テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
トップへ
【あの一言】

武藤正敏の発言まとめ
ついに開催!南北会談SP・非核化に向け米国の本音
トランプ大統領が一番信頼しているのはマティス国防長官だが、彼は戦争したくない。実は米国の軍人は部下が死ぬのはよくわかっているから一番戦争したくないと思っている。ただ北朝鮮に対しては圧力をかけていないと、対話だけでは非核化しない。今後圧力をどうかけ続けることができるかということが鍵になる。
2018/04/29 テレビ朝日[ビートたけしのTVタックル]

南北首脳会談・朝鮮戦争「終結」の可能性は
朝鮮戦争が終結したという宣言はできるのかもしれないが、平和協定にするとなると在韓米国軍司令部を解体するという話も出てくるし、在韓米国軍の撤退という話も出てくる。さらに国境線の画定という話も出てくるので、韓国だけで議論できる問題でもない。これは朝鮮半島の平和と安定にものすごく大きな影響を与える話。具体的な平和協定締結という話になるのであれば米国、日本その他の国ときちんと相談してもらわないといけない。
2018/04/24 テレビ朝日[ワイドスクランブル]

<時事論考>逮捕、死…韓国大統領の末路はなぜ悲惨なのか?・報復の連鎖は断ち切れるのか?
南北関係の改善は進むが、核ミサイル問題を横に置いて進む可能性がある。日本とってそれがいいことなのかは、非常に難しいところ。
2018/03/25 BS朝日[BS朝日 日曜スクープ]

<ニュースの核心に迫る!“時事論考”>4人目!繰り返される歴代韓国大統領の逮捕
リーマンショック以降OECDの中で一番早く経済を立て直したのは韓国。それは財閥と一緒に行われた。何事につけても韓国政府は財閥を頼っている。平昌五輪の時も各スポーツ分野ごとに財閥を割り振って育成資金を出させていた。社会福祉・社会貢献も財閥にやらせている。
2018/03/25 BS朝日[BS朝日 日曜スクープ]

平昌五輪後・融和か衝突か・海外メディアはどう伝えたか・演説に隠された米国大統領の決意
北朝鮮は核ミサイル開発をやめる意図はまったくなく、この問題は最後までいくことになる。おそらく今年中に何かある。米軍が単独で先制攻撃するというのはかなり危険なパターンなのでそれに中国をどう巻き込むかを考えている。北朝鮮国内のクーデターも含めてこれからいろいろ起きてくる。
2018/02/10 BSジャパン[日経プラス10サタデー ニュースの疑問]

<徹底解説・ニュースの焦点>慰安婦問題の歴史・繰り返す謝罪と反発
韓国から日本に去年600万人以上が観光客として来ている。日本を嫌いなはずがない。日韓関係で悪いのは政治と歴史だけ。やはり北朝鮮の問題があって日韓は協力しないといけない。これは我々にとって極めて重要なファクターとなっている。これ以上両国関係が悪化しないように努力していくべき。
2018/01/14 BS朝日[BS朝日 日曜スクープ]

融和ムードで狙うは分断?北朝鮮ペースの閣僚級会談
北朝鮮の目的は核・ミサイル開発はやめない。これまでは核・ミサイルを持てば米国が降りてきて制裁を解除するだろうと思っていたがそうならなかった。だから一番御しやすい韓国を使い、五輪の時期を使い緊張緩和ムードを盛り立てた。たしかにそういうムードになってきたが、これまで北朝鮮は緩和したことはない。融和姿勢を示している時は必ず裏でものすごい事をやっている。
2018/01/13 日本テレビ[ウェークアップ!ぷらす]

<ニュースの疑問>日中韓今後の行方は?
中国は外交上、戦略をものすごく議論する。今回、南京で演説をしなかったのは日本への配慮ではなく、中国人の利益だからそうしているに過ぎない。外交上一番重要なことは社会主義強国を作り上げ、米国と対等な関係を作ること。そのために日本が米国とべったりされるのは邪魔。これまで日本を孤立させることで日本の影響力を少なくしようとしてきたが、安倍政権が長く続き安倍外交も積極的なため方針を転換したのだろう。アジア投資銀行、一帯一路に日本と米国を従わせ、取りこむのがもう1つの目的。
2017/12/16 BSジャパン[日経プラス10サタデー ニュースの疑問]

徹底分析・文在寅新大統領誕生・今後・北朝鮮と融和?
米国の言っている北朝鮮との対話というのは非核化したあとに対話しましょうということ。文在寅さんが言っている対話というのは核を凍結して非核化の段階的プロセスに至る間に対話しましょうということで全然対話の質が違う。
2017/05/10 日本テレビ[情報ライブ ミヤネ屋]

緊迫・北朝鮮情勢と韓国大統領選の行方
朴槿恵前大統領が全面否定されているので与党では当選しない。5月になれば危機説が緩み、文在寅の票が伸びる可能性はある。
2017/04/22 BS朝日[激論!クロスファイア]

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.