テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【あの一言】

姜尚中の発言まとめ
北朝鮮が挑発を行うのは?ロシアと北朝鮮が接近
皆が刈上げのボンボンに振り回されているが、それと戦争するということは別問題。38ノースが東京とソウルにかなり詳しいデータを出したが、それによれば戦争が起きた場合は200万人が死ぬ。そんな戦争をやってもいいのか。それにも関わらず勝手気ままな発言をツイッターで流す大統領を全面的に支持しますでいいのか。現実を直視するのなら、北朝鮮の問題は核放棄と非核の問題ではなく、核抑止の問題。核放棄は一番最後の出口であって、リアリズムで勝負するならば日本は米朝の対立の当事者ではないわけで何らかの形で安倍首相が動くことが必要。カーター元大統領ですらも訪朝を望んでいる。日本が積極的に動けば局面が打開できる可能性もある。
2017/10/15 TBSテレビ[サンデーモーニング]

弾道ミサイルが上空通過・その時日本はどう対応?
日本が迎撃した場合、日本と北朝鮮は戦闘状態に入る。そうなった場合は国民は多大な犠牲を被るということを防衛大臣は日本国民にしっかりと説明すべき。
2017/08/13 TBSテレビ[サンデーモーニング]

香港返還20年・記念式典
中央が香港を完全に掌握しようとして、やはり香港が本当の意味で自治区になって、そこで自由な選挙が行われて、代表者が香港についてある程度の自治を許していくべきなのに、どうしてここまで締め付けを厳しくやる必要があるのか。台湾の問題もあるが、もう少し中国は寛容政策をとるべきではないのか。
2017/07/02 TBSテレビ[サンデーモーニング]

どうみる?前FBI長官の証言・ロシア疑惑の解明は・・・
日本の場合、三権分立といいながら司法権がいつも弱い。統治行為論を建前にして、例えば基地の問題などで最高裁に行っても結局、そのほとんどが国側の勝訴になる。戦後の日本の仕組みの中では司法改革というのが進んでこなかった。行政が暴走した時に国会が空洞化すればあとは誰がチェックをするのか。司法権が機能していないところに日本の抱えている危うさがある。チェック機能として他に考えられるのはジャーナリズムだが、日本最大の販売部数を誇る新聞社が告発した人を個人攻撃するかのような記事を書いている。
2017/06/11 TBSテレビ[サンデーモーニング]

中国“軍事同盟”破棄の圧力・窮地に立つ北朝鮮は・・・
中国の中では北朝鮮がスターリン、毛沢東を天秤にかけたことで今、金日成に対する批判が出てきている。朝鮮戦争にさかのぼり誰が仕掛けたのか、中国の指導部の中で歴史の見直しが起きている。
2017/05/07 TBSテレビ[サンデーモーニング]

朴大統領・“収賄の容疑者”と認定
今月半ばに判決が出ると思うが、弾劾の合憲性をめぐって、たぶん、朴槿恵大統領は大統領を辞めざるを得ない。ただ、THAADについては朴大統領の時に決めたことであり、次の大統領が決まる前に配備を決めてしまおうということ。日本の立場からすると中韓関係が物凄く対立してきた場合、日本の対応はどうなるか、大統領選挙も考えてしっかりと見ておく必要がある。
2017/03/05 TBSテレビ[サンデーモーニング]

トランプ政権に新たな火種・司法長官がロシア大使と接触
トランプはレーガンのやったレーガノミクスとスターウォーズの2本柱を念頭に置いている。スターウォーズはゴルバチョフが相手だったからなんとか軍事衝突にならないで済んだが、相手が習近平であれば軍事的な危険な事態になることも考えられる。
2017/03/05 TBSテレビ[サンデーモーニング]

“森友学園”HPで反論・理事長は地方議員にも働きかけ
教育勅語というのは儒教。儒教というのは中国の教説でありこの学校は中国を遠ざけているにも関わらず最も中国的なことをやっていて非常に滑稽に見える。
2017/03/05 TBSテレビ[サンデーモーニング]

中国めぐる日米の温度差・フロリダでゴルフ外交
トランプ大統領のブレーンの中にはかなり中国通がいる。日米安保の第5条は適用するが一方で急速に中国と蜜月になる可能性もある。ニクソンショックのようなことが起きないとも限らない。日本は中国封じ込めだけやっていると梯子をはずされることもありうる。
2017/02/12 TBSテレビ[サンデーモーニング]

トランプ次期大統領・米国と世界の行方
米国民は逆に自分達を苦しめる人を選択した。トランプ政権は軍人とビジネスマンの政権。一番怖いのは軍事産業がある種の公共的な投資になっていくと、どこかの時点で軍事介入をしたり、戦争を起こすという可能性がありうる。そのことで国内の雇用が少しでもできればいいではないかという議論がでてくる懸念がある。
2017/01/08 TBSテレビ[サンデーモーニング 新春SP]

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.