テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【あの一言】

細川昌彦の発言まとめ
特集・今すぐ必要な経済対策は
今、商品券を配っても誰も使わない。景気後退をしているから需要喚起をすればいいという話ではない。戦時下の議論が大事。第一弾の緊急手当ては予備費でやっているので十分なものではない。3月までに使えるものが予備費しかないからこれで終わっている。日本の予算の制度上そうなっている。本格的に対策する、足元のことをきっちりやるのは4月からの本予算がついてから。
2020/03/21 BSジャパン[日経プラス10サタデー]

特集・今すぐ必要な経済対策は
欧米もそうだが、今は戦時下で、戦争状態といえる。コロナ対策で目の前の需要が消えてしまうという初めての事態となっている。一番大事なのはこれにどう対処していくかということ。1つ目はフリーランスとか個人事業主の方々の仕事がなくなった。生活をどうしたらいいのかという話。2つ目は人が外に出なくなった結果、観光や外食産業、航空産業など直接的に打撃を受けている産業が明確に出てきている。これらの対策はコロナが終息して初めて生きてくる。戦時下の議論が大事になる。
2020/03/21 BSジャパン[日経プラス10サタデー]

コロナショックはリーマン級?
必ずしもコロナだけの問題だけではない。原油価格暴落の問題も結構インパクトが大きい。産油国自身の財政がものすごく苦しくなると地政学的なリスクも出てくる。米国のシェール会社のようにエネルギー関係の企業がばたばたと倒れてくる可能性も十分にある。そういう意味での信用リスクも出てくる。人、モノはコロナでガタガタになったが、今度は原油で金に不安が出てきた。ダブルパンチに見舞われている。
2020/03/21 BSジャパン[日経プラス10サタデー]

コロナショックはリーマン級?
今、市場はパニックになっている。コロナの影響がどれだけ広がり、どれだけの長さで続くのか、誰にもわからない。見通しが立たないことに対する不安心理が決定的に大きい。コロナが続く限り、不安心理は解消できない。
2020/03/21 BSジャパン[日経プラス10サタデー]

株価急落の裏に“サウジショック”
(原油価格暴落は)OPECの崩壊を意味する、今後中東の中の政情不安を呼び起こす1つの契機になりかねない。
2020/03/10 BS-TBS[報道1930]

専門家会議・感染の状況で新見解
日本の死者数の少なさについてはもっと着目してもよい。検査の数は増やすべきだが、同時に今、お医者さんの方で疑いがあるとして検査を行った結果、陽性率は4、5%だった。疑わしくない人に対して検査をした時の陽性率はもっと低いとみられる。
2020/03/10 BS-TBS[報道1930]

日本の通商政策のあるべき姿
米中は巨大な市場を持っているのでパワーゲームができる。日本はそういうことがない。ルールしかよりどころがない。
2019/12/16 BSフジ[プライムニュース]

「輸出管理措置」撤回の行方
輸出管理制度は日本側がどんな運用をするかという問題。相手国と交渉する話ではない。相手国で管理が出来ているということになれば日本側の輸出管理は緩めても良い。わかるためのプロセスが今回。判断は日本がやる。今回日本の措置は2つに分かれている。3品目を個別許可にする話と、ホワイト国を普通の国に戻すという話がある。事実関係を確認する。単に人が増えたら良いわけではない。きっちりと審査ができる体制になっているかどうか。輸出管理はどんどん進化している。
2019/12/16 BSフジ[プライムニュース]

日韓対話&米中・日米貿易合意・日本の“通商戦略”の道筋
基本的に中国との向き合い方の本質論の観点で言えば、経済がグローバル化している状態の中で、中国では巨大なマーケットがありイノベーションも進んでいる部分がある。日本企業として中国のマーケット、イノベーションは無視できない。同時に安全保障の機微な部分の特定な部分は軍事でも非常に機微。米国も懸念を示し、ヨーロッパも懸念を示し、そういうところは日本だけが抜け穴になってはいけない。
2019/12/16 BSフジ[プライムニュース]

米中貿易「第1段階」合意・追加関税“見送り”の思惑
トランプ大統領と議会をはじめとするオールワシントンで2つに分けないといけない。トランプ大統領は農産品などの大量購入などしか関心がない。選挙でアピールできるから。知的財産権、技術移転の強制には関心がない。追加関税はトランプ大統領の独壇場。技術、安全保障はオールワシントン。
2019/12/16 BSフジ[プライムニュース]

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.