テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【あの一言】

小林慶一郎の発言まとめ
激論!新型コロナ指定感染症解除の是非
結局経済を回すためには国民が不安を感じない方がいい。すぐに必要な検査や治療が受けられる状況に政府や自治体が持って行ってくれているという安心感が必要となる。
2020/08/29 テレビ朝日[朝まで生テレビ!]

激論!新型コロナ指定感染症解除の是非
医療機関の仕事の合理化については、いろいろな選択肢がある。今回感染症法の措置の運営の見直しをやろうとしているが、管理が甘くなるのではないかとのリスクも感じている。管理が甘くならないようにし、保健所の負担を減らすように仕事を合理化することには大賛成。
2020/08/29 テレビ朝日[朝まで生テレビ!]

新型コロナウイルス感染防げない?・ワクチン神話に「待った」
特に呼吸器系のウイルスのワクチンは感染しないとか、させないという効果はあまりない。むしろ感染した時に重症化しない、死亡するリスクが少なくなるという効果しか期待できない。そうすると感染の流行はワクチンができても、引き続き起きるリスクが高い。
2020/08/23 フジテレビ[日曜報道 THE PRIME]

新型コロナウイルス感染防げない?・ワクチン神話に「待った」
まだ検査の数が足りていない。クラスターが出たらすぐに囲い込みができるような検査体制、医療の提供体制ができているという状況を作らないといけない。そうしないと消費者は安心できない。今のところ検査陽性率が全国で6%ぐらいで、感染がある程度抑え込めている国は3%以下なのでそこを目指していくべき。
2020/08/23 フジテレビ[日曜報道 THE PRIME]

戦後最悪GDP・意外な勝ち組
産業規模が縮小するところでは生き残れる企業の数は少なくなる。どうしても別の産業にうつるか、強いところとM&Aで合併するか、そういう構造変換を起こしてもらう必要がある。春先は日本の企業の蓄えがあった。内部留保とか手元流動性とか、ものすごく多かった。3月の時点で飲食とか宿泊業はあと半年ぐらいは収入がなくてもやっていけるぐらいの余裕があった。しかし、もう半年が経ち、その間相当収入が落ちているので、手元の資金を使い果たした。これから秋以降、もう1回コロナの第3波が来て、需要が落ち、自粛や休業が厳しくなれば、多分倒産件数はうなぎのぼりになる。今まで蓄えがあったから450件でおさまっていた。これからはもっと倒産が増え、解雇も増える。失業者が急激に出てくる恐れがある。
2020/08/23 フジテレビ[日曜報道 THE PRIME]

戦後最悪GDP・意外な勝ち組
日本の産業構造はコロナ前とは変わってしまうだろう。ワクチンとか出てもなかなかコロナを駆逐できるわけではない。これからもコロナは、ある程度危険な病気として、人間社会に残り続ける。そうなると外食だとか、観光で旅行に行くというような活動は少しハードルが高くなり、産業規模自体の需要が減ってくる。その代わり非接触型のオンラインサービスとか、巣ごもり型商品などは高止まりする。一部の産業は回復して一部の産業は低迷するK字型の回復となる。
2020/08/23 フジテレビ[日曜報道 THE PRIME]

経済「回す」ため・PCRどこまで拡大?
検査能力が検査に従事する保健所の仕事が回るのであればエッセンシャルワーカーまでPCR検査を拡大するのが理想的だが、今はそこまで全然いっていない。例えば分科会で今、議論されているのは5月6月に夜の街対策で感染を抑えられなかった。そのことが7月8月の感染拡大につながっていて全国に波及した。10大都市圏という大都市の繁華街をしっかりと抑えていけば次の感染拡大はかなり抑えられるが、その体制はうまくできていない。
2020/08/23 フジテレビ[日曜報道 THE PRIME]

繁華街「解禁」重症最多の大阪府で
院内感染、高齢者施設の所内感染、ここが一番重要で、一人でも感染症が出たらPCR検査を全員やるという、幅広い検査をやろうという基準にはなっている。
2020/08/23 フジテレビ[日曜報道 THE PRIME]

<徹底解説・ニュースの焦点>新型コロナ・東京できょう260人
保健所のガバナンスが変わらない。平時のガバナンスになっていることが問題。臨時で人を雇って接触者の調査とか、入院先の手配とかの事務作業をやらせることができればよいが、なかなかそう簡単にはいかない。
2020/08/16 BS朝日[BS朝日 日曜スクープ]

<徹底解説・ニュースの焦点>新型コロナ・東京できょう260人
これから秋冬にかけてはインフルエンザが流行し、コロナの患者との見分けがつかなくなるために検査をするとすれば、それだけでも10万件、20万件とかの検査が加わることになる。もっと検査を増やす必要がある。厚労省も5万6000件に近づいてきてはいるが、さらに増やしていくという意思表明はしている。目詰まりの問題は保健所の業務が過多になっていて、本来検査すべき人の検査ができないという状況にある。接触確認アプリ「COCOA」は2300万人ぐらいの方がダウンロードしていて、これが日本人の8割9割というところまでくれば、保健所を経由しなくても接触したかどうかがわかるようになるが、なかなかダウンロード数が増えないのが問題。
2020/08/16 BS朝日[BS朝日 日曜スクープ]

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.