鮮・金正恩委員長、横田、警察、政府認定の拉致被害者、韓国、金正日、平壌宣言、経済協力について言及あり。
朝鮮大学校准教授・李柄輝、日本総研国際戦略研究所・田中均、自民党参議院議員・松川るいのスタジオコメント。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.