テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【あの一言】

磐村和哉の発言まとめ
<ひるおびハテナ?>なぜ今・五輪参加を示唆?政治に利用?北朝鮮の思惑
北朝鮮は核・ミサイルは温存したまま、融和的な対話に出ているという現実は常に認識しておく必要がある。五輪が終わった後にも南北の対話が、定期的に続くのかどうかがポイントになる。
2018/01/05 TBSテレビ[ひるおび!]

「過去最大」米韓軍事演習に反発
北朝鮮は米軍に制空権を握られてしまう警戒感をかなり強く持っている。それを抑え込む力が自分たちにあるのだと見せつけるような行動を起こす危険性がある。米韓合同演習は8日に終わるが、12月9日から金正日死去6周年の17日までの約1週間がきな臭くなる可能性がある。国連の事務次長も今日から平壌に入ると伝えられていて、このまま米国に突っ走らせていると危ないと火消しに動き始めている。それを北朝鮮がどう利用するかに注目。
2017/12/05 フジテレビ[とくダネ!]

北朝鮮・ミサイル発射・軍事挑発・今後も続く?
金正恩は年頭の完成を思い描いてると思う。(年内に)あと1回ぐらいはミサイルを撃つ可能性がある。
2017/11/29 TBSテレビ[ひるおび!]

「テロ支援国家」再指定・米中朝の“思惑”と“本音”
北朝鮮は中間選挙以降のトランプ政権の寿命から逆算している可能性もある。実質あと2年もない相手とどこまで本気で向き合うのか。いくら経済制裁をしても結局、北朝鮮は何年でも耐えられる。そういう国家体制を金日成主席の時代からこれまでずっと作り上げてきた。北朝鮮がもっている腕時計は24時間計ではなく24年計。
2017/11/24 BSフジ[プライムニュース]

「テロ支援国家」再指定・米中朝の“思惑”と“本音”
闇で石油は入っている。総量は規制されているだろうが、中国のパイプラインで流れているだろうし海上で移し替えたりしている。船舶の信号を切って北朝鮮の港に入ればわからない。レアアースなどを使い物々交換のような形でやっている。経済が行き倒れないだけの石油は確保できているのではないか。
2017/11/24 BSフジ[プライムニュース]

<ひるおびハテナ?>北朝鮮を「テロ支援国家」に再指定・なぜ今?最高レベルの制裁は?
2つの意味で北朝鮮に対して効果がある。1つは金融関係の金の流れを完全に封鎖してしまうこと。北朝鮮に対してだけでなく北朝鮮と取り引きのあるすべての国へのプレッシャーをかける。2番目は外交的な面でならず者的なレッテルを貼ることで北朝鮮としても外交的に動く余地が狭まってくるようにすること。
2017/11/21 TBSテレビ[ひるおび!]

<ひるトク!>北朝鮮・ミサイル発射の兆候も・・・きょうから米韓合同軍事演習
これだけの圧力をかけられた北朝鮮は消耗し開発計画が先送りになってしまうということにもつながる。北朝鮮としてはその悪循環をなんとか断ち切りたい為、ミサイルを撃つ可能性もある。日本海で展開している訓練めがけてではなく通常軌道で太平洋に向けて撃つパターンはあるかもしれない。米国の狙いは先に北朝鮮に手を出させることであり、反撃という名目で北朝鮮に軍事的なアクションを起こせるような大義名分が欲しい。そこは北朝鮮も計算に入れているだろう。お互いに誘い水をかけあっている状態。
2017/10/16 TBSテレビ[ひるおび!]

<Big Stories>米朝対話の可能性は?
金正日総書記の時は拉致問題で日本との対話をしつつ、日本を利用して米国・ブッシュ大統領にアプローチする絵を描いていた。しかし金正恩委員長は第三者を仲介させることは考えておらず、ワシントン一直線。このため日本は拉致問題を解決できないジレンマを抱えることになる。安倍首相は世界各国首脳の中でトランプ大統領と最も緊密な関係にあるといわれているので、北朝鮮が安倍政権を“利用しようか”と思わせるような交渉のやり方を考えても良い。
2017/09/17 BS朝日[いま世界は]

言いたい事、聞きたい事
河野外相がアラブ諸国で北朝鮮の労働者派遣受け入れを見直すよう求めたのは北朝鮮にとって打撃が大きい。中東、アフリカ、東南アジアと北朝鮮との関係を切り崩される危機感を北朝鮮は持っている。
2017/09/15 BSフジ[プライムニュース]

総力検証『北ミサイル発射』
スイスで話し合ってワシントンに持ち帰ってもトランプ大統領、ティラーソン国務長官は恐らく聞く耳を持たない。北朝鮮の希望は無条件の対話で、米国は非核化のための対話だと前提条件で揉めている。対話の性格という根本的な部分で平行線を辿っている。
2017/09/15 BSフジ[プライムニュース]

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.