テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【注目パーソン】
逸ノ城駿]まとめ (26件/週)

03/25 17:52 NHK総合・東京 【ニュース シブ5時】
能町みね子が平成最後の本場所を徹底解説。
今場所の逸ノ城の取り組み。
荒磯親方(稀勢の里)が解説デビュー。
遠藤に言及。

03/25 17:42 NHK総合・東京 【ニュース シブ5時】
能町みね子が平成最後の本場所を徹底解説。
貴景勝は千秋楽で大関栃ノ心に勝って10勝5敗で春場所を終えた。
直近3場所の勝ち星の合計は大関昇進の目安を上回る34勝とし、大関昇進が確実になった。
地元の兵庫県芦屋市。
貴景勝にとって転機になったのは部屋の移籍だった。
師匠だった貴乃花親方が日本相撲協会を退職し部屋が消滅し千賀ノ浦部屋に移籍した。
横綱・白鵬が平成最後の優勝(42回目)。
今場所の逸ノ城の取り組み。
大阪府東大阪市の映像。
関脇・貴景勝、横綱・白鵬、千賀ノ浦親方のコメント。
千賀ノ浦部屋のTwitterの投稿を紹介。

03/25 12:45 TBSテレビ 【ひるおび!】
十四日目、平幕・逸ノ城に叩き込みで敗れる。
十四日目敗戦後、千秋楽(栃ノ心戦)に向けて、貴景勝は、「小学校3年から何を目指してやってきたのかもう一度頭に入れ直した、自分は体が小さくて優勝とかできなかったけど、何とか自分の体を武器にしてやれる相撲を目指してやってきたことを思い出した」とコメント。
武器は、突き押し。
千秋楽、両力士は負けられない大一番。
大関・栃ノ心は7勝7敗、負ければ大関陥落。
関脇・貴景勝は9勝5敗、負ければ大関昇進逃す?。
栃ノ心戦は3秒1のスピード勝負で勝利。
貴景勝は、「(軍配が返り手をつくまで)相手の顔を見れなかった、記憶がない」とコメント。
スポーツジャーナリスト・二宮清純は、「前回は取組内容で大関見送りとなったが、この取組をみれば昇進当確といえる内容だった」とコメント。
元NHKアナウンサー・杉山邦博、スポーツジャーナリスト・二宮清純、荻原次晴、三雲孝江のスタジオコメント。
千賀ノ浦部屋大阪宿舎、大相撲三月場所千秋楽・栃ノ心戦の映像。
写真:共同通信社。

03/25 12:35 TBSテレビ 【ひるおび!】
去年十一月場所13勝2敗(幕内優勝)、今年一月場所11勝4敗、三月場所10勝5敗。
三月場所千秋楽前までは3場所33勝で先場所と同じだったが、千秋楽で栃ノ心に勝ち3場所34勝。
関脇・貴景勝、三月場所取組結果を紹介。
十日目、“最初の山場”が横綱・鶴竜戦。
横綱・鶴竜との対戦成績は、3戦全敗。
元NHKアナウンサー・杉山邦博は、「この取組を見て、今場所で“大関昇進”できるなと感じた」、貴景勝は、「自分のできることは少ない、集中していった、始まったら夢中で覚えていない、脳みそではなく、体が勝手に動いた」とコメント。
十一日目、横綱・白鵬に上手投げで敗れ、十二日目、大関・豪栄道には叩き込みで敗れる。
平成以降に誕生した大関25人のうち、昇進場所で3連敗した力士はゼロ。
十三日目、大関・高安に押し出しで勝利。
元NHKアナウンサー・杉山邦博は、「完璧な“貴景勝の相撲”をとり、圧巻の取組だった」とコメント。
元NHKアナウンサー・杉山邦博、スポーツジャーナリスト・二宮清純、荻原次晴のスタジオコメント。
御嶽海、大相撲三月場所・鶴竜戦、大相撲三月場所・高安戦の映像。
写真:共同通信社。
逸ノ城、稀勢の里、玉鷲に言及。

03/24 22:16 NHK総合・東京 【サンデースポーツ2020】
琴勇輝●-○豊ノ島、大翔鵬○-●矢後、松鳳山○-●千代翔馬、照強○-●勢、佐田の海○-●豊山、竜電○-●琴奨菊、朝乃山●-○琴恵光、石浦●-○宝富士、碧山○-●友風、輝●-○阿炎、隠岐の海○-●嘉風、千代大龍○-●妙義龍、大栄翔●-○逸ノ城、明生●-○遠藤、魁聖●-○栃煌山、阿武咲●-○北勝富士、御嶽海○-●錦木、正代○-●玉鷲、栃ノ心●-○貴景勝、高安●-○豪栄道、白鵬○-●鶴竜。
殊勲賞は逸ノ城が2回目、敢闘賞は碧山が3回目、技能賞は貴景勝が2場所連続2回目の受賞。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.