テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【気になる話題】
渋谷駅] (69件/週)

首都圏ターミナル駅「外出自粛」で利用者大幅に減少(20/03/30)(再生)

季節外れの雪“32年ぶり” “外出自粛”重なり東京都心閑散(再生)

03/31 06:31 フジテレビ 【めざましテレビ】
JR東日本によると外出自粛要請があった週末は首都圏での鉄道利用者数が激減した。
山手線の利用者数はその前の週末と子らべ約半分で前年と比べると3割にとどまった。
また先週土曜日に改札を通過した人数を前年同月と比較すると東京駅と上野駅が18%、新宿駅が24%、渋谷駅は26%にまで落ち込んだ。
さらに週末の新幹線や特急利用者も去年の約3割ほどだという。
JR渋谷駅の映像。

03/31 00:18 フジテレビ 【FNN Live News α】
新型コロナウイルスの感染拡大をめぐり、首都圏での外出自粛要請の影響で鉄道の利用者が激減した。
JR東日本によると、外出自粛要請があった週末は山手線の利用者数がその前の週末と比べて約半分で、去年の同じ時期と比べると約3割にとどまった。
また、おととい土曜日に改札を通過した人数を去年の同じ時期と比較すると、東京駅と上野駅が18%、新宿駅が24%、渋谷駅が26%にまで落ち込んだ。
JR渋谷駅、JR新宿駅の映像。

03/30 21:59 テレビ朝日 【報道ステーション】
新型コロナウイルス。
週明けの東京、品川駅は満員電車で通勤した人であふれていた。
東京都は時差通勤やテレワークを呼びかけ、必要のない外出は避けるよう訴えている。
外出自粛となった週末、新宿や渋谷駅の利用者は前年同期比7割以上減っていたことが分かった(JR東日本利用者)。
小池百合知事が会見し、夜の街でも感染が拡大していることを明らかにした。
特定業種(キャバレー、ナイトクラブ、バー等)で感染が疑われる人は38人確認され、大半が40代以下(厚生労働省クラスター対策班が整理)。
東京都対策本部会議で厚労省クラスター対策班・西浦博北海道大学教授は「調査に応じて頂けない患者も多い。
積極的に対策を講じなければならないという数の伝播が始まっている」と話した。
東京ではきょう13人の感染が判明。
都はHPでPCR検査をした数を発表。
今週末は感染が相次いだ永寿総合病院を集中的に検査したが、検査結果が判明していない。
カラオケ、ライブハウスについて言及あり。

03/30 21:13 NHK総合・東京 【ニュースウォッチ9】
週末の不要不急の外出の自粛などが呼びかけられた東京。
週末の人出の減少はビッグデータでも明らかに。
携帯電話の位置情報などで都内にいた人の数を推定(データ:アグープ)。
JR東日本によると、この土日の駅別の利用状況は去年同時期比、東京駅で82%、新宿駅で76%など大きく減少。
東京メトロも全9路線の利用者が70%~80%減っていたことが分かった。
土日を合わせた人の数を23区ごとに比べた場合、都心部が大きく減り、その外側の区が増えていた。
都心部では、前週に比べて千代田区で40%、渋谷区で28%、人が減ったと推計。
分析結果について、東京大学・関谷直也准教授は「感染症防止の観点からすると、効果があったのではないか」と評価した一方、「平時、平日も続けてもらわないといけない」と指摘。
渋谷駅前の映像。
山手線について言及。

03/30 19:53 BS1 【BSニュース】
新型コロナウイルスの感染拡大で外出の自粛が呼びかけられた週末、東京都内の人出はどう変化したのか。
先週金曜日午後7時、東京・渋谷のスクランブル交差点は行き交う人で混雑。
ビッグデータでも変化が見られた。
外出自粛が呼びかけられたおととい土曜日は人が少ないように見える。
携帯電話の位置情報で都内にいた人数を推計。
青色のエリアは28日が21日比べて人が減っていることを表している。
都心部の鉄道のターミナル駅を中心に広い範囲で減少していたことが分かった。
変化は交通機関の利用状況にもはっきりと表れている。
JR東日本によると、山手線の週末の利用状況は去年同期比で約70%減った。
データ:アグーブ。
地図:国土地理院。
新宿駅、渋谷駅、東京駅の記載あり。

03/30 18:50 NHK総合・東京 【首都圏ネットワーク(東京・神奈川・千葉・埼玉)】
東京・渋谷の東急百貨店東横店が85年の歴史に幕を下ろす。
昭和9年11月にオープンした渋谷駅に直結する東急百貨店東横店は、周辺の再開発の影響で地下1階の食品売り場を除いてあす午後8時で営業を終了することになった。
店では新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、営業の終了に伴う全てのセレモニーを行わない予定。

03/30 18:42 テレビ朝日 【スーパーJチャンネル】
JR東日本によると首都圏での外出自粛要請を受けておとといの東京駅と上野駅の利用者は前年同時期比8割少ない18%になった。
新宿駅は24%、渋谷駅は26%。
28、29日の東北新幹線、上越新幹線など各新幹線の利用率は30%、山手線利用率も30%に落ち込んでいる。

03/30 18:13 NHK総合・東京 【首都圏ネットワーク】
おとといときのうの2日間、東京都が不要不急の外出を控えるよう呼びかけた。
外出の自粛が呼びかけられる中、この週末、人の動きに変化はあったのか。
ある会社では、都内の携帯電話の位置情報のビッグデータをもとに、各地にどれだけの人がいたのか詳しく分析した。
直近の週末の渋谷周辺の状況について、データを分析したAgoop・柴山和久社長は「前回の3連休から比較すると約50%以下。
前回の土曜日と比較すると50%以上下がっている。
日曜日は雪の影響もあるがさらにまた下がる」と話す。
こうした傾向は新宿駅など人が多く集まる他の都心部の駅でも見られた。
一方、巣鴨の商店街や杉並区の荻窪駅周辺などでは、都心のエリアに比べると大きな変化は確認されなかった。
自宅近くの場所に買い物に出かけるなどの動きは変わらなかったのではないかと見られている。
注目は夜の時間帯の人の動き。
渋谷駅では午後1時をピークに人が減っているが、それでも結構な人が残っている。
先週、強い危機感を示し外出の自粛を呼びかけた東京都・小池知事は、きょう午後、記者団に対し「引き続き気を引き締めながら、ご協力をより強くお願い申し上げる」と述べた。
小池知事は今夜8時から緊急の記者会見を開き、感染の拡大防止に向けて新たな呼びかけを行うことにしている。
東京・渋谷区の映像。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.