テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【あの一言】

歳川隆雄の発言まとめ
2018年大胆予想・米朝軍事衝突はあるか?
米国の武力行使の可能性は9割近くある。北朝鮮の核保有を米国が認めて米朝正常化に入る可能性もあるが、米朝、米中、日本と北朝鮮、日本と中国、日本と米国の関係を勘案するとリアリティはない。首相官邸サイドから日本の経済界トップに警告があり、来年1月9日に米国・トランプ大統領が武力行使に踏み切るという情報がある。在韓米軍の家族たちは今、クリスマスシーズンで本国に帰国している。
2017/12/23 BSジャパン[日経プラス10サタデー ニュースの疑問]

<ニュースの疑問>国産総会・「エルサレム首都」撤回採決へ
この年末に安倍首相は中東訪問を検討していた。UAEはサウジに次いで日本が中東原油を輸入している国。しかし来年の3月に権益の期限が切れて日本は更新しないといけない。そこの権益確保を中国が狙っている。そういうことを勘案し、我々はいつも米国と一緒ではないということを中国にアピールしたのではないか。
2017/12/23 BSジャパン[日経プラス10サタデー ニュースの疑問]

中国特使が北朝鮮と協議
習近平国家主席はトランプ大統領に3月まで待ってほしいと言ったと伝えられている。歴代の中国共産党中央対外連絡部長は中国のベスト25に入る政治局員だが、宋涛部長はベスト25に入っていない。朝鮮労働党・リスヨン副委員長の方は元外務大臣で朝鮮労働党のナンバー2。親書を持っていったとしてもトランプ大統領が期待するようなビッグムーブになるかは疑問。
2017/11/18 BSジャパン[日経プラス10サタデー ニュースの疑問]

トランプ大統領初来日!日米首脳会談の焦点
訪米した麻生副総理に同行した財務省の幹部が、当初予想していた以上の強い姿勢で臨まれて驚いたという。問題は日本ではどうしても自動車と牛肉のことが、大きく取り上げられがち。日本は、米国は市場を開放しもう少し商売をやりやすいようにさせろと要求してくると思っていた。それは全く違う。日本は製薬会社に新薬開発の補助金を政府が出しているが、製薬会社はファイザーなど米国資本の法人がほとんどを占めている。日本は消費税も上げなければいけないので一般会計の歳出をカットするということで補助金打ち止めを言い出している。実はこの補助金を続けて欲しいということを米国は求めている。
2017/11/05 BS朝日[激論!クロスファイア]

トランプ大統領初来日!日米首脳会談の焦点
トランプ大統領の政権、政策をよしとするFOXテレビの世論調査でさえもトランプ大統領に対する支持率が下がっている。ロシアゲートによって法的な訴追とか大統領の地位が脅かされるということはすぐにはないが、ロシアゲートの報道が連日続いた場合、トランプ大統領を支持している共和党のコアの支持層にもボディブローのように効いてきて年末までにさらに支持率が下がるのは不可避だと言われている。
2017/11/05 BS朝日[激論!クロスファイア]

気になる来週の予定
今週末からトランプ大統領の先遣隊が、シークレットサービスを含めて来日し、大統領の行く先々を事前にチェックする。大統領警護のためだけの資材・物資を4tトラック20台分を運んできている。その中には重機関銃を装備した警護車も含まれている。警視庁管内で1万5000人も動員され、日本の警察当局もここまでやるのかという思い。
2017/10/28 BSジャパン[日経プラス10サタデー ニュースの疑問]

<一刀論断>どうなる・アベノミクスの再起動
安倍総理大臣が経済財政諮問会議で3%の賃上げを言っている意味は大きなものがある。来年の通常国会で2018年予算成立後、日銀総裁人事が決まっている時期に脱デフレ宣言を行いたい。憲法改正問題と裏腹な政治行程表になっている。
2017/10/28 BSジャパン[日経プラス10サタデー ニュースの疑問]

<一刀論断>小池代表は出馬するのか
小池氏は出馬するだろう。小池氏という政治家はひとことで表現すると政治的に博打を打てる人。その目標は勝負に勝つことで、そのためにはなんでもあり。彼女の究極の野心、目標は女性初の日本国総理大臣になること。今回の総選挙が自分の究極の野心を実現するためのラストチャンスであると判断している。知事職を辞職して出馬することは都民を裏切ったとか、都政を放り出すのか、東京五輪に対する責任はどうなるのかといった大ブーイングが起きる。
2017/09/30 BSジャパン[日経プラス10サタデー ニュースの疑問]

中国は本気で北朝鮮を止めるのか?
北朝鮮の貿易相手国は9割が中国。平壌と地方の格差はひどい。石油が止まればもっと厳しいことになる。
2017/04/15 BSジャパン[日経プラス10サタデー ニュースの疑問]

ミサイル連射で緊迫!北朝鮮どうなる!?
毎回米韓合同軍事演習は拡大していくが、今回はもはや軍事演習とは言えず、まさしく斬首を含めたオペレーションをやっている。陸軍特殊部隊・デルタフォース、海軍特殊部隊・シールズが合同演習に参加しているが、デルタフォースはイラク・フセインを追いつめ、シールズはウサマビンラディン殺害した。こうした部隊が参加していることをあえて見せて金正恩に対しアピールしている。
2017/04/01 BS朝日[激論!クロスファイア]

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.