JCCテレビすべて
特集 営業マン横道日記
2020年01月19日(日)
最新TV速報
【営業マン横道日記】
富士山と東京・その夕没からナイトアップまで(その288)


1月13日、その日私は、夕方4時20分に間に合わせる様に、息せき切って帰宅した。
「よかった」まだ夕陽が西の空に残っていた。

夕陽が没する時のスピードは、あっという間である。

ベランダに置いた三脚に、ビデオカメラを取付、早速西の空を撮り始めた。
「むむ・・・」夕陽は見えるが、あるところに富士山が見えない。
それでも、じっとカメラで追いかけると、日没後に雄大な富士山の黒い影が見えてきた。

それから30分ぐらいすると、東京スカイツリーに照明が点き、更に時間と伴に東京の街に灯が燈っていった。


朝焼けに染まる富士山(その287)


1月12日、その日の朝、7時半頃私は西の空を見た。すると富士山が朝日に映えて、秀麗な姿を現していた。
早速、持っていたビデオカメラを三脚に固定し、出来るだけ引き付けて撮影した。

その内に、その富士山の頭の上に帽子のような雲がかかってきた。
「ホー」っと思っていたら、30分ぐらいすると、その姿全体が雲に霞むようになっていった。





水天宮界隈(その286)

1月3日、その日私は人形町から水天宮界隈を歩いていた。
市場通りの交差点を突っ切り交番の横を抜けると、コンクリート造りの「水天宮」があった。

正面の入り口から階段を昇ると、大きな社に沢山の参拝客が群がっているのが分かった。
安産の神様だけに、夫婦連れが多いように思えた。


1月2日の日の出撮影(その285)


1月2日、その日私はたまたま朝6時50頃に起きた。
東の空を見ると、丁度、太陽が昇ってきていた。
早速、ビデオカメラで、その様子を撮った。

昨日は、目覚まし時計をかけ、起床したのだったが、東の地平線は残念ながら厚い雲に覆われていた。
やもなく、初日の出は、テレビで見で見ることになった。


元日、神田明神、秋葉原界隈の昼下がり(その284)

元日、その日の午後2時ごろ私は、お茶の水駅から神田明神に歩いていた。...
全部読む


過去の記事
1 2 3 .... 10 20 30 .... 59

「営業マン横道日記」内の検索
▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  営業マン横道日記
最新の画像  営業マン横道日記
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組