テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【あの一言】

神保謙の発言まとめ
弾道ミサイル・日本上空通過・専門家が読み解く
北朝鮮が国交を持っているのは160か国以上と世界に広がっている中で様々な交易がある。これらの国々が国連決議の制裁の履行に積極的でないという現実をしっかりおさえなければいけない。例えば北朝鮮労働者が外貨収入獲得のために労働していたり、部品や工作機械が民生品として流れていくルートをなんとか国際社会が協力して遮断しなければいけない。
2017/09/03 NHK総合[日曜討論]

「新型」ミサイル発射・対北朝鮮・国際社会はいま…
トランプ政権はこの事態をどう収束させるかという出口戦略を真剣に考え始めている。マティス国防長官とティラーソン国務長官が共同声明を出して、北朝鮮と交渉する用意があるとした。軍事的不可侵と体制保障をセットにして考える前提は、北朝鮮が核開発計画をやめることだというパッケージ。まだ北朝鮮がこの条件に応じる段階とは言えず、むしろ中国に米国の姿勢を確認させる意味合いが現時点では強い。
2017/05/21 NHK総合[日曜討論]

「新型」ミサイル発射・対北朝鮮・国際社会はいま…
トランプ政権自身はオバマ政権がとってきた戦略的忍耐があまりに受動的であるという形で、それを超えた政策体系を作ろうと言ってきた。軍事的オプションも含めて北朝鮮に圧力をかけるが、同時に経済制裁で圧力をかけ、その上で対話に臨んで行くということをパッケージで目指していくということ。
2017/05/21 NHK総合[日曜討論]

「新型」ミサイル発射・対北朝鮮・国際社会はいま…
ICBMの開発には技術的にクリアしなければいけない問題がある。この中で宇宙に出て大気圏に再突入する技術がハードルと言われてきたが、技術的突破が今回、成功したという報道がなされている。それが本当だとすると、米国に対するミサイルの脅威は1段階レベルが上がったと言える。
2017/05/21 NHK総合[日曜討論]

キムジョンナム殺害・事件の背景は?
北朝鮮は、核実験も行いミサイル保有も多角化しながら、遂に対米抑止力を持ったと大々的に宣言して、そこから様々な交渉を始めたいということだと思う。米国はこのような状況はアクセプトできない。北朝鮮がいかなる能力を保有しようとも、米国の報復力や同盟の抑止力は揺るがないことをメッセージとして伝えていくことが大切である。
2017/02/26 NHK総合[日曜討論]

南シナ海・仲裁裁判・中国とどう向き合う
米国海軍と中国海軍のトップ同士の会談で、呉勝利司令官は仲裁裁判の結果に関らず今後も人工島の埋め立ては継続し完成させるとの強い決意を示していて、そこに様々な軍事施設を含む機材を入れていくということになる。ひとつの焦点はこれがどこまで拡大するかで、特にフィリピンのルソン島から西200キロぐらいにスカボロー礁があるがそこの埋め立て軍事化が始まるとフィリピンにおける米軍基地を含む様々なレーダー施設や対艦ミサイル、戦闘機が行動半径に含まれるということでこれまでの埋め立てとは違った意味を持つ。これを米国がどう判断するかということはかなり緊張含みの展開になる。
2016/07/24 NHK総合[日曜討論]

沖縄への基地集中・負担軽減策は
海兵隊が抑止力の一角を成していないという議論は全くの誤解。90年代の議論は朝鮮半島や台湾海峡といった周辺事態にどの様な形で米軍が入るかという議論だったが、2010年に入ると中国の海洋進出の問題があり、面として東アジア、西太平洋の領域にどのような形でアクセスを可能にしておくかという議論が大変重要になった。特に小規模な紛争が起こり、中規模な紛争にエスカレートしていく中で3つの航空戦力と陸上戦力を一帯運用していく紛争初期に投入されるものは海兵隊。これなくして後の陸軍、空軍の追加投入は極めて困難だと考えれば、海兵隊は抑止力の先端に位置づけられる大変重要な部隊。
2015/11/01 NHK総合[日曜討論]

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.