テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【あの一言】

岡本行夫の発言まとめ
「テロ支援国家」再指定に・・・米国司令官「核使用に従わず」
戦争を始める権限は米国では憲法上議会にあり、大統領が勝手に戦争を始めることはできない。じゃこの間、シリアにトマホークで攻撃したのはどうなんだという話になるが、限定的な先制攻撃、あるいは挑発的な行動は議会の了承をとるのかどうかは実は曖昧。そうした中で軍人が違法な命令には従わないと言ったことはトランプのような人物に対して大きな抑止力になる。
2017/11/26 TBSテレビ[サンデーモーニング]

トランプ大統領・アジア歴訪へ・どうなる北朝鮮情勢
今度の党大会では50歳代前半の中央委員が30人位任用されている。いわゆる第6世代と言われる人たち。現実的で国際協調も重要視する。中央委員会は共産党の政策を作る所で、中国も少しずつ変わり始めると思う。
2017/10/29 NHK総合[日曜討論]

トランプ大統領・アジア歴訪へ・どうなる北朝鮮情勢
中国が明らかに北朝鮮に対して制裁強化の方向に傾いている。これは国連決議の趣旨に賛同しているというよりも、トランプが何をするかわからないから。中国にとってみれば北朝鮮の核武装は極端に言えばそんなに大きなことではない。それよりは米朝戦争をなんとしても阻止したい。中国が新たに制裁の戦線に真の意味で加わってきた状況のもとでさらに日米が圧力をかけていくことは非常に意義がある。
2017/10/29 NHK総合[日曜討論]

トランプ大統領・アジア歴訪へ・どうなる北朝鮮情勢
実際の軍事衝突の可能性が少しずつ高まってきている現実があり、北朝鮮は今までブラフで言っていたのだが本当に米国からの攻撃を受けたのではたまらないということを考え始めている。
2017/10/29 NHK総合[日曜討論]

トランプ大統領・アジア歴訪へ・どうなる北朝鮮情勢
今年になってから北朝鮮は失敗も含めると15回ミサイルを撃っている。最後に北海道の上空を飛ばしたミサイルは射程3200キロだった。今度ミサイルを発射するとすれば、それよりも長くなければ意味がない。例えばハワイと米国西海岸の中間ぐらいまで届かしてやろうということになれば、8000キロぐらいの射程が必要になり、新たな開発とか技術改良をしなければいけない為、時間がかかっているという見方。もう1つはそれだけ制裁の圧力がかかってきていて、中国も圧力を高めている、米国も猛々しい言葉を使うようになってきている。ここら辺りで戦略をもう1度再検討すべきというので時間をかけているという説もある。多分、前者の方が可能性としては大きい。
2017/10/29 NHK総合[日曜討論]

トランプ大統領・イラン核合意“認めず”
イランを敵視するのは少し行き過ぎ。マティス国防長官は議会でこの協定は米国の利益になると証言している。それを無視する格好で大統領がこの合意を否定した。大統領は議会に丸投げするのだろうがそれは非常に無責任。この合意は米国とイランだけではなく、英国もフランスもドイツも参加している。彼らも同然トランプに反対するだろう。
2017/10/15 TBSテレビ[サンデーモーニング]

北朝鮮が挑発を行うのは?ロシアと北朝鮮が接近
トランプ大統領については米国内では心配の声が上がっている。今、閣僚の中で一番力を持っているマティス国防長官とティラーソン国務長官、マクマスター安保担当補佐官、ケリー首席補佐官の4人がチームを組んで米国を守っている。何から米国を守っているのかというとトランプ大統領からだという話が言われている。
2017/10/15 TBSテレビ[サンデーモーニング]

沖縄米軍ヘリ不時着炎上・事故機から放射性物質も
日米地位協定があるので、事故を起こしても日本側の捜査権限がないとかいう話になってしまう。しかしあまりにも沖縄での事件・事故が多すぎるので沖縄だけに適用できる地位協定の特則みたいなものを考えるタイミングにそろそろきているのではないか。地位協定そのものは難しいバランスの上に成り立っていて、なかなかいじれない。それはそのままにしておきつつ、もう少し強い形の新しい協定を沖縄だけに適用できる形で作るということを米国に働きかけていくというのはやってもいい。
2017/10/15 TBSテレビ[サンデーモーニング]

ロヒンギャ問題・日本も緊急支援へ・スーチーは国籍付与検討
国際社会ももう少し積極的に関与すべき。国際社会は冷たい。ポルポトが国内で120万人殺した時もまったく何もしなかった。ルワンダの時も、2500人の調査団を国連が派遣したがベルギー部隊が殺されると撤収した。ユーゴスラビアの時は8000人のイスラムの人が殺された時NATOがすぐにセルビアを空爆した。自分達の身の回りのことには介入するが遠いところの話には冷淡。日本ももう少しロヒンギャの難民を受けいれるべき。
2017/09/20 フジテレビ[ユアタイム]

韓国・直ちに弾道ミサイル演習・北朝鮮・再び核実験の兆候?
石油制裁を加えられてしまっては大変だということで、自分達が経済的に押し込まれる前に、核・ミサイルを完成させなければということで今のペースを速めている。あとは米国との交渉に核保有国として臨みたいと北朝鮮は考えている。そのためには国際社会への挑戦を続けるだろう。心配なのは2月9日から始まるピョンチャン五輪。北朝鮮が脅しをかけてくる可能性がある。
2017/09/17 TBSテレビ[サンデーモーニング]

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.